日本の過去の風習に側室というものがあります。 正室が第一夫人であれば、側室は第二夫人、第三夫人という扱いです。   江戸幕府を開いた徳川家康には正室・側室合わせて二十人ほどの妻がいました。