おんな城主直虎に登場する近藤康用!井伊谷三人衆のドラマと史実の違いを考察してみる!

おんな城主直虎では、小野政次が徳川の首を狙っているとの讒言を家康らに申し入れ、最終的に処刑にまで追い込んだ近藤康用。

 

今回はドラマ内で徹底的に「憎まれ役」を貫くこの人物について考察してみます。

 

スポンサードリンク

史実での近藤康用

近藤氏はもともと遠江国の引佐付近の国人で、康用の祖父、満用の代に松平清康(家康の祖父)より宇利(現在の愛知県新城市東部)を与えられています。

しかし、父・忠用の代に清康が謀殺される事件が起きて松平家の勢力が減退すると、今川家に鞍替えします。

桶狭間の戦いで今川軍が敗退し、配下の国人衆が次々に離反していくなかでも、井伊家とともに今川に忠義を尽くす姿勢を続けていました。

 

近藤康用が今川を裏切って徳川についたのは武田信玄が駿河への進出を強化し始めた頃。

三河の徳川家康が今川勢力下の遠江へ力を伸ばし始めると、菅沼忠久、鈴木重時らとともに今川からの離反を決意します。

 

一方、武田・徳川の攻勢に対して、今川家当主だった氏真は、今川にもっとも忠義深いといわれた井伊家家老・小野道好(ドラマでの呼称は政次)に井伊家次期当主・虎松の殺害と井伊谷一帯の制圧を命じます。

虎松殺害は失敗したものの、井伊谷は道好の支配下におかれ、直虎含め井伊家の主だった人々が逃亡を余儀なくされました。

 

これに対して、家康は康用、忠久、重時ら徳川に味方する国人衆を先頭に井伊谷に侵攻。

小野政次を討ち、井伊谷を今川勢力から奪取することに成功します。

 

関連記事→政次ロスに注意!小野政次の最期と史実が伝える本当の姿!

 

康用らの行動は結果的に井伊家を助けることとなり、ドラマでも用いられている「井伊谷三人衆」の名はこれ以降呼ばれることになります。

 

「井伊谷三人衆」はこの後、徳川軍とともに各地を転戦し大きな成果をあげますが、康用自体は古くからの戦傷や高齢であることから既に歩行困難な状態になっており、実際は息子である秀用を従軍させていたようです。

井伊家に対しては特に否定的な態度をとっていたわけでなく、むしろ支えていたところが大きいともいえますね。

 

ドラマでの描かれ方

おんな城主直虎の中で、康用は直虎に対して否定的な態度をとり、その台頭に対して警戒している姿が描かれています。

また、その政治を支えている政次に対しては怨念に近いものをもって、何とか復讐したいと智謀をめぐらす人物という位置づけになっています。

 

龍雲丸一味による材木盗難への対処に不信感が芽生え、さらに仏像盗難(自作自演)で面子をつぶされたことへの逆恨みなどが積み重なっていったことを背景としつつも、「食うか食われるか」の戦国時代で、何とか自らの安寧を勝ち取りたいという強迫観念にも似た強い思いがあり、「復讐心」ということに重きをおいた描かれ方をしています。

 

また、史実では井伊谷を救った功労者という立場の康用も(他の井伊谷三人衆も)、ドラマでは逆に井伊家を苦しめる「悪党」としてクローズアップされています。

戦死した鈴木重時の子から読経を願われても素直に了承できない直虎の心情が描かれているエピソードからも、康用のみならず井伊谷三人衆に対する描かれ方は史実とはかなり違ったニュアンスとなっています。

 

康用の最期は

近藤康用は、史実では徳川の遠江進出に至る道筋をつくったのちに隠居。

1588年(天正16年)、井伊谷の地で死去したとなっています。

 

ドラマでは、復讐を果たして政次を処刑に追い込み、井伊家を窮地に追いやった康用は、続く堀江城の戦いにおいて脚に大きな怪我を負ってしまいます。

歩行困難・寝たきりとなってしまい、見かねた家臣が医療技術をもっている直虎ら龍潭寺の面々に助力を申し出てくる。

 

最初は気が進まない直虎だったが、昊天らに付き従い診察に赴き、その哀れな姿を見るにあたり治療を進めようとします。

しかし当の康用は直虎が自分を殺しに来たと思い、「わ、わしを殺す気か」と驚愕の声を上げる。

 

それに対し直虎は「……殺すつもりならば、このまま捨て置きます」と優しく言って治療を続けるという、戦国の世がいかにはかなく、無常なものであるか気づかせる重要なシーンとなっています。

 

これでドラマの舞台からは姿を消しますが、史実にある「隠居」とは異なり、「因果応報」のような最期を迎えます。

 

このように近藤康用は、ドラマと史実では大きく異なった人物像がみてとれます。

 

「波瀾万丈、絢爛豪華な人間ドラマ」を目指したという今作品においては、主人公直虎の人生を揺さぶる、あらゆるキャストが必要で、もともと史実でも井伊家とは縁がない康用を「悪役」として登壇させたのはある意味必然だったのかもしれません。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ