天才軍師・竹中半兵衛と黒田官兵衛の違い!!

黒田官兵衛と並び、天才軍師と称される竹中半兵衛。

 

しかし、竹中半兵衛に関しては後世の創作が多く、正確な人物像は分かっていません。

 

軍師とは、戦術を練ったり、作戦を立てるなど、参謀的な存在ですが、果たして竹中半兵衛の実像もそういった軍師に当てはまるものだったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

稲葉山城の乗っ取り

竹中半兵衛の有名な逸話は難攻不落と言われた稲葉山城の乗っ取りです。

 

竹中半兵衛の主君、斎藤竜興が政治に関心を示さず酒に溺れた生活を送っていたある日、竹中半兵衛は手勢16人だけで、難攻不落と言われた稲葉山城を乗っ取ります。

 

Takenaka_Shigeharu

 

稲葉山城にいた弟に病気になったように装わせ、見舞いと称して稲葉山城に入り、城内で見舞いの届け物の中に隠しておいた、武器や防具をまとい、そのまま稲葉山城を征圧してしまったのです。

 

しかしこれは、酒色に溺れる竜興を諫めるためであったとして、後に城を竜興に返還しています。

 

こういったことから、半兵衛は無欲な天才軍師というイメージがついていますが、実際は稲葉山城を乗っ取った後、自分達で政治を行おうとした形跡があり、城を返却したのは領国経営が上手くいかなかったからだと言われています。

 

黒田官兵衛との絆

斎藤家を去った半兵衛は、織田信長に属し、信長の命で羽柴秀吉の下にいました。

 

黒田官兵衛と共に、毛利攻めのため、中国地方にいた竹中半兵衛は調略で毛利方の城を降していましたが、そんな中、有岡城で荒木村重が謀反を起こし、説得に向かった黒田官兵衛が、村重に捕らえられ幽閉されてしまいます。

 

信長は村重の元から官兵衛が戻らないのは官兵衛が裏切ったからだと、人質に取っていた松寿丸(後の黒田長政)を殺すよう秀吉に命じますが、黒田官兵衛を信頼していた竹中半兵衛は、信長には松寿丸を殺したように見せかけ、実際は自分の下で庇護していました。

 

これは、完全に信長を欺いたことになるのですが、後に官兵衛が囚われていたことを知った信長は、半兵衛のおかげで過ちを犯さずにすんだと、とても喜んだと言われます。

 

しかし、官兵衛が有岡城から救出された時に、竹中半兵衛は病気のため陣中で亡くなっていました。

 

竹中半兵衛から黒田官兵衛へ

自分を信じて、信長の命令に背いてまで息子を守ってくれた半兵衛が亡くなったと聞いたときの官兵衛の気持ちはいかばかりだったでしょうか?

 

同じ参謀型の武将として、半兵衛を手本としていた官兵衛にとっては受け入れたくない事実だったと思います。

 

半兵衛が死ぬ間際に官兵衛の事を心配する手紙が残されおり、半兵衛がいかに官兵衛の事を気にかけていたかが分かります。

 

そして、官兵衛は半兵衛の形見分けで、軍配と軍団扇を受継ぎます。

 

軍団を指揮するときに使う軍配。

 

これを官兵衛が受継ぐということが、どういうこと事かは、お分かりになると思います。

 

一連の半兵衛の気遣いに感謝した官兵衛は、竹中家の家紋を黒田家の家紋として譲り受け、竹中半兵衛の子供、重門の烏帽子親も務めています。

 

黒田官兵衛と竹中半兵衛の違い

黒田官兵衛は「自分は槍や刀を取って戦うことは得意ではなかったが、采配を振るって多くの敵を打ち取ることが得意だった。」と語っているように、官兵衛は陣幕の中や、陣の中盤にいて、戦況を眺めて采配を振るう事を得意としていました。

 

しかし、竹中半兵衛は秀吉と作戦や戦術を話し合った後は、先陣として出陣し、最前線で敵と戦っていたようです。

 

なので、大将の傍で作戦を練り献策をするという、一般的な軍師、参謀のイメージとは少し違っているかもしれません。

 

半兵衛が刀を振るって戦っていたことを考えると、智略だけでなく槍働きに長けていたことも分かります。

 

ただ、半兵衛の軍略は当時から群を抜いていたようで織田家中でも評判でした。

 

柴田勝家も納得する軍略の才

ある時、半兵衛にそれほどの軍略があると信じられない、柴田勝家や滝川一益が播磨攻めから使者としてやってきた半兵衛に、自分が毛利攻めの大将だったらどうのように攻略するか質問しました。

 

すると半兵衛は毛利の兵力や情勢、動向を分析し、攻略方法を説明しました。

 

この説明があまりにも的を射ていたので、勝家や一益は感心するしかなかったと言います。

 

そして、半兵衛は相手の心理を巧みに利用する事も心得ていて、自分の陣立てや作戦に口を出されるのを嫌う武将には、まず褒めることから始めたそうです。

 

「この陣立ては素晴らしい。」

 

「この作戦は実によく考えられている。」

 

軍略の天才、竹中半兵衛にこう言われると、日ごろ半兵衛の事をよく思っていない武将も気分がいいものです。

 

そこで、「こうすればもっと良くなりますよ。」と言って、陣立てを変えてしまうということがあったようです。

 

そのへんの頑固で偏屈な武将たちより、半兵衛のほうが一枚も、二枚も上手だったようですね。

 

天才軍師の死因と最期 三木に散る

竹中半兵衛の死因は肺結核と言われ、三木城攻めの最中に36歳でこの世を去ります。

 

一度は京都に戻り、病気療養に努めたと言われていますが、自分の死期が近い事を悟ると三木城攻めの陣に戻ります。

 

心配する秀吉に「どうせ死ぬのであれば武士として戦場で死にたい。」と言ったと伝わっています。

 

現在の三木城跡近くにぶどう園があるのですが、そこに竹中半兵衛の墓所が地元の人々に大切にされながら残っています。

 

今もお供え物や花が絶えないそうで、現代における竹中半兵衛の人気の高さが窺えます。

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ