「真田家」の記事一覧

 真田信之の最期の様子と逸話から見えてくる本当の性格!

Sanada_Nobuyuki

真田幸村の兄である真田信之(信幸)。 信之は大坂夏の陣で幸村が亡くなった後も幕府の一大名として生き続けました。   大河ドラマや昨今の歴史マニアが増えたことで信之の存在感は幸村と並んで際立つものとなりましたが、・・・

真田昌幸の高野山・九度山での困窮生活と最期の様子!!

Sanada_Masayuki2

1600年(慶長5年)9月15日の関ケ原の戦いは諸大名の予想を大きく裏切り、僅か半日で東軍の勝利が確定しました。   当初は家康に付くようなそぶりを見せた真田昌幸も結局は家康に付く理を見いだせずに西軍に与しまし・・・

真田昌幸・信繁と信幸が分裂した犬伏の別れとは?

Sanada_Nobuyuki

少なくとも『真田丸』の現時点では一致団結の真田家。   しかし、いざ関ケ原の戦いを迎えると真田家は昌幸・信繁が西軍、信幸が東軍に分かれることとなります。   これを『犬伏の別れ』と言います。これを機に・・・

現代に残る真田幸村(信繁) の子孫!!信繁の妻と子供たちのその後!!

Sanada_Yukimura

歴史上の人物の有名人の子孫は、現在で一体何人いるのでしょうか?   だいたいこういう類の情報は、嫡流ほど早くに断絶して庶流は表舞台から離れていくことで一般人と同等になり普通にいるということが多いです。 &nbs・・・

真田幸村(信繁)の子供・阿梅と大八を保護した片倉小十郎重長とは?

moon

真田信繁が大坂の陣で討ち死にした時、彼にはまだ何人かの子供がいました。   そのうち、長男の真田幸昌(いわゆる真田大助)は信繁と共に討ち死にしましたが、その弟である大八と阿梅、それに大坂の陣から2か月後に生まれ・・・

豊臣秀吉が目をかけた真田信繁(幸村)と茶々の本当の関係とは!?

Yodo-dono_cropped

真田昌幸が秀吉に服属することを決めてから、信繁は上杉景勝から今度は豊臣秀吉の人質として大坂城に留め置かれることとなります。   人質といえば何もすることなく軟禁という響きですが、真田は別に滅ぼされたわけでもなく・・・

家康に切腹を覚悟させた真田幸村の大坂夏の陣での最期の様子!!

Sanada-Yukimura

真田幸村の人気の理由、それは何といっても大坂夏の陣で家康をあと一歩まで追い詰めたという戦ぶりです。   その証拠に、信繁の活躍は戦国最後の華として講談などによって後世まで語り継がれています。   今回・・・

猪俣邦憲の謀略と鈴木重則(主水)の最期!!名胡桃城を巡る真田の戦い!!

oosakajou

豊臣秀吉の天下統一最後の仕上げとなった小田原征伐。   秀吉がこの北条氏の討伐を決断した背景には、真田と北条の領土問題が深く関わっていました。   この頃既に真田昌幸は豊臣政権に加わっていましたが、北・・・

真田丸で吉田羊演じる稲姫(小松姫)と真田信幸の結婚と髷の逸話!!

sanadamaru7

大河ドラマでは家族は1つの大きなテーマなのでしょうが、大河ドラマ『真田丸』でも武将達の個人的な活躍と同時にあまり注目されない家族について描かれています。   正室と側室の深い関わり等はなかなか知られない人物像に・・・

大泉洋が演じる真田信幸の評価と最期!!

Sanada_Nobuyuki

評判が上々の大河ドラマ『真田丸』。   その中で真田昌幸を演じる草刈正雄さんに負けない存在感を放っているのが大泉洋さん演じる真田信幸(信之)。   真田家の跡取りだけあって真面目で実直、ここぞという時・・・

伊達政宗と真田信繁(幸村)の大阪の陣での激闘と独眼竜の由来!!

Date_Masamune02

伊達家17代当主の伊達政宗は仙台藩初代藩主となる人で、独眼竜という異名を持つ大人気の戦国武将です。   その政宗が、人気を二分する真田信繁(幸村)と直接刃を交えたのが大坂夏の陣。   今回は、この大坂・・・

武藤喜兵衛と名乗り武田信玄に仕えていた頃の真田昌幸!!

Sanada_Masayuki2

真田昌幸が武田信玄に仕えていた頃に名乗っていた名前が武藤喜兵衛(むとうきへえ)。   武藤喜兵衛は足軽大将として信玄から将来を期待された存在でした。  

真田昌幸の父・幸隆(幸綱)が武田信玄の下で挙げた功績!!

Sanada_Yukitaka

真田家と言えば、戦国時代において戦上手と呼ばれる名将を幾人も輩出している名門です。   その中で真田昌幸の父親で、信繁の祖父となる真田幸綱(幸隆)は真田家の祖とされています。  

矢沢三十郎_真田信繁と行動を共にした武将の上田合戦での活躍!!

矢沢家と真田家は同郷にありながら敵対していた勢力ですが、真田頼昌の三男である真田頼綱が矢沢家の養子に入り家督を継いでからは、真田家の一門衆として活躍していくことになります。  

矢沢頼綱の抜群の功績!!真田昌幸の叔父も戦が上手!!

sanadamaru

上野国利根郡にあった沼田城は、北関東の要衝として周辺の勢力が奪い合いを行った激戦地です。   時には上杉家の領土に、時には北条家の領土に、そして武田家や織田家、独立勢力となった真田家の領土と目まぐるしく領主が変・・・

このページの先頭へ