矢沢家と真田家は同郷にありながら敵対していた勢力ですが、真田頼昌の三男である真田頼綱が矢沢家の養子に入り家督を継いでからは、真田家の一門衆として活躍していくことになります。