織田信長の父親・信秀とライバル関係に合った斎藤道三。

しかし、娘の帰蝶を信長の嫁に出してからは、信長のことを高く評価していました。

 

その一方で、息子の義龍を可愛がらず、最後には実の息子に討ち取られてしまいます。

死の直前に「信長に美濃を譲る」と言い残していた道三。

 

道三はなぜ実の息子ではなく信長に美濃を譲ると言ったのでしょうか?

今回は「美濃のマムシ」という異名をとった斎藤道三についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク

斎藤道三の生涯を簡単に解説!

斎藤道三は戦国時代の前半に活躍した武将です。

幼いころ、京都の妙覚寺に入って法蓮房と呼ばれました。

 

 

その後、僧侶をやめて油売りの商人となり、山崎屋を名乗りました。

この時に、美濃国を治めていた守護大名の土岐氏の重臣である長井氏や斎藤氏のもとに出入りをして親しくなります。

 

そこで縁があって、長井家の家臣である西村家を継ぐこととなり、西村勘九郎と名乗り商人から武士になります。

武士となった勘九郎は徐々に能力を発揮し、土岐頼芸の信頼を得ます。

 

頼芸は次男で兄の頼武と守護職をめぐって争っていました。

勘九郎は政頼を急襲して越前へと追いやり、頼芸の守護就任に大きな貢献をします。

 

そして頼芸の信用を得た勘九郎は主君の長井氏を倒して、自ら長井新九郎を名乗りました。

さらに、土岐氏の重臣の斎藤氏の主が病死すると、その跡を継ぎ斎藤新九郎と名乗ります。

 

のちの斎藤道三の誕生です。

斎藤氏のあとを継ぐと、道三は居城である稲葉山城を築城。

 

近年は、これは道三と道三の父の二人が成し遂げたことを一人のものとして混同してしまったとの説が出されていて今後の研究が待たれます。

 

道三の力を恐れた主君の頼芸との間で対立抗争がおきますが、道三は頼芸を美濃から追放し実権を握ります。

 

隣国尾張の織田信秀(織田信長の父)ともたびたび戦いをしますが、娘の帰蝶を信長に嫁がせることで同盟を結んでいます。

 

1554年、道三は家督を息子の義龍に譲り隠居をします。

しかし、道三は義龍よりも弟たちを可愛がっていたため義龍と対立。

 

義龍は弟たちを殺してから道三を滅ぼすべく攻め込みました。

先代、土岐氏と縁があったとみられた義龍のもとに多くの豪族たちが集まり、わずかな兵しか集められなかった道三は敗れ、戦死しました。

 

斎藤道三の家紋「二頭立波(にとうたつなみ)」の意味

道三が斎藤家を継ぐまで、斎藤家には撫子(なでしこ)の家紋がありました。

道三はこれとは別の家紋を用いるのですが、それが二頭立波です。

 

 

もともと、波は力強い文様として武家の家紋に用いられました。

斎藤道三は斎藤家を継ぐにあたって自らデザインした二つの波がしらを持つ立波を家紋としました。

 

道三が築いた難攻不落の稲葉山城

道三が斎藤家を継いだ後、稲葉山の山頂に城を作り始めました。

それまで土岐氏が美濃を治めるために使っていた川手城は平野の真っただ中にあり、守るのに適していませんでした。

 

そのため、守りが固い稲葉山城を築いたと考えてもよいでしょう。

 

1547年、美濃守護だった土岐氏が尾張の織田信秀とともに稲葉山城を攻めた時は、これを撃退しました。

 

道三の死後、織田信長も再三にわたって稲葉山城を攻めましたが、7年間、攻め落とすことができませんでした。

その城を、わずかな手勢で攻め落としたのが竹中半兵衛です。

 

のちに、木下秀吉(豊臣秀吉)の参謀となる人物ですが、彼は道三の孫にあたる斎藤竜興が政治をおろそかにすることを諫めるために一時的に稲葉山城を占領しました。

 

のち、織田信長も稲葉山城の重要性を認め、名を改め岐阜城として自分の本拠地としています。

 

関連記事→竹中半兵衛の死因は何?黒田官兵衛との軍師としての違いを解説!!

関連記事→織田信長ってこんな人!私が見た信長の性格と人柄!byルイス・フロイス

 

娘の帰蝶(濃姫)を信長の嫁に

道三の娘の名はいくつか伝えられています。

もっとも有名なである「濃姫」は、美濃国の姫という意味で、高貴な女性を直接名前で呼ばない当時の習慣によってつけられた通称です。

 

わずかに残された資料では、「帰蝶」もしくは「胡蝶」などとされていて、はっきりしたことはわかっていません。

 

彼女の最後についても、本能寺の変で死亡したとも生き延びたともいわれます。

 

いずれにせよ、気性が激しいことで知られる信長の正室を長くつとめたことは確かで、それだけでも彼女には魅力なり能力なりがあったとみてよいかもしれません。

 

関連記事→織田信長の妻・濃姫の最期の場所は本能寺!?

 

斎藤道三の最期

斎藤道三は息子の斎藤義龍の反逆にあい、長良川の戦いで敗北してその波乱に満ちた生涯を終えます。

道三が義龍にあまり才能がないと感じ、弟たちを可愛がったことが反乱の原因でした。

 

一方の義龍は、道三に対して本質的には反発を持っていた土岐氏の家臣たちをうまく取りまとめました。

反乱は用意周到で、道三への援軍を出してきた織田信長へも素早く対処して救援を阻みました。

 

戦死する直前、道三は婿である織田信長に対して、「美濃を信長に譲り渡す」という遺言を残しています。

そして信長は道三の遺言に従い、斎藤氏を滅ぼして美濃を手に入れています。

 

関連記事→織田信長から足利義昭への意見書の内容とは?室町将軍の晩年の様子!

 



Sponsored Link