天下を取った男!!徳川家康の性格と死因!!

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」徳川家康の辛抱強い性格を表した歌です。

 

今川義元の人質から始まり、織田信長、豊臣秀吉の下で忍耐強く天下を取る機会をうかがっていた家康。

 

豊臣秀吉が亡くなり、天下取りへと動き出した時には58歳という年齢でした。

 

スポンサードリンク

武田信玄から学ぶ

徳川家康は武田信玄に三方ケ原の戦いで大敗を喫しています。

 

武田信玄は家康にとって簡単には越えられない壁であり、いつもその脅威に脅かされていました。

 

しかし、そんな信玄を家康は領国経営や戦をする際の手本にしていたようで、家康の経営手法や戦術は信玄に通じるところが多々見受けられます。

 

そして、武田家が滅亡した際には武田家の遺臣の多くを召抱え、勇猛で知られる「山縣の赤備え」を家臣の伊井直政に引き継がせます。

 

かつての敵を自分の軍に引き入れ、徳川軍はさらに強力になっていきますが、過去の遺恨を忘れて有能な軍団は自分の傘下に引き入れる、ここが家康の凄いところだと思います。

 

関連記事⇒真田丸で対峙する2つの赤備え!!

 

現代で言えば倒産したかつてのライバル会社の社員を受け入れるような感じですね。

 

一度は自分の会社が倒産させられるくらいにまで追込まれた会社の社員でも有能であれば雇う。

 

徳川家康は、感情的にならずに冷静に状況を判断し、理性で物事を考えられる性格だったように思います。

 

織田信長との同盟

家康は38歳の時に、正妻の築山殿と長男・信康を殺害しています。

 

これは信康が謀反を企てたなど色々な説があり、はっきりしたことは分かっていませんが、2人が武田家に内通したために織田信長が命令して殺害させたとも言われています。

 

もしそうだとすれば、家康は実の子供を自害させなければいけないほど立場が弱く、信長には逆らえない状況だったことになります。

 

家康は信長の要請で援軍として戦うことはあっても、信長に援軍を頼んだ時はなかなか援軍を派遣してくれなかったりと、かなりの苦労をしたようです。

 

立場的には家康は信長の子分のような感じで、かなりの忍耐を強いられています。

 

この経験が後に『鳴くまで待とう』という家康の性格を形成していったのではないでしょうか?

 

豊臣秀吉の下で

本能寺の変の後、天下取りに最も近かったのは家康ではなく秀吉でした。

 

家康は同盟者の信長の家臣に臣従しなければいけない状態になります。

 

さすがに、これは家康も簡単に了承するわけもなく、信長の息子と組んで秀吉に敵対します。

 

これが世に言う「小牧・長久手の戦い」で、大きな戦に発展することなく、講和に持ち込まれますが、意地でも秀吉の下につきたくない家康の気持ちがうかがえます。

 

Tokugawa_Ieyasu2

 

その後も秀吉は再三、家康に臣下の礼をとるように要求しますが家康は頑として拒否し、秀吉は最期には実の妹を家康の元に嫁がせ、母親も人質に出すなどして、やっと家康に臣下の礼をとらせることになります。

 

信長の家臣であり、低い身分から成り上がってきた秀吉の臣下となった事は家康にとって大きな屈辱だったのかもしれません。

 

そう考えれば、秀吉亡き後に強引に豊臣政権を潰しにかかった家康の行動は理解できるような気がします。

 

家康は秀吉が亡くなる時を待っていたのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

天下人の資質

こういった流れを見ていると、やはり徳川家康という人物は辛抱強く忍耐を重ねた人物だということが分かります。

 

そして、その耐え忍んだ時期が家康を天下人の器へと育て上げたのかもしれません。

 

苦労人であった家康は普段は温厚で倹約家、そのため家臣からも慕われていたといいます。

 

しかし、勝負どころとみれば強引に仕掛ける事もできる、戦国武将として必要な資質を持ち合わせていた人物でした。

 

徳川家康の死因

徳川家康は駿府城で75歳の生涯を終えます。

 

家康の死因は天ぷらの食べすぎや、食中毒だったと言われていました。

 

しかし天ぷらを食べ過ぎて苦しんだという記録はあるようですが、それからしばらくして亡くなっているので、それが直接の死因ではなく、「胃がん」ではないかと言われています。

 

年齢から考えて天寿を全うしたと考えてもおかしくはないと思いますが、確かな事は分かっていません。

 

家康は亡くなった後、久能山の東照宮に葬られ、一年後に日光東照宮に移されています。

 

これは家康自身が神となり、江戸の町を守護するためだと言われています。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ