今回は織田信長に気に入られながらも裏切りを繰り返し、最後には茶器とともに爆死した戦国時代の極悪人・松永久秀について詳しく解説します。

 

スポンサードリンク

松永久秀の波乱の生涯を簡単に解説!

松永久秀の肖像画

【出身国】山城国(今の京都府)、摂津国(今の兵庫県東部)など諸説あり。

【生没年】1508~1577年 享年69歳

【主な経歴】三好長慶の右筆(書記官)→三好家の家宰→織田信長の配下

 

【ざっくりまとめるとこんな人】

  • 斎藤道三・宇喜田直家らと並ぶ戦国三大悪人の一人。
  • 天下人三好家の家政を任されるほどの行政手腕と教養を持っていた。
  • 有力者を次々と亡き者に。のし上がっていく姿はまさに下克上の権化。
  • 最後は織田信長に逆らい、名物茶器とともに大爆死。
  • 官位をとって松永弾正(だんじょう)と呼ばれることがある。

 

松永久秀は20代前半から三好長慶に仕え、外交・政治的手腕を発揮して重用されるようになりました。

やがて主君の長慶が幕府管領細川晴元を追い落として畿内の実権を握ると、久秀もまた三好家の家宰となって屋台骨を支えます。

 

そんな中、三好家のために粉骨砕身働いていた久秀に野心が芽生え始めたのは、三好家の相次ぐ肉親たちの死によるものでした。

 

長慶の三人の弟、そして嫡男までもがわずか3年のうちに相次いで亡くなったのです。

そして彼らの後を追うように長慶も亡くなり、後継者に指名されたのは長慶の甥だった三好義継でした。

 

久秀はこの15歳の少年を操って実権を握ろうと取り込みを図りますが結局は失敗。

義継を味方につけた三好三人衆らと畿内を巻き込んだ内乱状態に発展します。

 

そんな時、颯爽と歴史の表舞台に登場したのが織田信長でした。

 

 

信長の威勢を頼りにした久秀はさっそく配下となり、三好三人衆らを追い落として本領安堵を認められます。

 

しかし畿内を掌握した信長も、周囲の敵対勢力に挟み撃ちにされ絶体絶命のピンチに陥りました。

ここで何と久秀は信長を助けることもせずに反旗を翻したのです。

その後、信長は窮地を脱して息を吹き返し、久秀は名物茶器を信長へ献上することでなんとか許され、事なきを得ます。

 

それでも久秀の反骨の心は収まることはありませんでした。

越後の龍こと上杉謙信が信長征伐に乗り出した!という報に接するや、またもや謀反の兵を挙げます。

しかし、ここぞという時に謙信が病に倒れ、信長はまたしても窮地を脱したのです。

 

2回めの裏切りにも関わらず、信長は久秀に対して申し開き(言い訳)をするための使者を送ります。

2度も信長を裏切って無事でいられるはずがない・・・。

そう思った久秀は今度ばかりは降伏せず、信長が欲していた名物茶器「平蜘蛛の釜」と共に火薬で木っ端みじんになって爆死します。

 

松永久秀は本当に極悪人だったのか?

興福寺の僧が書いた「多聞院日記」などには、「松永久秀は悪逆非道で、彼が死んだのもその報いである」などと悪役めいて表現されています。

しかし、本当に久秀は世間で知られているような大悪人だったのでしょうか?

 

まず松永久秀が行ったとされる悪行の数々を見ていきましょう。

 

  • 三好一族を次々と暗殺。主家を乗っ取ろうとした。
  • 東大寺の大仏殿を焼いた。
  • 将軍足利義輝を殺害した。
  • 信長に二度までも謀反を起こした。

 

まず主家を乗っ取ろうとした件ですが、三好家の有力者が次々に亡くなったのは、単に偶然が重なったということで説明がつきます。

 

  • 十河一存はすでに病を患っていて死期が近かったこと。
  • 三好実休は合戦での戦死。
  • 長慶の嫡男義興もまた病によって死去し、安宅冬康は長慶による暗殺。
  • そして長慶自身もまた病死でした。

 

この出来事の全てに久秀が関わっているというのはちょっと考えにくいです。

それどころか、久秀には不安定な三好政権を立て直すために、三好義継と共に盛り立てていこうとする気概すら感じるのです。

 

敵対する三好三人衆との合戦の際に東大寺大仏殿が焼け落ちることになりますが、そもそもそんな場所に陣を張った三人衆側が悪いわけで、しかも逃げる際に自陣に火をかけた三人衆側の落ち度だといわれています。

 

また足利義輝暗殺の折にも、実行犯は息子の久通と三好三人衆であり、久秀自身はその場にいませんでしたし、事件には一切関知していませんでした。

 

信長への謀反の際には、主筋だった三好義継と同調しており、あわよくは三好家再興を目指していたのでは?という説もあります。

謀反といっても当時は珍しいことではなく、織田陣営でも荒木村重や明智光秀の例がありますから、取り立てて久秀のみが大悪人かと言えばそうとは言い切れません。

 

織田信長との関係は?

久秀が信長に臣従した当初は、非常に良好な人間関係ではなかったでしょうか。

久秀の行政・政治手腕を認め、上洛して間もない織田家にとって教養も人脈もある久秀の存在は大きかったはずです。

 

 

ところが織田家が勢力を伸ばし、その地位が揺るぎないものとなると、久秀の立場は微妙なものになっていきました。

久秀が保護し、のちに将軍となった足利義昭をあっさりと追放し、主筋の三好義継を攻めて自害させたことにより、信長への信頼関係は損なわれていきます。

 

さらに久秀のプライドを傷つけることが起こりました。大和国(今の奈良県)は、久秀が筒井順慶と争い苦労して手に入れた領国でしたが、信長はあっさりと領有権を順慶に手渡し、久秀自慢の居城だった多聞山城を破却して安土城へと移築したのです。

 

久秀は最後まで我慢を重ねてきたというべきでしょうか。

 

実はかなりの健康オタクだった久秀

最後は67歳で自害するまで長命だった久秀。

実はこんな逸話があります。

 

久秀が松虫を飼っていた時のこと。

普通、松虫というのは半年も生きれば長いとされていますが、久秀はなんと3年間も生き永らえさせたそうです。

 

久秀曰く、「松虫ですらきちんと飼ってやればこれだけ長生きするもの。ましてや人間は日々きちんと養生さえすれば、長生きできるものだ」という逸話が残されています。

 

またこんな話も。

中風の病を予防するために、いつも頭のてっぺんに灸をすえていた久秀。

 

最後の戦いでいよいよ自害するという段になってまで灸をすえていました。

それをいぶかしく思った家臣が、「この期に及んでまで灸でもありますまい」と言うと、久秀は真顔で「いよいよ自害する直前になって中風にでもなってみよ。あの弾正(久秀のこと)は腹すら切れなかったそうだと笑い者になるではないか。快く自害するための心得よ。」と言ったそうです。

 



Sponsored Link