石川数正が豊臣秀吉の元へ出奔!いなくなって得(損)をしたのは誰だ?

石川数正は元々徳川家康の幼少期からの側近でしたが、小牧長久手の戦いの後に突如出奔。

長年仕えた徳川家を裏切って秀吉に仕えてしまいます。

 

その理由は諸説ありはっきりしたことはさっぱりわかっていませんが、これが徳川家にとって衝撃を与えたのは紛れもない事実。

秀吉と戦ったことは家康にとって一介の大名から天下人の勢力になるまでの大変革の始まりになりましたが、数正の出奔はそのきっかけとも言えます。

ところで、数正が出奔したことで徳川家は具体的にどのように変わったのでしょうか?

 

今回は数正の出奔によって得をした人物、損をした人物が誰だったのかを考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

石川数正の経歴

まず、石川数正の出奔までの徳川家中での簡単な経歴を見てみましょう。

 

 

石川数正(いしかわかずまさ)

1533年三河国生まれ

 

→家康が今川義元の人質になった際に一緒に従う(1547年?)

→今川氏真と交渉し人質だった家康の妻子を取り戻す(1560年)

→家老となる(1564年)

→西三河の旗頭となる(1569年)

→嫡男・松平信康の後見人として岡崎城に入城(1570年)

→信康切腹によって、岡崎城代となる(1579年)

→伊賀越え(1582年)

→家康の使者として秀吉と交渉(1584年)

→出奔、秀吉に仕える(1585年)

 

こうしてみると、やはり家康にとってはとても重要な存在だったことが分かりますね。

 

特に岡崎城代になっているところがポイント。

家康の側近集団の中では城持ちだったのは数正をはじめ数少ない人だけで、岡崎城は徳川氏本来の居城であることから地位も実質的に徳川家で5本の指に入るくらいだったでしょう。

 

では、数正はなぜ出奔したのか?

その理由ははっきりしていませんが、数正が出奔した後に立場が変わったと思われる人々を見れば、誰が一番得をしたのかということが分かります。

 

関連記事→石川数正が徳川家康を裏切って秀吉についた理由!!

 

井伊直政 =若輩ながらベテラン達を越える待遇を受ける=

数正の出奔によって徳川家は軍制を武田流に改めることとなりました。

この軍事改革のきっかけは数正が代々続く徳川流の軍制を取り仕切っていたから。

 

そのため、徳川家に代々伝わる軍制から武田流に変更するために重用されたのが井伊直政です。

直政が召し抱えたの旧武田家臣。

 

例えば井伊の赤備えは本来、山県昌景のものですが、実際に運用したのは直政であり、「井伊の赤備え」と呼ばれて戦国・江戸時代を通じて井伊家の誇りとなります。

 

関連記事→井伊直政が率いた赤備えって何?武田信玄の家臣から続く系譜を解説!

 

直政は小牧長久手の戦果を秀吉によって認められ、官位の上では主君の家康と並んで昇段を許される身分となりました。

これによって徳川家中でも随一の重臣となり、後の繁栄の基礎を築くこととなるのです。

ですがこれはもし数正がいたら時期が大幅にずれてしまい直政の活躍は全く別の形になっていたかもしれません。

 

酒井忠次 =派閥抗争を繰り広げた三河武士随一の老公=

酒井忠次もまた幼少期から家康に仕えていた重臣中の重臣。

血縁上でも家康の叔父にあたるため、家康はもちろん信長でさえも敬意を表して接するほどでした。

 

忠次の仕事は主に東海道にいる豪族や今川旧臣との交渉であり、東三河を治める立場にありました。

それに対する存在が石川数正で西三河を治める立場にあり、忠次と数正は最大のライバルでした。

 

数正は1570年からずっと岡崎城の松平信康の後見人として政治権力を握っていましたが、忠次は主に豪族のリーダーとして武功によって出世する立場でした。

 

三河武士はよく頑固な無骨者が多いといわれていますが、数正は背広組ながら家康の頭脳として武闘派の及ばないところをフォローする立場にありました。

そのため、忠次は年下に立場を奪われていたのです。

しかし、数正がいなくなったことで忠次は三河武士の中でも一番の立場を獲得することになります。

 

ただ、忠次は数正の出奔から間もなくして、眼が見えなくなって隠居してしまいます。

 

本多正信 =遅咲きの謀臣、立場を得るきっかけ=

家康は今川から独立して間もなく三河の一向一揆に頭を悩ませていました。

表向きは一向一揆ですが、実は門徒としての信仰と板挟みになった反家康派の反乱でもあります。

 

この時、正信は一揆衆として参戦。

家康に捕らえられた後に釈放されると、10年ほど諸国を流浪して再び家康のもとに戻ります。

 

しかし徳川家中での評判は最悪で、同じ本多姓の忠勝からは「同じ本多でもあいつだけは無関係」「腰抜け」、重次からもよく思われていませんでした。

榊原康政からも「腸の腐ったやつ」と言われています。

 

上記の人達は皆武闘派で一向一揆の際も改宗してまで家康についた忠義の臣、彼らからすれば正信はどっち付かずの腐った輩といった感じだったのかもしれません。

しかし、家康だけは正信の「腐った性根」を重用しました。

 

そして、その最初のきっかけになったのが数正の出奔。

数正は武功もありましたが外交等の責任者として武闘派が理解できない行動をとっていたため、家中で立場をなくしていた可能性もあります。

もしそうなら、正信は数正の後継者として批判を理不尽に批判を浴びる立場だったのかもしれません。

しかしそれがのちに家康の信頼を受ける一里塚となったのです。

 

もっとも、正信は自分が嫌われていたことをよく理解していたので、自分がもらった3万石以上の加増を生涯拒否するという慎重さも持ち合わせていました。

 

豊臣秀吉 =家康が欲しい時に棚からぼた餅=

突如家康のブレーンである数正を手に入れた秀吉ですが、秀吉はこの頃、家康に呼応して反秀吉に転換した土佐の長曾我部や紀伊の雑賀衆への対応に追われていました。

しかし彼らを従わせると家康はやむなく降伏を決断し秀吉の傘下に入ります。

 

この時、数正が家康の降伏に対しどのように貢献したのかはわかりませんが、秀吉から河内国8万石を与えらえ、のちに信濃国松本に転封となます。

 

数正は1593年頃に亡くなりますが、それまでに小田原征伐や朝鮮出兵に関わったような形跡はありません。

後の松本藩の祖とみなされる数正ですが、数正自身からすれば単に老後の心配を考えての行動だったのかもしれません。

 

秀吉が数正を意図的に家康から離して用いていたようですし、政治的な理由とはまた別に何か訳があったのかもしれません。

なお、数正の息子達はそろって秀吉に仕えており、のちに皆徳川に帰参しています。

 

徳川家康 =石川家の騒動に乗じて報復を考えた?=

幼少期からずっと苦楽を共にしてきた数正の出奔は、家康にとって大きなダメージだたと思います。

数正亡き後の石川家は、関ケ原の戦いで東軍についたことで所領を安堵されていますが、どうも家康は恨みっこなしで数正を送り出したわけでなく、石川家には何かしらの報復を考えていたようです。

 

松本藩で騒動が起きたとき、家康は石川家を改易しようとしたと伝わります。

ですが、当時の権力者・大久保長安と石川家が縁戚だったことから助けられます。

 

それから間もなく長安が病死すると、家康は長安に連座したとして石川家を揃って改易します。

かつての家臣とはいえ何かしらの報いを受けさせたかったのかもしれないですね。

まとめ

数正が何を考えていたのかはわかりませんが、組織の中で人1人やめるとなると案外大事になるという例をみている感じですね。

普通の武士ならさておき、家康社長にとっては数正常務の突然の退職は「お前の代わりはいくらでもいるんだぞ!」という気持ちにはなりきれなかったようです。

 

でも、立場が上の人ほど何かの拍子にあっさりと地位を失い悲惨な最期を迎えることも往々にしてあります。

明智光秀なんかはその最たる例ですが、数正は自分自身とりあえず余生をまともに過ごせた点では見事な処世術だったとしていいでしょう。

本当に、組織というのは何があるのかわからないところです。

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ