織田信長の妻・濃姫の最期の場所は本能寺!?

「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤道三。

 

油売りから美濃の戦国大名に上り詰めたと言われ、下克上を代表する人物として北条早雲などと並び有名です。

 

斎藤道三は早くから織田信長の才能を見抜き、織田家と誼を通じるために、自分の娘を織田信長の嫁に出します。

 

この時、信長に嫁いだのが濃姫(帰蝶)です。

 

スポンサードリンク

斎藤道三が見込んだ織田信長

斎藤道三は美濃の国を手に入れてから織田信長の父親・信秀と争ってきました。

 

信秀が道三の居城・稲葉山城を攻めた時には織田軍を完膚なきまでにたたきつぶしたこともあります。

 

その後、織田家と斎藤家が和睦した際に娘の濃姫(帰蝶)を織田信長に嫁がせます。

 

道三は「うつけ者」と評判だった信長が正装をして自身の前に現れた時、その才覚を見抜き「我が子はうつけ殿(信長)の門前に馬をつなぐことになる」、つまり信長に降ることになるだろうと予言したと伝わります。

 

これは織田信長方の資料に書いてあることなので信憑性が疑われるところではあるのですが、道三が信長の事を高く評価していた事は事実で、道三は信長に美濃を譲り渡すという書状を書き残しています。

 

その後、道三は親子関係が冷めきっていた実の息子・義龍に大軍勢で攻め寄せられます。

 

この時、信長は義父・道三を助けるため援軍を出しますが、間に合わず、道三は戦死したと伝わります。

 

濃姫の最期

濃姫の逸話としては、父親の斎藤道三が濃姫が信長に嫁ぐ際に短刀を渡し、「信長が噂通りのうつけ者ならばこの短刀で刺し殺せ」と言ったところ、「この短刀が父上に向くことがあるかもしれませんよ」と言ったというものが有名ですね。

 

イメージとしては斉藤道三の娘+織田信長の妻というだけあって、気が強く聡明な女性のイメージがあります。

 

しかし、実は濃姫に関しての詳しい資料はほとんど残っていません。

 

そのため濃姫に関しては、斎藤義龍が亡くなった後に織田家を追放されたという説や、病気のため斎藤家に送り返されたとする説、病死説、本能寺でなくなった説など様々な説があり、詳しいことは分かっていません。

 

反対に本能寺の変では亡くなっておらず、信長の一周忌の主催していた可能性もあると言われています。

 

大河ドラマや多くの歴史ドラマでは濃姫が織田信長と一緒に本能寺に宿泊していたという設定にされることがほとんどですが、個人的には信長が毛利攻めに向かうのに濃姫を連れて出陣し、本能寺に宿泊したとは考えづらいので、濃姫は信長亡き後も生きていたのではないかと思っています。

 

織田信長との間に子供を授かることはなかった濃姫。

 

スポンサードリンク

 

そのためなのか、記録も少なく詳しい動向を知るのは難しいようです。

 

一方で、斎藤家の菩提寺常在寺にある斎藤道三の肖像は濃姫が寄進したものと伝わっています。

 

これはよく私たちが目にする斉藤道三の姿ですが、この肖像画を濃姫が寄進したとなると、信長の妻というより、斉藤道三の娘という事でその存在を感じることができます。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ