「幕末」の記事一覧

幕末の長州藩を動かした毛利家家臣の逸話まとめ!!

tyousyuu

幕末の長州藩は吉田松陰の松下村塾で学んだ塾生が政治に大きな影響力を持つようになっていました。   高杉晋作や久坂玄瑞がその代表ですが、長州藩は藩内にも優秀な人材が大勢いました。   これは藩主であった・・・

維新志士と渡り合った新撰組と幕臣の逸話!!

shinsengumi

幕末の動乱の中、徳川幕府に忠誠を尽くし、維新志士達と渡り合った幕臣がいます。   坂本龍馬の師として有名な勝海舟、吉田松陰などの志士を弾圧した井伊直弼。   そして、不安定な情勢の京都の町を取り締まっ・・・

松下村塾の四天王や門下生(塾生)の逸話まとめ!!

sonjuku

吉田松陰が主宰した松下村塾。   高杉晋作や久坂玄瑞といった松下村塾の四天王を始め、初代内閣総理大臣を務める伊藤博文など多くの塾生が育っていきました。   今回は松下村塾の塾生達をそれぞれの逸話を交え・・・

吉田松陰の辞世の句や名言などの逸話まとめ!!

syouin

このブログで紹介してきた吉田松陰の名言や逸話をまとめました。   涙なしでは語れない松陰の最期の様子や魂の遺書・留魂録。   そして松陰亡き後に妹が語った兄・松陰の逸話などこの記事を通して吉田松陰とい・・・

津田梅子_知花くららが演じる女性と伊藤博文の関係は?

Tsuda_Umeko

花燃ゆの最終回に登場する津田梅子。   モデルの知花くららさんが演じることで話題になりました。   津田梅子は現在の津田塾大学の前身となる女子英学塾の創始者で、女性の高等教育に力を入れた人物です。 &・・・

坂本龍馬が仲介した薩長同盟の内容を分かりやすく紹介!!

ryouma

時代を変えるきっかけとなった長州藩と薩摩藩の同盟。   両藩は犬猿の仲でありながら、土佐の浪人・坂本龍馬の仲立ちによって薩長同盟を結ぶ事になります。   では、この薩長同盟の内容とはどういった内容だっ・・・

軍略は高杉晋作以上?大村益次郎の銅像が靖国神社にある理由。

Masujiro_Omura_cropped

第2次長州征伐の小倉戦争で幕府軍を撃退した高杉晋作。   この高杉晋作の活躍によって、第2次長州征伐は長州藩の勝利となります。   一方、時を同じくして、石州口という場所で長州藩兵を率いて戦い、幕府方・・・

山田顕義(あきよし)_松下村塾生から日本大学の学祖へ!!

Yamada_akiyoshi

吉田松陰が主宰した松下村塾の最年少メンバーといわれる山田顕義。   松下村塾や吉田松陰の誕生地から少し奥に入った場所で生まれ、この誕生地の近くには小田村伊之助(楫取素彦)の旧宅跡もあります。   松下・・・

中原復亮(なかはらまたすけ)_楫取素彦の右腕となる奇兵隊士!!

hagijoukamachi

花燃ゆに登場する中原復亮(なかはらまたすけ)という人物。   高杉晋作の結成した奇兵隊に志願し、奇兵隊では果敢に戦い、敵を討ち取る事があったとされています。   やがて、明治維新を向かえると、名を楫取・・・

毛利元徳(定広)_文を嫡男の守役にした長州藩最後の藩主!!

Mori_Motonori

『そうせい候』、毛利敬親の後を継いで第14代の長州藩主となる毛利元徳(もとのり)。   あまり自分の考えを表に出さず、家臣に政治を任せていたと言われる敬親と異なり、改革派寄りの考えを持っていたと言います。 &n・・・

西郷隆盛の本当の顔と銅像が上野公園にある理由!!

ueno-saigou

明治維新の三傑として有名な西郷隆盛は、新しい時代を築いた人物でありながら、西南戦争を起こし、新政府に対する反逆者として最期を向かえる人物です。   『新政府=天皇』に対して反乱を起こした西郷隆盛ですが、ではなぜ・・・

知ってる?坂本龍馬の銅像が右手を懐に入れている理由。

sakamotoryouma

高知県桂浜にある坂本龍馬の銅像。   坂本龍馬の銅像は全国各地にありますが、この桂浜の銅像が一番有名なのではないでしょうか?   正直、歴史上の偉人に直接会うことができない私達は、肖像画や銅像からイメ・・・

禁門の変で来島又兵衛を狙撃した西郷隆盛軍の功績!!

kusaka_genzui

来島又兵衛は豪胆な性格で、武芸に優れとた人物として知られる長州藩士です。   八月十八日の政変や池田屋事件で追いつめられた長州藩を、戦うことでその窮地から救おうとしたのがこの来島又兵衛でした。  

世界遺産に決定した松下村塾と萩城下町の紹介!!

syoukasonjuku

ユネスコの世界遺産に決定した萩の城下町や松下村塾。   これは「明治日本の産業革命遺産」という括りで、幕末から明治にかけて飛躍的に発展した日本の産業産業革命に関する遺跡(造船場や製鉄所)の中に含まれています。 ・・・

文の奥入りと毛利都美子、銀姫との出会い!!

623dd5c11f9c143e09e9ad5cae07a30d_s

久坂玄をが禁門の変で亡くした文は、ほどなくして毛利家に仕えることになります。   それは毛利敬親の後を継ぐ毛利元徳の正室・銀姫の身の回りの世話をする女中としてでした。  

このページの先頭へ