宮部鼎蔵 池田屋に散った吉田松陰の親友!!

松陰と交流の深い人物に、宮部鼎蔵がいます。

肥後藩出身で、山鹿流兵法を修め藩の軍学師範を勤めていました。

宮部とは、どのような人物なのでしょうか。また、松陰との関わりについても紹介していきます。

 

ちなみに花燃ゆでは吉田松陰が大好きな芸人・ビビる大木さんが宮部鼎蔵を演じます。

スポンサードリンク

肥後勤皇党の中心人物

幕末において肥後藩はどのような立場だったのでしょう?

藩内は、勤王党、時習館党、実学党の三派に分かれおり、なかなか藩論を統一することができずにいました。

有能な人物が多く地位や力もある肥後藩でしたが、明治維新の主要藩になれなかったのは、藩内の足並みが揃わずフットワークが鈍くなってしまったからではないでしょうか。

宮部は、勤王党を支持し、国学者・林桜園の影響を受けた思想でもある尊王攘夷を掲げていました。

 

松陰との出会い

嘉永3年、長州藩出身の若者が宮部を訪ねてきました。

それが松陰です。

 

松陰は、四カ月間をかけて九州を遊学中で、見聞を広げるため九州各地の著名な人物に面会していました。

そして二人は、すぐさま意気投合します。

 

その後江戸へ出ることになった宮部は、同じく藩主に従い江戸へ赴任してきた松陰と再会します。

当時江戸には、来原良蔵などの人物も滞在しており、時世について語り合い、友情を深めるのでした。

宮部や松陰にとって、とても充実した日々だったに違いありません。

 

宮部との約束を命がけで守る松陰

江戸での仲間たちは皆志高く、東北旅行を計画するのでした。

旅程は、水戸~会津~秋田~津軽であり、著名な人物に会い、鉱山を見学、外国船を見るという大旅行でした。

ここで一つ問題がおきます。

 

松陰の手形手配が間に合わなかったのです。

当時、藩外へ出かける場合は、通行手形を藩から得なければなりません。

藩の許可の無い外出は、脱藩となり死罪にもなります。

 

kyoto

 

しかし松陰は仲間との約束の日を守ることを優先し、手形のないまま旅に出かけるのでした。

友人との約束のためには命も顧みない松陰。

ますます宮部との絆は強くなったのでした。

 

ちなみに、江戸へ戻った松陰は死罪こそ免れたものの、士籍剥奪・世禄没収の処分を受けます。

それにしても松陰の行動にはいつも驚かされます。

 

宮部の最期

その後、宮部は各地の志士たちと交流します。

三条実美が総督である勤皇親兵(全国三十二藩・三千の兵士が選抜された)では総監を勤めるなど、尊王攘夷派のリーダー格になっていくのでした。

 

しかし宮部の最期は突然訪れます。

池田屋を新撰組が襲撃したことで有名な池田屋事件。

 

宮部はその場に居合わせ、新撰組との戦闘に及びますが負傷し、最後には自刃します。

池田屋事件は維新が一年早まったとも、遅くなったとも言われる大事件でした。

 

宮部ほどの大物が、この事件によって歴史の第一線からいなくなったことを考えると、納得できますね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ