萩にある花燃ゆのロケ地に行ってきた!!

花燃ゆの世界に触れようという事で萩に行ってきました。

 

そして今回注目したのが花燃ゆのロケ地。

 

もちろん、城下町の面影が残り、沢山の幕末の史跡が残る長州藩の本拠地・萩でも撮影が行われました。

 

今回はそのロケ地を関連史跡も含めてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

花燃ゆのロケ地

 

萩でのロケは萩城跡の中にある、志都岐山神社で行なわれました。

 

この神社は毛利氏の中興の祖である毛利元就や隆元親子らが祭られていて、久坂玄瑞と文の出会いの場所(久坂がおみくじを引いていていたところ)として放送されています。

 

ロケ地として萩城が使われるだろうとは思っていたのですが、初っ端に登場するとは意表を突かれました(笑)

 

萩城は天守閣などの建物は残っていませんが、石垣などの遺構は良く残っていて、普段は人も少ないのでロケ地としては絶好のポイントだったようですね。

 

萩城

 

また、この萩城の横の海岸でもロケが行なわれていて、ここでは吉田松陰が砲術訓練をしているシーンで使われました。

 

この萩城の東側の海岸には土塀が復元されているのですが、周りに建物がないので当時の雰囲気を強く感じることができます。

 

ここに毛利家の『一に三ツ星』の軍旗が翻っていたシーンはカッコ良かったですね。

 

萩城東海岸

 

その他にも萩城内には、このように崩れた土塀など、幕末の雰囲気を残すものが沢山あるので、撮影場所には困りません。

 

萩城内

 

そしてもう1つ印象的なロケ地がこの鍵曲り。

 

hanamoyu_roketi

 

ドラマの初期に登場しています。

 

現地の方の話だと、ロケ当日はこの道を通行止めにして、アスファルトを砂で埋めて撮影がされたそうです。

 

この鍵曲りは旧田中別邸のそばにあるもので、当時の萩の街並みをとてもよく残しています。

 

 

この他にも写真は撮れなかったのですが、旧湯川家屋敷付近でもロケが行われています。

 

茨城県

長州の話なのに茨城県?

と思われるかもしれませんが、茨城県には野外セットが組まれているみたいですね。

恐らく、松下村塾や松陰たちの生家はスタジオにセットが組まれると思うので、このスタジオと茨城の野外セットが主な撮影場所となりそうです。

 

ちなみにスタジオのセットはかなり雰囲気がでています。

 

これからのロケ地予想

主な撮影はスタジオになると思いますが、まだまだ色々な場所でロケが行われる可能性があります。

 

萩で言うと、高杉晋作や木戸孝允の生家跡付近は、今も城下町の名残が沢山残っているので、ちょっとした小道なんかでも撮影が行なわれば面白いですね。

 

ただ、これからは物語は京都や江戸、群馬へと舞台が移っていくので、山口でロケが行われるとすれば、防府にある毛利博物館内の庭園や、高杉晋作の挙兵の地、功山寺なんかはあり得るんじゃないかと思っています。

 

毛利氏庭園

 

そんな事ばかり考えてたら、萩や防府や下関にまた行ってみたくなってきました。

 

本当に山口県民が羨ましいです。

 

お近くにお住まいの方は、ロケ情報などがあれば教えてくださいね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ