真田丸最終回『疾風』のあらすじ(ネタバレあり)!

豊臣と徳川の間でおこなわれた大阪夏の陣。

道明寺の戦いで後藤又兵衛を失った大阪方は最後の決戦の時を迎えていました。

 

真田幸村も妻の春や子供の大八、梅を伊達政宗に託し、徳川家康の陣に突撃をかけることを決意します。

 

スポンサードリンク

真田丸最終回のあらすじ

秀頼を中心にして最後の軍議を開く真田幸村、大野治長、大野治房、毛利勝永、明石全登。

真田勢と毛利勢が天王寺に人を構え、敵を引きつけることが確認される。

 

秀頼が豊臣の旗印である千成瓢箪(せんなりびょうたん)を掲げて出陣するのを合図に、徳川方へ総攻撃を仕掛ける作戦で、幸村は『必ず家康の首を取ってご覧に入れまする。』と決意を述べる。

 

出陣を前に幸村は茶々の部屋へ出向き、万が一自分が家康を討ちもらすことがあれば、千姫を和睦に使者として秀忠の元へ遣わすようにと策を授ける。

幸村は部屋に戻ると鎧を着けながら自分の人生を振り返っていた。

『この世に生きた証を何か残せたのだろうか?』と高梨内記に問いかける幸村。

 

内記は、『人の値打ちは時が決めるもの』だと答えます。

 

家康は徳川の陣から豊臣の布陣を眺め、秀頼が出陣すれば豊臣恩顧の大名の士気が下がることを懸念していた。

そんな時、本多正純が幸村が徳川に寝返るという噂を流し、秀頼に出陣を躊躇させるという策を実行する。

 

なかなか出陣しない秀頼に対して、大野治長が出馬を促すために大坂城へ戻る。

その頃、幸村と勝永は徳川の兵は実戦経験に乏しく、大名同士がまとまりを欠いているため隙があると話し合っていた。

 

そんな中、徳川方の松平忠直の軍勢が勝永の軍に発砲。

勝永の軍の兵がこれに撃ち返してしまったため、一斉攻撃の合図を待たずして戦さが始まってしまう。

 

大坂城では出陣しようとする秀頼を、幸村が徳川に寝返ったという噂を真に受けた大蔵卿局が必死で止めていたため、秀頼は出陣できずにいた。

 

攻撃に移った毛利勝永は凄まじい勢いで本多勢、真田信吉勢を撃破し、家康の本陣に迫っていた。

幸村も裏切りの汚名を晴らすために出陣する事を決意し、大助には、大坂城に戻って秀頼に出馬を促す役目を与える。

 

真田幸村の突撃と最期

赤備えを率いて出陣する幸村。

真田軍の突撃に徳川軍は大混乱となる。

 

『目指すは家康の首ただ1つ。』

 

幸村は家康の本陣めがけて真一文字に切り込んでいく。

 

真田左衛門佐幸村。

戦国の世に生き、義を貫き通し、徳川家康と渡りあった幸村の名は後の世に『日本一の兵(つわもの)』として語り継がれていく。

 

関連記事→家康に切腹を覚悟させた真田幸村の大坂夏の陣での最期の様子!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





4 Responses to “真田丸最終回『疾風』のあらすじ(ネタバレあり)!”

  1. (^-^) より:

    拝見させていただきました。質問なのですが、秀頼や茶々、きりの最期は描かれていたのでしょうか?

    • 三日月 より:

      (^-^)さん

      クライマックスシーンや登場人物の最期のシーンには触れられていませんでした。
      おらく最終回の細かいシーンは、まだハッキリと決まっていないのではないでしょうか?

    • 片桐且元 より:

      謎ですね

  2. 清水雅裕 より:

    真田幸村は要は姑息な手段に出ただけで、正々堂々と同じ土俵で「いざ!勝負!」とやったら家康が勝つと思う。

コメントを残す

このページの先頭へ