おんな城主直虎 29話「女たちの晩歌」のあらすじとネタバレ!

28話で徳川家と上杉家に手を組ませることを画策した直虎。

その一方で駿府では寿桂尼が危険視した人物の粛清が始まっていました。

 

スポンサードリンク

29話のあらすじ(ネタバレ注意)

上杉と手を結び戦さを止めるという考えはないかという手紙を傑山に託した直虎。

傑山が持ち帰った家康の返事は、すぐに返事はできぬが考えてみるというものだった。

 

しかしその後家康からの連絡はなく、今川家から寿桂尼が亡くなったという知らせが届く。

直虎は今川家が混乱している最中に亡くなった寿桂尼の無念を思い、経をあげる。

 

数日後、南渓和尚の知り合いの山伏・松下常慶が家康の返事を持ってやってくる。

常慶の話によると一旦は直虎の案が採用されたものの、同時に武田からも使者が来ており、結局は武田家と徳川家で今川領に攻め込むことに決したとのこと。

 

常慶「おそらく今年のうちに遠江には徳川が攻め入ることになろうかと。それでも井伊は今川方として戦うおつもりか?」

常慶「あの書状は明らかに今川にお味方する者のご意見。」

 

こう問われた直虎はとっさに徳川に味方する気でいると答えてしまう。

 

すると常慶は虎松の母・しのを人質として差し出す(常慶の兄に嫁ぐというかたち)ことを要求する。

今川の手前それはできないと拒絶する直虎。

常慶は直虎に考える時間を与え、その場を後にした。

 

「勇み足となってしまいましたな。」という政次。

政次は自分からしのに言うと申し出るも、直虎はののしりくらいは受けねばと、自らしのに人質の件を話すことを決意する。

 

しの「ようするに殿が大それたことをおやりになったせいで私を人質にと言う話になってしまったということにございますか。」

しのはそう言いながらも人質に出る覚悟は決まっていて、「致し方ありません」と素直に人質に出ることを了承する。

 

しかし翌日、虎松が「母上行きたくないと言っているので取り消してほしい。」と直虎に泣きついて来た。

一瞬訳が分からなくなり、しのの元を訪ねて本意を聞く直虎。

 

しのは虎松が当主になった際に人質の意味をしっかりと考えることができるように一芝居打ったことを明かす。

 

しの「私が嫁ぐということをうまく取引のお使いください。井伊家のためになるように。そしていつか虎松にその話をしてやってください。」

この言葉に直虎は涙をこらえて頷く。

 

スポンサードリンク

 

しのは自分が嫁いで井伊家の味方を増やすことは虎松のためであり、直親との約束でもあることを告げ、笑って送り出してほしいと虎松に頼む。

 

虎松「お行きになるまで毎晩虎松とともに寝てくだされ」

しの「もちろんですとも」

 

そう答えてしのは涙を流した。

 

後日、直虎は常慶にしのを差し出すことを伝えた。

そして戦さになり徳川が攻め入った際に城を明け渡すことを約束。

ただ、兵を出して加勢することもしないという条件をつけた。

 

今以上の領地はいらないので民百姓を一人も殺さない、これが直虎の考えだった。

常慶はこの条件を飲み、しのは松下家へ旅立っていた。

 

その頃、今川家では寿桂尼が残した策が始動し始めていた。

 

続き→おんな城主直虎 30話のあらすじとネタバレ!!

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ