「長州藩」の記事一覧

幕末の長州藩を動かした毛利家家臣の逸話まとめ!!

幕末の長州藩は吉田松陰の松下村塾で学んだ塾生が政治に大きな影響力を持つようになっていました。   高杉晋作や久坂玄瑞がその代表ですが、長州藩は藩内にも優秀な人材が大勢いました。   これは藩主であった・・・

軍略は高杉晋作以上?大村益次郎の銅像が靖国神社にある理由。

第2次長州征伐の小倉戦争で幕府軍を撃退した高杉晋作。   この高杉晋作の活躍によって、第2次長州征伐は長州藩の勝利となります。   一方、時を同じくして、石州口という場所で長州藩兵を率いて戦い、幕府方・・・

禁門の変で来島又兵衛を狙撃した西郷隆盛軍の功績!!

来島又兵衛は豪胆な性格で、武芸に優れとた人物として知られる長州藩士です。   八月十八日の政変や池田屋事件で追いつめられた長州藩を、戦うことでその窮地から救おうとしたのがこの来島又兵衛でした。  

【3分で分かる】幕末の長州藩の葛藤と歩み!!

幕末の長州藩は政治の主導権争いが激しく、長井雅楽の優れた政策が棄却されたり、高杉晋作も方針の転換によって命を狙われるなど、混迷を極めていました。   そこで、今回は幕末の長州藩が関わった事件や、藩内の方針の変換・・・

井上聞多(馨)を襲撃した実行犯は意外な人物!?

井上聞多(馨)は幕末から明治、大正と活躍した長州藩の志士です。   井上家は毛利家に古くから仕え、長州では名門といった家柄になります。   そのため、井上聞多は吉田松陰の松下村塾に学んではいませんが、・・・

長井雅楽の唱えた航海遠略策と久坂玄瑞との対立!!

長井雅楽(うた)は長州藩でも秀才とされた人物。   大江広元の子孫、つまり主家の毛利家と同じ先祖をもつ長井家は超名門の血筋を受け継いでいる事になります。   そしてこの長井雅楽が唱えたのが有名な航海遠・・・

長州藩の行く末を案じた椋梨藤太の最期!!

花燃ゆで内藤剛志さんが演じる椋梨藤太(むくなしとうた)。   藩主である毛利敬親の下で政治の腕を振るった重臣です。   椋梨藤太は吉田松陰や高杉晋作、そしてこれらの志士達を擁護する周布政之助の最大の敵・・・

野山獄と岩倉獄の囚人達と福川犀之助!!

吉田松陰と金子重助がペリーの黒船に乗込むことに失敗し、投獄された野山獄と岩倉獄。   花燃ゆの中に何度も登場しますが、劣悪な環境だった岩倉獄に比べ、野山獄の囚人は比較的自由が認められた環境にあります。 &nbs・・・

吉田松陰の良き理解者周布政之助の最期!!

長州藩には元々、才気に富む若者を大切にする風土があります。   そんな若者たちに力を貸した人物が、周布政之助でした。  

玉木文之進の壮絶な最期!!介錯を務めた意外な人物!!

吉田松陰、乃木希介を教育し、立派な人物へと育て上げた玉木文之進。   これまでにも玉木文之進の性格やスパルタ教育について触れてきました。   今回は玉木文之進の最期の様子についてです。   ・・・

松下村塾の元祖玉木文之進のスパルタ教育に耐えた吉田松陰!!

幕末ファンさんに投稿して頂いた記事。   最後を飾るのは吉田松陰という人物の基礎を作った玉木文之進。   苛烈な性格とスパルタ教育で知られる松陰の叔父さんです。  

金子重輔とは?その生涯と伝馬町から岩倉獄までの受難!!

幕末ファンさんの投稿記事第4弾は金子重輔。 海外への密航を企てる吉田松陰と共に、黒船に乗り込んだ人物です。   松陰を慕い行動を共にした金子重輔の生涯を幕末ファンさんの記事でご紹介します。  

維新の原動力となった長州の藩主毛利敬親の評価!!

幕末ファンさんの投稿記事の第3弾。   今回は吉田松陰や桂小五郎、高杉晋作と深い関わりのあった長州藩主毛利敬親についてです。  

吉田松陰の愛弟子として一緒に密航を企てた金子重輔の最期!!

萩市の吉田松陰誕生地の近くには吉田松陰の銅像が建っています。 その隣で望遠鏡をもって膝をついているのが金子重輔です。 歴史的にはあまり有名ではない金子重輔がなぜ吉田松陰と一緒に銅像になっているかご存知でしょうか? &nb・・・

薩長同盟が動き出した坂本龍馬と小田村伊之助の出会!!

大河ドラマ『花燃える』で大沢たかおさんが演じる小田村伊之助(後の楫取素彦)。   松下村塾の塾生ではないこともあり、歴史的にはあまりその名前を知られていません。   ただ、高杉晋作や文の最初の夫となる・・・

このページの先頭へ