おんな城主直虎24話のあらすじとネタバレ!

おんな城主直虎24話「さよならだけが人生か」のあらすじです。

家臣に加わると思われながらも直虎の元を去った龍雲丸たち。

 

そんな井伊家には武田家や今川家、松平家などとの外交問題が浮上してきます。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎24話のあらすじ(ネタバレあり)

龍雲丸たちと別れた直虎は生きるすべを持っていれば好きなよいうに生きていいけるのではないかと考え、方久や昊天を通じて、百姓たちに読み書きや薬草の知識、銭の取引などを教え始めた。

その噂は徐々に広まり、井伊には少しづつ人が増えつつあった。

 

そして駿府が荒れていると言う情報を得た直虎は、計画通り気賀で材木の商いを始めることに決め、中村屋と話しを進めるように方久に指示を出す。

その後、南渓和尚の部屋で直虎と政次が碁を打っていると、政次が新野家の桜に駿府から縁談の話がきたと告げる。

 

縁談の相手は太原雪斎の生家である庵原(いはら)家。

庵原家は今川家の重臣なので、国衆の離反を防ぎたいという今川の焦りがみてとれた。

 

一歩その頃、家康の居城である岡崎城には織田信長が訪れていた。

信長は家康が武田信玄と結ぼうとしているのではないかと疑いをかけるが、「めっそうもないことです」と家康は縮み上がっている。

信長は「余の言う通りにしておけば駿府はそなたの手に落ちよう」と言い残して去っていった。

 

関連記事→織田信長ってこんな人!宣教師が書き残した信長の性格と人柄!

 

息子の竹千代の寝顔を見ている家康。

そこに瀬名がやってくる。

 

家康は武田の姫を迎えようとしていたことや、信長の怖さなど、岡崎では言えない愚痴を瀬名にこぼす。

瀬名は何度同じ話をしているのかと呆れながらも家康を励まし、家康も次第に気が晴れていく。

 

「そろそろ戻る」という家康に瀬名は「井伊のことはどうかお忘れなさいませぬよう。」と念を押す。

 

スポンサードリンク

 

新野の屋敷を訪ねて桜に縁組の話をする直虎。

桜は名家に嫁ぐということで不安を隠せない様子。

 

直虎は南渓和尚に頼んで、前もって桜の結婚相手と会うことを決める。

数日後、南渓和尚と直虎は庵原助右衛門朝昌(すけえもんともまさ)と対面。

 

朝昌が話す内容や佇まいから、直虎は朝昌が骨のある人物だと確信する。

 

館に帰って桜に庵原に会ってきたことを話す直虎。

「真っ直ぐで気骨のある若者であった」という言葉に、桜も決心を決める。

 

侍女のたけの姿が見えないことに気づいた直虎は祐椿尼にたけの所在を尋ねる。

するとたけは直虎に内緒で里に帰ったと知らされる。

 

部屋を飛び出して馬で追いかける直虎。

たけに追いつくと「われの元を去るなど許さん。」と引き止める。

 

しかしたけは「乳母1人とは言えきちんと役に立つものをお召し抱えになるべきかと存じます。最後に1つくらい私の言うことを聞いてくださいませ」と言って館に戻ることを拒む。

 

最後くらいは自分の手で送り届けよう。

そう思った直虎はたけを馬に乗せて里まで送る。

 

館に戻った直虎は桔梗と北条家との縁談を取り持ってほしいと政次に依頼する。

北条は今川の唯一の味方。

これには良い考えだと政次も賛同する。

 

数日後、直虎が館にいるとたけにそっくりな侍女が現れる。

祐椿尼によると、侍女はたけの姪の梅という人物で、たけが自分のあとを頼んだとのことだった。

 

井伊から駿府へ桜が嫁いでいった頃、徳川の嫡男・竹千代の元に織田から徳姫が輿入れ。

それに伴なって、瀬名も岡崎城に入った。

 

そして井伊家では桔梗と北条氏照の家臣・狩野一庵の息子との縁組が決まり、中村屋から材木の売り先が決まったという嬉しい知らせが入っていた。

 

続き→おんな城主直虎25話のあらすじとネタバレ!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ