新撰組で一番強かったのは!?最強に名を連ねる隊士達!!

浅葱色(あさぎいろ)の羽織を着て、京都の治安維持に努めた新撰組。

 

池田屋事件で長州の吉田稔麿や肥後の宮部鼎蔵らの計画を阻止し、京都の町を救ったことで大きく名を上げました。

 

幕末を舞台にしたアニメやドラマの中にも度々登場し、現代でもファンが多く、歴史に詳しくない人でも、ダンダラ模様の羽織や、誠一文字の隊旗などは一度は目にしたことがあるのではないかと思います。

 

そんな新撰組を語る時によく話題になるのが、『果たして誰が新撰組で一番強かったのか?』。

 

つまり、新撰組最強の隊士は誰だったのかという事です。

 

スポンサードリンク

隊士の証言

新撰組の隊士だった阿部十郎という人物が語った言葉が残っています。

「沖田総司が近藤勇の一番弟子でなかなか能く仕えた。その次は斎藤一。そして永倉新八という人物もいたが、永倉は沖田より少し稽古が進んでいた。」

 

この証言からも分かるように、この隊士の目から見ると永倉新八、沖田総司、斎藤一が新撰組のTOP3だったことが分かります。

 

sinsengumi

 

ご存知の方も多いと思いますが、沖田総司は新撰組の1番隊組長。

 

永倉新八は2番隊組長で、斎藤一は3番隊の組長です。

 

つまり、1~3番隊の組長に剣術の腕が高い隊士が並んでいたことが分かります。

 

その他にも、服部武雄という2刀流の達人いて、この服部武雄の剣術の腕前は新撰組の中で1番だったと語った隊士もいます。

 

そして、壬生義士伝という映画の中で新撰組で最も強かった男として取り上げられた吉村貫一郎。

 

この5人が新撰組の中でも剣術の腕に長けた隊士だったと思います。

 

もちろん、「稽古が少し進んでいた。」とある事から分かるように、これは竹刀などを使った稽古での話。

 

実際に真剣で斬り合うとなれば稽古とは精神状態も全く異なり、度胸や気合い、そして実戦の中の勘も必要となってくるので、これをそのまま当てはめる訳にはいきません。

 

スポンサードリンク

 

実戦

では、単純に剣術に長けているというだけでなく、実戦の斬り合いでその能力を発揮したのは誰か?

 

全ての戦いが資料に残っている訳ではないので一概には言えませんが、一番有名で最も熾烈な斬り合いになったであろう池田屋事件を例に上げると、近藤勇と永倉新八の名前が浮かび上がってきます。

 

この時、沖田総司も池田屋に斬りこんでいますが、途中で肺結核の症状が発症し、戦線を離脱したとされています。

 

本当に肺結核による戦線離脱だったのかどうかは疑わしい部分もあり、個人的には肺結核の症状以外で戦闘不能になったのではないかと思っています。

 

そんな中、池田屋の最前線で戦い抜いたのが近藤勇と永倉新八でした。

 

永倉は指を負傷し、刀も折れている状況で戦い抜いているので、その戦闘の凄まじさが良く分かります。

 

しかし、一番最初に踏み込んだ近藤勇は大きな傷も負わず、約2時間の戦闘を戦い抜いています。

 

新撰組は基本的に集団戦法を得意とする組織で、普段は人数的にも優勢な状況で闘うことが多かったようです。

 

しかし、この池田屋事件の時、近藤勇は一時、劣勢の極限状態にありました。

 

その中で怪我も負わずに戦いつづけるという近藤勇の胆力は、他の隊士達を圧倒していたのではないかと思います。

 

もしかすると、剣術の稽古の時には沖田総司や斎藤一の方が剣術のセンスやテクニックという面では近藤勇よりも勝っていたのかもしれません。

 

しかし、センスやテクニック以外の胆力などを合わせた総合力が必要となってくる実戦では、やはり近藤や永倉の方が勝っていたのではないかと思います。

 

服部武雄も新撰組を離れた後に、一人で8~9人の新撰組隊士を負傷させたことを考えると、劣勢でも力を発揮できる剣豪だったことが分かります。

 

格闘技を例に上げると、センスがあって練習では強くても、試合では勝てないという人がいるので、稽古と実践は全く別物と考えた方がいいですね。

 

新撰組隊士の流派

新撰組には近藤勇の天然理心流以外にも、様々な流派の隊士がいました。

 

有名どころでは坂本龍馬も学んだ北辰一刀流や桂小五郎(木戸孝允)の学んだ神道無念流があります。

 

最強と謳われる剣客集団、新撰組隊士たちの流派は下記のような感じです。

 

天然理心流

近藤勇・沖田総司・土方歳三・井上源三郎

 

北辰一刀流

伊東甲子太郎・山南敬助・藤堂平助・服部武雄

 

神道無念流

芹沢鴨・永倉新八

 

流派不明

斎藤一

 

新撰組で1番強かったのは?

結局、新撰組で一番強かったのは誰なのでしょう?

 

今となっては正確に分かる訳もありませんが、自分なりに考えてみました。

 

剣術の才能としては、若く将来性もあるという点で沖田総司や斉藤一。

この2人の剣術の才能は他の隊士を凌駕していただけでなく、人物的にもカリスマ性があり、目立っていたのだろうと思います。

 

しかし、修羅場をくぐった実戦経験者となると近藤勇と永倉新八。

 

その中でも池田屋事件の時の近藤は本当に最強だったのではないかと思っています。

 

しかしその後、前線に出ることが少なくなかったであろう近藤に比べて、永倉新八は前線に出続けていました。

 

そのため、戦いの経験値も高く、確かな剣術の腕も持ち合わせていた永倉新八が新撰組では最も強かったと言えるのではないかと思っています。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





One Response to “新撰組で一番強かったのは!?最強に名を連ねる隊士達!!”

  1. 歴史の教師 より:

    ちょっと違うんだなぁ
    新選組最強の剣の達人は伊東甲子太郎なんだそうです
    自分の死の直前まで人を斬って剣を離さずに死んでいったそうです

コメントを残す

このページの先頭へ