織田信長の父親・信秀とライバル関係に合った斎藤道三。

道三は娘の帰蝶(濃姫)を嫁に出してから、信長のことを高く評価するようになっていきました。

 

しかし、息子の義龍を可愛がらなかったため親子の仲が険悪になり、最後は実の息子に討ち取られてしまいます。

道三は死の直前に「信長に美濃を譲る」と言い残したとされているのですが、なぜ実の息子ではなく信長に美濃を譲ると言ったのでしょうか?

 

今回は「美濃のマムシ」という異名をとった斎藤道三についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク

斎藤道三を知るための6つのポイント

  • 油売りから身を起こして謀略の限りを尽くした残忍で勇猛な武将
  • 自分の主君を討ち、他家を乗っ取るなどの冷酷な下克上のやり方に「マムシの道三」と呼ばれる
  • 北条早雲・宇喜多直家と並んで戦国の梟雄(きょうゆう/残忍で猛々しく、悪知恵が働く人)と呼ばれた
  • 新史料の発見により、道三の国盗りの経緯は父・新左衛門尉(しんざえもんのじょう)との父子2代で成し遂げられたと判明
  • 嫡男・斎藤義龍に家督を譲るも、のちに不仲となって義龍に長良川の戦いで息子に討たれる
  • 娘婿となった織田信長の実力を見抜き、死の間際に美濃を譲ると表明していた

 

斎藤道三ってどんな人?

下克上で美濃国を奪い取った「国盗り」で知られる斎藤道三ですが、出自についてはっきりしない部分も多いです。

このサイトでは、何度も変えられた彼の名前を、斎藤道三で統一し、通説・新説両方のバージョンの前半生をご紹介します。

 

斎藤道三の略歴(通説)

【出身国】山城国(現在の京都府)(*諸説あり)

【生没年】1494年~1556年享年63歳(*生年1504年説あり)

【主な経歴】僧侶→油商人→長井家家臣→美濃守護代→美濃国主

 

斎藤道三は戦国時代の前半に活躍した武将です。

幼いころ、京都の妙覚寺に入って法蓮房と呼ばれました。

 

その後、僧侶をやめて油売りの商人となり、山崎屋を名乗りました。

油を売るパフォーマンスが評判になり、武士になることを勧められた道三は武芸にはげみます。

 

この時に、美濃国を治めていた守護大名の土岐氏の重臣である長井氏や斎藤氏のもとに出入りをして親しくなります。

槍と鉄砲の達人となって長井長弘に仕官がかなった道三。

のちに主君・長井長弘を討ち、その家を継いでしまいました。

 

その後、美濃守護代・斎藤利良が病死すると今度は斎藤家を乗っ取ります。

そして美濃の守護・土岐頼芸の弟を毒殺し、頼芸と子の頼次を尾張に追放。

一介の油商人だった斎藤道三は、掴んだチャンスと謀略でついに美濃国主にまで成り上がったのです。

斎藤氏のあとを継ぐと、道三は居城である稲葉山城を築城。

隣国の織田信秀(織田信長の父)と戦いを繰り返しますが、最終的には娘の帰蝶を信長に嫁がせることで同盟を結んでいます。

 

息子の義龍と対決!長良川の戦いでの最期

美濃国を手に入れた道三は、出家して家督を嫡男の義龍に譲ります。

しかし、道三は実子ではない可能性がある側室の子・義龍よりも実子の弟たちばかりを可愛がっていたため、親子の仲は険悪でした。

 

道三と不和となった嫡男・義龍は弟たちを謀殺して父親に宣戦布告。

1556年に父子が長良川の戦いで対決します。

 

長良川の戦いの死の前日、道三は遺言状を用意していました。

そこには「娘婿の織田信長に美濃一国を託すこと」「我が子への出家の勧め」「病気で死ぬのではなく、戦場で悟りを開けるのは嬉しい」と書かれていたそうです。

 

織田信長の銅像
道三にとって信長は義理の息子になります

 

道三は義龍のことを「無能」とあなどっていて、武将としての資質を高くは評価していなかったとされています。

しかし、義龍は道三に対して反発を持っていた土岐氏の家臣たちをうまく取りまとめ、道三への援軍を出してきた織田信長へも素早く対処して救援を阻んでいます。

 

道三は息子(義龍)の才能を最後になって思い知らされたのかもしれません。

 

長良川の戦いの中で井上道勝ともみ合う最中に、小真木源太にすねを払われ首を取られたのが道三の最期でした。

そして最初に組みあった者の証拠として、井上道勝に「鼻を削がれた」とも伝わっています。

 

道三は息子の義龍に討ち取られるという悲運の最期を遂げています。

しかし道三亡き後、織田信長が遺言通りに斎藤氏を滅ぼして美濃を手に入れています。

 

道三が築いた難攻不落の稲葉山城

道三が斎藤家を継いだ後、稲葉山の山頂に城を作り始めました。

それまで土岐氏が美濃を治めるために使っていた川手城は平野の真っただ中にあり、守るのに適していませんでした。

 

そのため、道三は山の上に守りが固い稲葉山城を築城します。

1547年に美濃守護だった土岐氏が尾張の織田信秀とともに稲葉山城を攻めた時は稲葉山城でこれを撃退しました。

 

稲葉山城(岐阜城)
道三が築城した稲葉山城は、後に信長が居城にして岐阜城と改名しました

 

道三の死後、織田信長も再三にわたって稲葉山城を攻めましたが、7年間、攻め落とすことができませんでした。

このことからも分かるように稲葉山城は難攻不落の堅城。

 

後に竹中半兵衛が奇策を使って占領するまでは、見事に敵の軍勢を退けています。

稲葉山城の守りの固さを痛感した織田信長は稲葉山城の名を岐阜城と改めて自分の本拠地としています。

 

関連記事→竹中半兵衛の死因は何?黒田官兵衛との軍師としての違いを解説!!

関連記事→織田信長ってこんな人!私が見た信長の性格と人柄!byルイス・フロイス

 

<新説登場>の国盗りは親子二代によるもの!?

近年発見された信憑性の高い史料「春日力(かすがつとむ)氏所蔵文書」によると、道三の父親・新左衛門尉(しんざえもんのじょう)が長井氏に仕えたことがわかります。

つまり、通説によるこの時点までの斎藤道三の経歴は彼の父親によるもの。

 

道三の「国盗り」は、父子二代にわたって実行されたと考えられるようになってきました。

 

なぜ斎藤道三はマムシと呼ばれるの?

マムシは昔から日本にいる毒蛇です。

斎藤道三の下克上の荒っぽさや謀略を駆使したイメージが、噛まれれば命を落としかねないマムシのようだったからでしょう。

謀略の方法には土岐頼芸の弟・賴満の毒殺もあったと言われ、まさに「毒蛇」そのものですね。

 

豪華キャストで繋がっている道三の親戚関係

斎藤道三の娘・帰蝶(きちょう/もしくは濃姫)は織田信長の正室。

もともと信長の父親・信秀と道三とは隣国同士で争っており、帰蝶と信長との結婚は、織田氏と斎藤氏との同盟を結ぶための政略結婚でした。

そして帰蝶のいとこになるのが明智光秀です。

 

その彼は、道三の家臣でもありました。

斎藤道三を軸に繋がった信長と光秀。

やがて光秀は信長の家臣となり、本能寺の変で信長を滅ぼす・・・という伏線がもうここから始まっていますね。

 

斎藤道三の家紋「二頭立波(にとうたつなみ)」の意味

道三が斎藤家を継ぐまで、斎藤家には撫子(なでしこ)の家紋がありました。

道三はこれとは別の家紋を用いるのですが、それが二頭立波です。

 

 

もともと、波は力強い文様として武家の家紋に用いられました。

斎藤道三は斎藤家を継ぐにあたって自らデザインした二つの波がしらを持つ立波を家紋としました。

 

娘の帰蝶(濃姫)を信長の嫁に

道三の娘の名はいくつか伝えられています。

もっとも有名なである「濃姫」は、美濃国の姫という意味で、高貴な女性を直接名前で呼ばない当時の習慣によってつけられた通称です。

 

わずかに残された資料では、「帰蝶」もしくは「胡蝶」などとされていて、はっきりしたことはわかっていません。

 

彼女の最後についても、本能寺の変で死亡したとも生き延びたともいわれます。

 

いずれにせよ、気性が激しいことで知られる信長の正室を長くつとめたことは確かで、それだけでも彼女には魅力なり能力なりがあったとみてよいかもしれません。

 

関連記事→織田信長の妻・濃姫の最期の場所は本能寺!?

 

斎藤道三関連の小説『国盗り物語』

これをベースに他の司馬作品を網羅して、かつてNHKの大河ドラマ「国盗り物語」も放映されました。

このドラマの前半は斎藤道三が主人公だったのです。

また、2020年からNHKにて放映される大河ドラマ「麒麟がくる」では、「美濃編」において本木雅弘さん演じる道三が登場します。

本編では、道三と父親による親子二代で美濃の国盗りを目指す「新説バージョン」でのドラマ展開が期待されます。

 



Sponsored Link