島左近は石田三成にはもったいない家臣!?

『石田三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山の城』

 

これは、三成の居城である佐和山城(立派な天守閣があったとされる)と島左近は三成には勿体無いという意味です。

 

では三成の家臣にしておくのはもったいないと言われた武将・島左近とはどういった人物だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

猛将 島左近

島左近の実名は島清興(一説には勝猛)と言います。

 

島左近に関する資料は少なく、三成に仕えるまでの経歴などはあまりはっきりしていません。

 

通説では山城の国の筒井家に仕えており、筒井家当主である順慶の死後、跡を継いだ順慶の甥である定次とそりが合わず、浪人をしていたと言われています。

 

浪人とはいえ、その名が広く知られていた島左近の元には、多くの大名からの仕官話がありましたが、左近はその話をすべて断っていました。

 

kage

 

その頃、近江4万石の領主であった石田三成からも仕官の要請がありました。

 

もちろん、その誘いにも難色を示した左近でしたが、三成はこの時に大きな賭けに出ます。

 

「自身の俸禄の半分である2万石を与えるので、自分の家臣になってほしい。」

 

島左近ほどの人物であれば2万石以上で召抱えたい大名家は沢山ありましたが、左近は自身の俸禄の半分を与えてまで自分を必要としてくれているという三成の想いに打たれ、仕官を決めたといいます。

 

官僚としての才能は抜群だった三成ですが、軍事面に関する能力は今一つだったとされています。

 

そんな三成にとって、武勇と軍略の才に長けた島左近は、どうしても自分の家臣としておきたい人物だったようです。

 

三成が自分の給料の半分を出してまで得た左近は、共に朝鮮へも出兵し、関ヶ原まで運命を共にすることになります。

 

関連記事⇒真田信繁(幸村)に娘を嫁がせた大谷吉継の最期!!

 

家康暗殺計画

やがて三成の仕える豊臣秀吉が病で没すると、天下を狙う徳川家康が台頭してきます。

 

軍略家である左近は、家康の動きを警戒し、三成に家康の暗殺計画を相談します。

 

しかし、三成は大義名分、正々堂々とした戦いを主張し、暗殺という手段を許しませんでした。

 

軍略家である左近はまともに戦っても勝ち目がないことを見通して三成に進言したようですが、その声は三成には届きませんでした。

 

徳川家康とは事を構えたくない。

 

島左近が徳川家康の率いる軍団や、その軍略をどれだけ評価していたかが分かる逸話です。

 

覚悟を決めた左近は、関ヶ原の戦いの前哨戦である杭瀬川の戦いに、兵500を率いて出陣。

 

見事に東軍を敗退させて完勝します。

 

東軍の出鼻を挫いて勢いに乗りたかった左近は、薩摩の大名であり、戦上手で知られる島津義弘と共に夜襲を三成に提案しますが、この合戦の経験が豊富な2人の軍略家の案にも三成は首を縦に振りませんでした。

 

左近の考えた策は、またしても三成に却下されてしまいます。

 

戦上手の島左近や島津義弘の意見を聞かなかった・・・。

 

私は三成のこういう頭が固いところが、西軍を負けに導いた一因であると思っています。

 

こうして島左近は、最期の舞台、関ヶ原へと出陣していく事になります。

 

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いで島左近は黒田長政の軍と激突します。

 

はじめは鬼神の如き左近の活躍もあり、西軍有利に進行しますが、島津や毛利、小早川が傍観の姿勢を見せ、戦に加わらなかったため、徐々に西軍は劣勢に陥っていきます。

 

やがて左近は、黒田官兵衛の息子である長政が迂回させた鉄砲隊の銃撃により負傷、そして小早川秀秋の裏切りにより、西軍は瓦解してしまいました。

 

左近は負傷しつつも奮戦しますが、最後には討ち死にしたと伝わります。

 

左近の勇猛さは関ヶ原の戦いが終わった後も黒田軍の脳裏に焼き付いていたそうで、左近が鬼の形相で「かかれー」という怒声が長政の兵たちの夢に出てきたと言われています。

 

戦場の島左近は鬼神のような存在感で、常に兵士からは恐れられていたようです。

 

スポンサードリンク

 

島左近生存説

一方、島左近は関ヶ原で戦死しておらず、京都に落ち延びて僧として生活したという説もあります。

 

源義経や後藤又兵衛、豊臣秀頼などもそうですが、人気のある武将には、『実は生きていた』という生存説が伝わる事が良くあります。

 

ただ、ほとんどの場合、こういった話の信憑性はとても低いものだそうです。

 

しかし、島左近の場合は多くの書物に記載があり、墓や位牌もあることから、意外と信憑性は高いのではないかと言われています。

 

島左近の生存説、果たして真偽のほどはどうなんでしょうか?

 

あなたはどう思われますか?

 

ちなみに、私の故郷、広島市の西条にある酒造業者・白牡丹は島左近の子孫の方が経営されているそうです。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ