「戦国時代の女性」の記事一覧

豊臣秀次の娘たかを演じる女優と史実での隆清院!!

真田丸に登場する『たか』という女性。   彼女は関白となった豊臣秀次の娘で、真田信繁の3人目の妻となります。   歴史的には全く名前の知られていない『たか』とはいったいどういった人物でだったのでしょう・・・

真田丸の祝言で病弱なおこう(長野里美)が披露する雁金踊りって?

真田昌幸の権謀術数が繰り広げられる真田丸。   そんな暗黒面の空気を一変させて、じわじわこみ上げてくる笑いを提供してくれているのが、長野里美さん演じるおこうです。   おこうは真田昌幸の長男で、大泉洋・・・

真田丸で吉田羊演じる稲姫(小松姫)と真田信幸の結婚と髷の逸話!!

大河ドラマでは家族は1つの大きなテーマなのでしょうが、大河ドラマ『真田丸』でも武将達の個人的な活躍と同時にあまり注目されない家族について描かれています。   正室と側室の深い関わり等はなかなか知られない人物像に・・・

真田丸に登場する真田信幸の妻・おこうが絶妙におもしろい!!

大河ドラマ「真田丸」は視聴率も順調で結構評判もいいですね。   歴史ファンとしては真田丸が好調だという事ほど嬉しい事はありません。   そんな中、真田丸に信幸の妻として登場するおこうと、おこうを演じる・・・

寧(ねね)が育てた凡将は小早川秀秋!!では一番出世した武将は?

豊臣秀吉の天下統一に貢献した武将の中には、秀吉の正室・寧(ねい・ねね)が育てた小姓達が数多くいました。   これといって強力な後ろ盾がなかった秀吉にとっては、彼らは一族の息子も同然でした。   秀吉の・・・

真田丸のきりは実在の人物?真田信繁との子供の伏線!!

真田丸で長澤まさみさんえんじるきりは真田家の家臣・高梨内記の娘で実在した人物。   史実では真田信繁の側室となり阿梅(おうめ・お梅)を生んでいます。   ただ実在した人物とはいえ戦国時代の女性に関して・・・

大蔵卿局と茶々の関係!!淀殿の乳母は大野治長の母!!

大坂の陣では名前がよく話題にあがる大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)。   大蔵卿局は近江の浅井家の頃から茶々(淀殿)の乳母を務め、生涯その傍らに居続けたと人物です。   側近が主君に忠誠を尽くし続け・・・

大野治長が豊臣秀頼の本当の父親?茶々(淀殿)の関係とは?

茶々が近江の大名・浅井長政と織田信長の妹・市の長女として誕生したのが1569年。   そして、茶々と同じ年に生まれたのが大蔵卿局の長子である大野治長です。   2人は同い年であり大蔵卿局は茶々の乳母で・・・

徳川家康の頼れる側室・阿茶局!!大坂の陣での和議の功績!!

日本の過去の風習に側室というものがあります。   正室が第一夫人であれば、側室は第二夫人、第三夫人という扱いです。   江戸幕府を開いた徳川家康には正室・側室合わせて二十人ほどの妻がいました。 &nb・・・

武将の妻として戦国時代を生きた女性の逸話まとめ!!

戦国時代の女性は政略結婚や人質など、政治的な思惑に振り回されるのが常でした。   そして、ひとたび戦が始まれば、戦国武将の妻として毅然とした態度で夫や子供を戦場に送り出さなければいけません。   現代・・・

真田信繁の正室・春(竹林院)の性格と子供幸昌にかけた言葉!!

真田信繁には少なくとも4人の妻がいたことが分かっていますが、その中で正室の立場にあったのが春(竹林院)です。   真田信繁は今では人気のある戦国武将ですが、真田家の当主という訳ではなく、人生の最後の最後に大坂の・・・

真田信繁が姉・松と小山田茂誠(しげまさ)に出した最後の手紙!!

真田信幸と信繁には松という姉がいました。   松は真田昌幸の長女になり、信幸とは1歳差、信繁とも2歳しか年が離れておらず、この3兄弟はとても仲が良かったとされています。   武田氏の家臣であった小山田・・・

真田信繁の側室きり(長澤まさみ)が真田丸ヒロインの理由!!

2016年の大河ドラマ『真田丸』。 この真田丸に生涯にわたって真田信繁を支え続ける女性という立場で登場するのが長澤まさみさん演じるきり。   きりは真田信繁の側室として実在した人物ですが、本当の名前などの詳しい・・・

井伊直虎(おとわ)の経歴と直親(亀之丞)や直政との関係について!

2017年の大河ドラマの主役・井伊直虎。   最近は戦国時代を生きた女性たちも漫画やゲームの影響で有名になってきてはいますが、その中でも直虎はマイナーな部類です。   そんな、超脇役であった井伊直虎が・・・

織田信長の妻・濃姫の最期の場所は本能寺!?

「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤道三。   油売りから美濃の戦国大名に上り詰めたと言われ、下克上を代表する人物として北条早雲などと並び有名です。   斎藤道三は早くから織田信長の才能を見抜き、織田家と誼・・・

このページの先頭へ