真田丸で注目!!徳川四天王・本多忠勝の蜻蛉切と数珠の逸話!!

本多忠勝は徳川家康の家臣で徳川四天王に名を連ねる武将です。

 

戦における戦功は凄まじく、織田信長、豊臣秀吉も忠勝の武勇を賞賛しています。

 

戦国最強との呼び声も高い本多忠勝とはいったいどういった人物だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

忠勝の名声

 

本多忠勝は13歳で初陣を飾ってから多くの合戦に参加していますが、生涯その身にはかすり傷ひとつ負うことがなかったと言われる武将です。

 

徳川家康の家臣の中で徳川四天王の一人に数えられ、家康が今川義元の下で人質時代を過ごしていた頃から天下を掌中に治めるまでの時代を切り開く役目果たしました。

 

忠勝の初陣は、桶狭間の戦の前哨戦となる大高城兵糧入れの時とされ、育ての親である本田忠真が敵を討ち取り、忠勝に「この首を取って戦功にしろ」と言ったが聞き入れず、「自分の力で敵を討ち取ってみせる」と言って、見事敵の首を挙げたという逸話があります。

 

また、勇猛なだけでなく敵に対しての深い慈悲を持っていて、長篠の戦で武田家に大勝した後は、「武田家の惜しい武将たちを亡くしたと思っている。これ以上戦で血が騒ぐことはもうないだろう。」と愚痴をこぼすなど、武田家家臣たちに尊敬の念をもっていたようです。

 

実際に忠勝は戦に出陣する時に、鎧の上から大きな数珠を身に付けて出陣し、討ち取った敵の供養をしていたと伝わります。

 

こういった逸話を聞くと、無謀で野蛮なだけの武士ではなく、戦場に身を置く者として、心を鬼にして戦ったのがこの本多忠勝ではないかと思います。

 

豊臣秀吉が西国一の勇将に立花宗茂、東国一の勇将に本多忠勝の名前を上げていますが、これはただ単に戦が上手かったというより、戦場での立ち振る舞い全てに華があったという意味ではないでしょうか?

 

関連記事⇒立花宗茂の逸話!!実父紹運と養父道雪から受けたきびしぃ~教育!!

 

忠勝は幾多の合戦に出陣しながらも、切り傷一つもなかったと言われていますが、あまりにも豪胆すぎる行動に敵も驚き道を開けたため、傷を一つも負わなかったのかもしれません。

真田信幸と共に昌幸の助命嘆願

本多忠勝は真田昌幸の息子・信幸(信之)に娘の小松姫を嫁がせています。

 

関連記事⇒真田丸で吉田羊演じる稲姫(小松姫)と真田信幸の結婚と髷の逸話!!

 

これは忠勝が信之の名将ぶりにほれ込み、真田を徳川方に取り込んでおきたいという狙いがあったためだとも言われています。

 

しかし、関ケ原の戦いで信之の父親である昌幸は西軍につき敗北。

 

徳川家中では昌幸や次男の信繁の処遇が問題になりました。

 

徳川家康や秀忠からすると、真田昌幸は上田合戦で二度にわたって苦渋を飲まされた敵。

 

しかも、その上田城は徳川の資金援助によって建てられた城であるため、昌幸に対する憎しみは尋常なものではありませんでした。

 

そのため、2人は強硬に死罪を主張。

 

しかし、本多忠勝は信之と共に、昌幸・信繁の助命嘆願に奔走しています。

 

一説には、助命の許しが得られなければ徳川家と一戦を辞さない構えで臨んだとも言われています。

 

忠勝はそれほどまでに義理の息子となった信之に対しても誠実に接していたようです。

 

「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」という言葉があります。

 

これは家康が武田信玄に大敗を喫した三方ヶ原の戦いの後に武田方が広めた言葉ですが、家康の所有している珍しい兜と本多忠勝は家康にはもったいないという意味です。

 

戦場での働きに加え、人としての器の大きさも本多忠勝の魅力だったようです。

 

忠勝の蜻蛉切と軍装

本多忠勝といえば有名なのが名槍「蜻蛉切」。

 

槍の先に飛んできた蜻蛉(とんぼ)が当たっただけで真っ二つに切れてしまったと言われるほどの切れ味を持つ槍で、母里太兵衛が福島正則から呑みとった日本号と共に天下三名槍に数えられています(もう一つは結城晴朝の御手杵)。

 

忠勝も若い頃は柄の長さを長くした蜻蛉切を振り回して戦場で戦っていたようですが、体力が衰えてくると槍の柄を短くして使用していたようです。

 

 

そして忠勝のもう1つの軍装の特徴として、黒い鎧に大きな数珠を肩から下げるという出で立ちで、戦場を駆け回っていたことがあげられます。

 

Honda_Tadakatu

 

鎧もあまり重厚なものでなく軽装を好んでいたとされ、数珠を肩から掛けていたのは、自ら討ち取った兵を弔うためだったと言われています。

 

数珠を身に付けて戦っていたというのは、戦場で多くの敵を討ち取り名声を得てはいたものの、戦で戦うことが必ずしも本意ではなかったということが良く分かる逸話ではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

井伊直政との連携

姉川の戦い、一言坂の戦い、小牧長久手の戦いなど勇猛な働きをした戦いを挙げればきりがない忠勝ですが、関ヶ原の戦いには井伊直政と共に軍監(軍の監視役)として参戦しています。

 

関ヶ原の戦いに参加したのは殆どが福島正則や黒田長政などの豊臣恩顧の大名で、一番乗り争いの調停にも苦労したようですが、その責務を果たし、東軍を勝利へ導いています。

 

その際には、井伊直政と共に黒田長政を通じて吉川広家や小早川秀秋の調略に努めるなど槍働き以外にも手腕を発揮しています。

 

その他にも、関ヶ原の戦いの後は様々な調停、交渉、調整役として苦労したようで、家康の天敵である真田昌幸、幸村親子の助命などを辛抱強く家康に掛け合っていたと言われています。

 

織田信長が「花も実も備えた剛の者」と評した本多忠勝は、当たり前のように仁智勇を兼ね備えた武将だったようですね。

 

関連記事⇒徳川家康お気に入りのイケメン井伊直政!!

 

真田丸

真田丸で本多忠勝を演じるのは俳優の藤岡弘さん、そして小松姫の夫となる真田信幸を演じるのは大泉洋さんです。

 

真田丸の中では忠勝と信幸が対峙し、後に信幸が『怖かった~』とぼやくシーンがあります。

 

この時はまだ信之も、この猛将と呼ばれるコワモテのおじさんが、自分の義理の父親になるとは思ってもいなかったでしょうね(笑)

 

真田丸で描かれる忠勝は不器用で実直、その頑固さゆえに家康からは少し疎まれている感がありますが、徳川家の中で一番信頼のおける誠実な人物ではないかと思います。

 

まさに藤岡弘さんがぴったりですね。

 

関連記事⇒真田信幸の妻・稲姫(小松姫)の性格と父本多忠勝!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





2 Responses to “真田丸で注目!!徳川四天王・本多忠勝の蜻蛉切と数珠の逸話!!”

  1. 蜻蛉切 より:

    蜻蛉切は、静岡の個人蔵となっていて、去年は三島市の佐野美術館で公開されてましたよ。

    • 三日月 より:

      蜻蛉切さん

      蜻蛉切は現存していなくてレプリカしか展示されていないんだと勘違いしていました。

      記事の該当箇所は削除しました。

      ご教示ありがとうございます。

コメントを残す

このページの先頭へ