おんな城主直虎・14話『徳政令の行方』のあらすじ(ネタバレ注意)!

瀬戸方久に対する膨大な井伊家と領民の借金。

徳政令を出せば領民は救われても井伊家が窮地に陥るということで、直虎は打開策を考え始めていました。

 

そんな時に飛び込んできたのが領民が今川家に、直接徳政令の発令を願い出たという情報。

井伊家を飛び越して、直接今川家に働きかけられるということは、井伊家の支配能力を疑われる事態でした。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎・14話の簡易あらすじ

  • 領民が井伊家を飛び越えて今川家に徳政令の発布を直訴
  • 領民を扇動したのは小野政次の井伊家乗っ取り計画だということが判明
  • 徳政令発布は回避されるも、井伊家の内紛が直虎をさらに窮地に追い込む

 

詳細あらすじ(ネタバレ注意)

今川家への直訴の詳細を聞いた方久は落ち着き払って直虎に説明をする。

 

徳政令が出されれば、瀬戸村と祝田村の民は喜んで今川に心酔する。

すると両村は誰が治めることになるか?……要するにこれは民の訴えを隠れ蓑にした、小野政次の乗っ取りなのではないかということだった。

 

方久の読みは当たっていた。

政次は瀬戸村を所有する新野家の娘と、祝田村を所有する虎松の母・しのを抱き込みにかかっていた。

 

『虎松様の後見をお任せいただければ、必ずや村はお返しいたします』

 

そしてしのから一筆をとり、徳政令を出すようにとの今川家からの朱印状を入手。

中野直之、奥山六左衛門の両重臣をも抱き込んで直虎を追い詰める準備を整えていた。

 

次の評定の場で家臣から追い詰められたかに見えた直虎だったが。

直虎の方でも、方久と南渓と練った筋書きが用意されていた。

 

弱り切った様子の方久(実は芝居なのだが)が口を開く。

『やはりいきなり私が所有するというのは風当りが強いかと、瀬戸・祝田の土地を龍潭寺に寄進してしまったのでございます』

 

直虎は今川家の「仮名目録」を取り出して、『これによると、確か寺領に関しては「守護不入』とあったはず……』不入とあれば、さしもの今川も手が出せない。

にらみつけるような目で直虎を見る政次。

 

『今川のお沙汰をはねつけるとおっしゃるのですか』

『そうではない。奇しくも発布ができかねる様子となってしまっておるというだけのことじゃ』

『……なるほど、では駿府へはその事情を申し上げ、お返事といたしましょう』

 

政次が退出したあと、今度は直之がかみつく。

 

『今川よりの徳政があれば百姓は静まり、そこなる商人も井伊に返済を迫ることもできなくなりましょうに』

『あれをのめば、結局瀬戸も祝田も但馬(政次)の土地になる。方久に土地を預けるのはこれからの井伊のためなのじゃ』

 

さらに直虎は言葉を継いで、

『今の井伊には金もなければ人もおらぬ。なんとかするためには、裸一貫から成りあがった方久のような者の才覚が、新しいやり方が要るのじゃ』

『その者と、男女の仲でもおありになるのか?とにかく瀬戸と祝田を返していただかぬ限り、われらは但馬を後見に望む』

 

そう言い捨てて直之と六左衛門はその場を去る。

 

スポンサードリンク

 

亀の助けで救われるも、直虎の窮地は続く

その翌日、方久が誘拐され脅迫状が届くという事件が起こる。

百姓によって書かれたと思われる、間違いだらけの文には

『今川の徳政令を受け入れると記したものを神社に届けよ、さもなくば、方久の命はない』

 

これも政次の仕業だ。

百姓からの信頼が厚い禰宜(ねぎ=神職)を使って百姓を操り、このようなことをさせているのである。

 

直虎は百姓たちと話をしようと村を訪れたが、人っ子一人いない。

領主への抗議行動「逃散」に違いなかった。

 

疲れ果てて神社に向かうと、紙や硯など文をしたためる道具が一式揃えて置かれていた。

怒りと悔しさに震える手で徳政令発布の一文を書き終えると、どこからともなく一匹の亀が現れ、書状の上に居座って動かなくなってしまう。

 

『これ、どけ、亀。……亀』

 

手足を踏ん張り動かぬ亀の姿は、まるで直親の意思を伝えているかのようである。

『……これは違うか、亀。われも違うと思う』

 

直虎は書状を二つに裂いた。

だが、このままでは何も解決していない。

館への帰路、直虎は苗代に田植えに最適な大きさに成長している苗を見る。

 

翌日、直虎は傑山と昊天、寺の小坊主を引き連れ瀬戸村に向かう。

苗がこれ以上育つと田に根付きにくくなるため、どこかに隠れている百姓たちも焦っているはずで、直虎たちを見ればきっと戻ってくるに違いなかった。

 

田植えを始めてまもなく、何人もの百姓があぜ道に立っていた。

甚兵衛は握った拳を振り上げて言う。

 

『直虎様は借金のかたに方久に瀬戸を売ったんでぇ。かような狂言でわしらがほだされるとお思いけ!』

土地を方久のものにすることで年貢が方久に入り、返済を猶予させるという方策について直虎は説明したが、借金がなくなる訳ではない、やはり徳政の方がいいと百姓たちはざわつく。

 

目先の話ばかりするな、と直虎は一喝する。

『方久は欲深なれど、村を任せればそなたらがより潤い、おのずと借りが返せるような仕組みを作ると言うてくれた』

『そんだって、そんだって禰宜様は――』

『われと禰宜と、どちらを信じる!まず村を潤し、それは方久を潤し、やがては井伊を潤す。われは皆とそんな風に井伊を作っていきたいと思うておる』

 

直虎の真摯な言葉に百姓たちはひとり、またひとりと田に足を入れやがて皆一列になって田植えを始める。

いつ来たのか、六左衛門も泥だらけになって加わっている。

直虎は安堵からか目を潤ませていた。

 

翌日直虎は改めて百姓たちと話の場を設ける。

何か望みはないかと聞くと、若い百姓から字を教わりたいと申し出があった。

それについては南渓に頼んでみる約束をする。

 

問題になっていた土地の問題は、新野、しのそれぞれに祐椿尼の所領、川名の一部を渡すことで決着を図ろうとしたが、しのは強硬な態度を変えようとしなかった。

 

そして最大の問題は、徳政令発布の沙汰を無視された今川家の反応である。それは最も恐れていた形で直虎に襲いかかってきた――。

 

続き→おんな城主直虎・15話のあらすじ

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ