おんな城主直虎21話のあらすじとネタバレ!

おんな城主直虎21話「ぬしの名は」のあらすじです。

方久たちと気賀の町にやってきた直虎。

 

直虎はこの町である事件に巻き込まれ、その過程の中で井戸で水浴びをしていた男(龍雲丸)と再会を果たすことになります。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎21話のあらすじ(ネタバレあり)

気賀を訪れた直虎一行は中村屋の主人・与太夫を訪ね、綿布の商いについての教えを請う。

与太夫から話を聞いた後、直虎達は気賀の店先で南蛮から来た襞襟(ひだえり)という商品を見つけ、釘付けになる。

 

襞襟を試着してみる直虎。

そこへ子供がぶつかってきて、何も言わずに逃げてしまう。

 

直虎「銭入れがない・・・」

 

先ほどの子供に財布をすられた事に気づいた直虎は子供を追いかけて追い詰めるも、背後から誰かに殴られて意識を失ってしまう。

 

寒さに身震いがして目を覚ました直虎は、地下牢のような場所に監禁されていた。

そしてそこに現れた男、それが井戸で水浴びをしていた龍雲丸だった。

 

龍雲丸は盗賊団の頭。

今後、直虎をどうするかを子分たちと話していると、以前揉め事を片付けてやった店の女将が「中村屋が人探しをしているようなんだよ」という情報を持ってくる。

 

龍雲丸は子分のカジと顔を見合わせ、直虎の使いみちを思いつく。

 

スポンサードリンク

 

明け方、直虎が行方不明になったという情報が六左衛門によって井伊に届けられると、館は大騒ぎとなった。

そして方久が持ってきた中村屋に届いたという書状をみると、直虎と引き換えに百貫を絵図の示すところまで持ってくるようにと書いてあった。

 

「とりあえず銭を払うと返事をしては?」という政次に対して、「かようなものに屈しては武士の名折れじゃ」と反対する直之。

政次は「銭を渡す時に必ず人が来るのでそこを捕らえればいい」と冷やかに返す。

 

結局、政次の策を採用することになるが、政次は「和尚様に頼んでおくか」と裏でも手を回す。

 

一方、捕らわれていた直虎は一瞬のすきをついて短剣を奪い、子供を人質にとって自分をここから出すようにと龍雲丸を脅していた。

しかし、本気で子供を殺せないことを見透かされて失敗。

 

龍雲丸「これが尼さんのすることかよ」

直虎「うるさい。なぜ賊などしている?知恵も回るしからだも丈夫そうなのだから働き口はいくらでもあるだろう」

 

という直虎の言葉に対して、龍雲丸は「領主なんて泥棒も泥棒、大泥棒じゃないか」と言って出ていってしまう。

 

翌日、直虎は引き渡しの小屋へ連れて行かれた。

その途中で直虎は龍雲丸の子分に、昨日の龍雲丸の言葉の真意をたずねた。

 

男は「百姓の作ったものを召し上げている領主は泥棒と同じ。領地も元々領主のものではないので、何代も続く由緒正しい大泥棒みたいなものだ」と答える。

 

再び気を失わされて引き渡し小屋に捨て置かれる直虎。

直之が手勢を小屋の周りに潜ませて、銭を持って小屋に突入すると、そこには直虎の姿しかなかった。

 

スポンサードリンク

 

これでは銭が渡せない・・・。

実は龍雲丸達の狙いは銭ではなく、直之たちが小屋に来る途中の山道に繋いでおいた馬だった。

 

馬に近づいて盗もうとする龍雲丸達。

しかし、隠れていた傑山が賊に矢を放って退散させる。

 

ここで政次が南渓和尚に頼んでおいた策が功を奏した。

 

館に戻った直虎は賊の正体を直之たちには知らせず、今後は賊にも関わらないと告る。

そして部屋に戻ると、高瀬に「武家は泥棒じゃと思うたことはないか?」と問うた。

 

高瀬「おらたちの手で食べ物をつ売っているのに、おらたちの口には入らねえ。奪われておると思うたことのねえ者はおらぬと思います。」

 

この言葉を聞いて直虎は考え込んでしまう。

 

その時、方久が訪ねてきて井伊の木を切って木材を売るという商売の話を持ちかけてきた。

着眼点はいいが木を切る人材がいない・・、そう思った瞬間に直虎はあることを思いつく。

 

直虎は南渓和尚の力を借り、龍雲丸と再び会う手はずを整えていた。

場所は井伊谷と気賀にの間にある寺。

 

そこで直虎は1人で龍雲丸を待っていた。

そこにやってきた龍雲丸に対して直虎は、「井伊は材木を商うつもりじゃ。その木を切る役目をそなたたちで請け負う気はないか?」と持ちかける。

取り分は直虎が7で雲龍丸たちが3。

 

龍雲丸「なぜこんな申し出をする?」

直虎「たしかに武家は泥棒かもしれんと思うた。じゃがそれを認めるのは御免じゃ。ならば泥棒と言われぬ行いをするしかないではないか。己のためじゃ」

 

そう言い切る直虎に、雲龍丸は「よろしく頼みまさぁ、直虎様。」と頭を下げる。

 

直虎「頭、名はなんというのじゃ?」

龍雲丸「龍雲丸だ」

 

こうして龍雲丸たち一行は井伊にやってきた。

 

続き→おんな城主直虎22話「虎と龍」のあらすじ。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ