おんな城主直虎 25話「材木を抱いて飛べ」のあらすじとネタバレ!

おんな城主直虎25話のあらすじです。

25話の「材木を抱いて飛べ」では龍雲丸や今川氏真と直虎の再会が描かれます。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎25話のあらすじ(ネタバレ注意)

龍雲丸の台頭

龍雲丸たちが井伊家を去った後、切り出していた材木の買い手が見つかる。

方休が言うには材木を買いたいといっているのは成川屋という気賀の店。

 

寺の普請用に集めていた材木が焼けてしまったのでその代わりを探しているとのことだった。

 

直虎は「少しでも高く売るように」と方休に指事してこれを許可。

全ての材木に井伊家の焼印を押して、一旦、気賀の中村屋へ運んだ。

 

すると直虎は中村屋で龍雲丸が多くの流れ者たちを集めて「龍雲党」という組織を作り、様々な仕事の請負をやっていることを聞かされる。

 

今川の策略

井伊の館に戻ると政次が「今川が気賀に城を築くという話が出ている」と直虎に報告する。

今川は塩止めを行なった結果、駿府から気賀に商人が流れてしまうのを食い止めたい様子。

 

「気賀は商人自らが統治を行うために今川に銭を払っているのだから、それでは道理が通らない。」という直虎に対し、政次は「力に訴えられれば受け入れるしかない。」と見解を示す。

 

そんな中、駿府から関口という重臣がやってきて、三河と内通した謀反の疑いがあるため駿府まで申し開きに来るようにと直虎に下知がくだる。

成川屋に売った材木が三河に流れていたという理由だった。

 

直之はこの無理難題に腹を立てるが、直虎は成川屋の件はあくまでも口実で、実際は信頼できる政次に井伊家を任せたいという算段があるのだと見抜き、これを解決する策を方休に授けた。

 

直虎が駿府へ立つと方休は材木を買い集める。

そしてそれでも材木が足りないとわかると龍雲丸たちの元を訪れ、成川屋が三河に送った材木を取り返して欲しいと頼む。

 

「できるわけない」と難色を示す龍雲丸の手下たちだが、「直虎様の首が飛んでしまうかもしれない」という言葉に龍雲丸あは協力を決める。

その頃直虎は、駿府に向かう途中の寺で毒薬を飲みんで駿府に向かうまでの時間稼ぎをしていた。

 

布団に寝込む直虎の額に手を当てる政次。

「俺の手は冷たかろう」という問いかけをすると、直虎は「うむ、血も涙もない鬼目付けじゃからの。政次は昔から誰よりも冷たい。」と返す。

 

今川氏真との再会

三日後、熱が下がった直虎は駿府に到着し、20年ぶりに氏真との対面を果たす。

「今日は鞠(まり)では落着せぬぞ。」と言い放つ氏真に対して、直虎は成川屋が三河と通じていたことは知らなかったと弁明。

 

患者と知らずに乗せられたのは自分のうかつであるとしながらも、このようなやり方では今川は真に忠義のあるものを失うと告げる。

 

その時、今川の家臣が井伊家の焼印が入った材木がこちらに向かっていると氏真に報告。

龍雲丸が間に合ったことを知った直虎は「これが井伊の忠義にてございます。」と胸を張る。

 

続き→おんな城主直虎26話のあらすじとネタバレ!

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ