小姓とは武将の秘書的な立場で、常に傍らにあり、武将の話し相手になったり身の回りの世話をするなど雑務もこなすポジションです。 いざという時には、主のを守るために刀を振るうために武芸にも優れている必要がありました。 &nbs […]