おんな城主直虎・15話のあらすじとネタバレ!

瀬戸と祝田の徳政令や、今川の命令を無視し続ける直虎に対して、駿府に来て申し開きをするようにとの命令が下ります。

これは井伊直親や直満が処罰された時と同じ展開。

 

果たして直虎は駿府に行くのか?

それとも、言葉巧みに駿府行きを回避するのでしょうか?

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎・15話の簡易あらすじ

  • 直虎に対して駿府まで申し開きに来るよう今川家から下知が下る
  • 決死の覚悟で駿府行を決断する直虎
  • 家臣の中野直之に駿府までの警護を頼むも、まさかの拒否
  • 頼りになる龍潭寺の僧たちを警護に、駿府城に向かう

 

15話『おんな城主対おんな大名』のあらすじ(ネタバレ注意)

小野政次が今川家からの書状を持ってきた。

『瀬戸・祝田の徳政、再々にわたり命に従わぬ理由について、駿府まで直虎様が申し開きに来るようにとの仰せにございます』

 

直虎の全身から血の気がひいてゆくが、政次は淡々と続ける。

『行けばどのようなことが待っておるのかは、重々おわかりのことと存じます。駿府へ行かずとも済む手立てはただひとつ』

 

小野政次を虎松の後見と認めること。

直虎はここではっきり腹をくくる。

『では、申し開きに参るしかなかろうの』

 

同座する六左衛門と方久が息をのむ。

『わかりました。ではお供いたしますゆえ、出立の日などのちほどお教えくださいませ』

 

表情を動かすことなくそう告げて、政次は退席した。

直虎が大きなため息をもらす。

 

中野直之が同行拒否

『病だと、引き延ばされてはいかがにございますか』

『病がちな者に後見などできぬと、首をすげかえる理由を与えるようなものじゃ』

『では身代わりの影武者を立てては?』

『顔が割れておる』

 

向こうの影の総大将は寿桂尼だから、こちらがおなごとて、容赦はしないだろう。

逃げも隠れもできず、駿府へ出向くほかにない。

『行くとなれば、せめて守りは固めたい』

 

今はへそを曲げ屋敷に引っ込んでしまっているが、武人として誰よりも信頼できる直之を同行させたい。

直虎は直之に同行するよう、六左衛門を使いにやる。

 

ほどなく六左衛門が直之を同道して戻った。

直之は直虎の顔を見るなり言った。

『すぐに後見を降り、駿府の言うことをお聞きなされ。直親様のご最期をお忘れになられたのか!あの二の舞となればどうするおつもりじゃ!』

 

そうならぬよう、直之の同行を求めているのだが、直之は直虎に指先を突きつけて言い放った。

『共の者を犬死にさせるおつもりか!殿が駿府へ行く、ずらずらと人がついていく。その先には犬死にしかなかろうが!これ以上、井伊から人をなくしてどうするおつもりか!後見を降りると言え!』

 

余りの語調の荒さに、直虎はかっと目を見開き、眉を吊り上げる。

『誰に向かってものを言うておる!』

 

さすがに黙り込んだ直之が、しばらくのち、わかった、とつぶやく。

『勝手になさるがよい。おなごの浅知恵にはつきあいきれぬ』

『負けることしか考えぬ、おなごの腐ったような男など願い下げじゃ!』

 

直之は憤然として立ち去り、六左衛門は慌ててそのあとを追いかけて行った。

直之以外に武士団を率いる力量のある者はいない。

多くの供を危険を承知で同行させるのもためらわれる。

 

結局、直虎の警護は、傑山、昊天ら龍潭寺の腕利きの僧を中心に組織されることとなった。

 

スポンサードリンク

 

駿府への出立

出立の前夜、直虎は寺の井戸端にある、橘の木に向かって話かける。

橘は井伊の家紋に用いられている花だが、木に向かって話かけるなど初めてのことである。

 

『直親……。因果なものでな。明日われも駿府に申し開きに行くことになった』

 

味方もほとんどおらず、心細いのか。

直親と同じ目にあうことを恐れているのか。

『いざとなれば尻尾を巻いて帰ってくるつもりではあるが。できれば道中、守ってくれればありがたい……』

 

その時風が吹き、直虎に応えるように、橘のさわやかな香りが揺れた。

直虎は何がなし安堵し、井戸端を離れた。

 

初夏の日、家内には知らせずお忍びに近い出立である。

見送るのは六左衛門と、祐椿尼のみ。

『それがしは、己が情けのうございます。中野殿は説得できず、殿をむざむざ駿府に向かわせ……』

『おなごを手にかけるほど、今川も落ちぶれてはおるまい』

 

強いて明るくふるまい、直虎は母に顔を向ける。

『では、母上』

『直虎。まずいと思ったら変な意地を張らず、すぐに逃げ帰るのですよ。約束ですよ』

『……はい。では行ってまいります』

 

旅の前途、どこで何が待ち受けているかわからない。

地面を強く踏みしめて、直虎は歩き始めた。

 

続き→おんな城主直虎16話のあらすじとネタバレ!

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ