おんな城主直虎32話「復活の火」のあらすじとネタバレ!

虎松の危機を幼い子供の身代わりを使って切り抜けた直虎と政次。

32話では、ついに武田が動き出したという情報が入ります。

 

スポンサードリンク

第32話「復活の火」あらすじ

岡崎城で軍議を進めていた家康のもとに武田から書状が届いた。

武田の軍勢は十日で駿府への侵攻を開始するので、それに合わせて遠江に兵を進め、早々に掛川を陥落させてほしい、ということだった。

 

本多忠勝や石川数正ら重臣と軍の侵攻ルートを討議しているさなか、遠江方面の調略を行っていた酒井忠次が突如戻ってくる。

気賀に向かっていた忠次一行が何者かに襲撃されたというのだ。

恐らく今川方の者によるものだろうと推測された。

 

大沢、浜名周辺の国衆は今川への忠義が厚く、厄介であるとみられていた。

出来るだけ被害を少なくすべく、家康は陣座から井伊谷に至るルートを示した。

既に井伊とは申し合わせてあるので問題なく兵を進められるのではとの判断であった。

 

しかしここで忠次から意外な報告がなされる。

「今川が井伊を取り潰したらしい」

その夜、自室で瀬名にそのことを告げた家康。

 

井伊の状況について心配する瀬名に、今川の目付家老であった小野但馬守が井伊を乗っ取ったこと、後継ぎが斬首されたと話した。

瀬名にとって政次は母親を今川に差し出した小野の息子として、憎き対象でもあった。

あの男ならやりかねないとする瀬名に、家康は現在小野以外の井伊三目付を調略していると明かす。

 

井伊目付である菅沼忠久と同族である、配下の武将・菅沼定盈を通じて鈴木、近藤らを調略し、もって但馬を討ち取る算段をしているということだった。

だが、そこに井伊からの書状が届く。

 

井伊はまだ健在で、斬首したとする虎松の首は別人のものであるということ、政次とは既に今川を裏切り徳川に味方することを示し合わせていると書かれていた。

「いやいや、早う会ってみたいものじゃ」

 

家康は直虎に好感をもち、さっそく井伊へ了承の返信をする。

 

数日後、家康からの書状を携え龍潭寺に傑山が戻ってきた。

期待していた以上の回答を得て安堵する直虎。そこに政次が現れる。

 

関口がどうも武田に寝返ったらしく、手勢の多くが駿府に戻ったので身動きがとりやすくなったのだ。

もはや今川の衰えは誰の目にも明らかで、直虎らが進める井伊再興への道は一歩一歩実現に近づいているように思えた。

その夜、政次はなつにすべてが終わったら一緒になろうと告げる。

 

永禄十一(1568)年12月6日、武田軍1万が駿河目指して侵攻を開始した。

迎え撃つ今川の状況は混迷を極めていた。

拠点を次々に陥落し、武田軍は徐々に駿府へと迫っていた。

 

なかなか来ない北条の援軍にいら立つ氏真。そこにさらに絶望的な報せが入る。

今川の有力な武将が武田に寝返ったというのだ。その中にはあの関口も含まれていた。

強力な拠点である賤機山城も早々に武田に押さえられ、抵抗するには不利な今川館に立て籠るしかすべはなく、その運命は風前の灯となっていた。

 

同じ頃、武田の動きに呼応して兵を進めていた家康の許に、菅沼忠久、鈴木重時、近藤康用の井伊三目付が参集していた。遠江に攻め入った家康軍を先導するためである。

遠江地方の安堵する内容が記された起請文が渡され、その気前の良い内容にそれぞれが目を見はった。それでは花押を、という段になって近藤が異議を唱える。

 

切り取り次第に井伊の名が入っていない。

政次は従ったかのようにみせかけ、家康の首を狙っているかもしれないというのだ。

 

既に徳川と結んでいる井伊であるゆえ、攻め入るには及ばずというのが家康の考えだったが、いかに政次が油断ならぬ男であり、有力者を戦場に送っては亡き者にしてきた奸臣であったかを説く近藤の前に、それも揺らぎ始めていた。

とりあえず近藤らが先に井伊の前に出向き様子を確認してくるということでその場は収まったが、それこそ近藤が狙っていたことであった。

 

徳川勢が井伊谷城近くに姿を現したのは夕暮れ時だった。

狼煙があがったのを合図に、政次は徳川に城を明け渡すことを宣言し、残っていた関口の家来たちを拘束させた。

準備は整った。あとは開門して徳川軍を受け入れるだけだった。

 

門前で待つ直虎と直之の前に現れたのは、酒井忠次と、近藤だった。

肝心の家康の姿はない。

がさりと音がして近くの茂みから鼬が飛び出してくる。見に行こうとする直之を近藤が「イタチも見物に参ったのでしょう」と呑気な様子で止める。

 

一行の後には箱を積んだ荷車が続いている。その箱にはいくつもの不自然な穴が空いていた。

不審さを感じながらも、一行を門前まで案内する直虎。

 

「徳川の使者・酒井忠次と申す!開門せよ!」

「かしこまった!しばし待たれよ!」

 

政次の返答とともにゆっくりと開けられる城門。

 

その時先ほどの茂みに何かが光るのが見て取れた。

開けられた城門前には政次が一行の出迎えに参じていた。

 

「但馬!罠じゃ!門を閉めよ!」

 

茂みから一斉に放たれる矢。箱の中からは近藤の兵が飛び出してくる。

この日、12月13日。

今川館が焼け落ちたくしくも同じ日、井伊の命運は重大な岐路に差し掛かっていた。

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ