おんな城主直虎・11話のネタバレと詳細あらすじ!

松平元康の裏切りによって自害をさせられることになった瀬名。

 

寿桂尼の怒りが収まることはなく、万事休すかと思われたその時、元康の家臣・石川数正が馬を飛ばして現れます。

 

スポンサードリンク

おんな城主直虎11話の簡易あらすじ

  1. 松平元康が人質交換で瀬名と子を救い出す。
  2. 直親が今川側の謀略に嵌められる。
  3. 松平の助力が叶わず、直親が今川家へ申し開きに行くことを決める。

 

11話「さらば愛しき人よ」のあらすじ(ネタバレ注意)

龍泉寺に連行される瀬名を次郎は懸命に止めようとする。

そのとき、騎馬武者が立ちはだかった。

 

『松平元康が家臣、石川数正と申す!』

 

元康は瀬名と我が子の助命のために、捕虜としていた鵜殿長照の二子と人質交換をするという提案をしてきた。

この策が実り、瀬名と竹千代、亀姫は岡崎へ送られることに。

 

しかし、瀬名の母・佐名とその夫は、娘婿の謀反のかどで自害を命じられ、自邸で果てた。

 

次郎が井伊谷に戻って数日後、次郎に見知らぬ山伏が訪ねてくる。

松平元康からの使いだと告げ、進物と書状を置いて、瀬名を助けてくれた礼だと述べる。

 

書状の内容は直親を鷹狩りに招きたいというもので、直親はそれを政次にも読ませる。

 

『かようなものを目付に見せどうなさるおつもりで。内通するぞと言っておられるようなものではないですか』

『だから最後は政次に決めてもらいたくてな』

 

今川はもう立ち直れまい、ここらで松平と接触しなければならないだろうというのが直親の考えである。

政次も同意したので、招きに応じる旨の書状を書いた。

 

日をおかず、国境に近い山寺で元康との密談を果たした直親は、結果に満足して井伊谷に戻った。

 

元康は直親に会うなり手を取って『この元康、井伊のためなら向後どのようなお力添えも惜しむまいと思うております!』と伝える。

直親に差し出された元康の手にはやけどの跡があった。

 

直親は寺の井戸端で政次と話し、元康の話から、ふと話題を変える。

 

『政次は嫁をもらわぬのか?』

虚をつかれた表情の政次に、松平家との間で縁組みを結ぶ話も出たことを話す。

 

『今川の下から脱すれば、次郎の還俗はすぐさまできるわけじゃが……。そうなればお前と一緒になるのがよいのではないかと思うておるが』

『次郎様がお望みにはならぬでしょう』

 

背後で音がして次郎が現れる。

今の話は聞かれていなかった様子だ。

 

直親はすぐさま話題を変える。

子どもの頃の話に三人の表情はなごむ。

 

しかしこれが幼馴染三人で顔を合わせる最後の時となった。

 

後日、次郎の元に常慶という南渓の知人の山伏が訪ねてくる。

松平元康からお礼の品を持ってきたという。

 

先日、元康からのお礼の品はもらったはず・・・。

ここで次郎が先日の山伏は今川の差し金だったのであったことに気づく。

 

駿府にご機嫌伺いに行った政次は、寿桂尼の前で凍りついていた。

寿桂尼の手には、直親直筆の書状がある。

松平家宛てに書いたものに間違いない。

 

『そちらの殿が書かれたようであるが、松平と鷹狩りに行かれたのか』

『存じ上げませぬ。しかも殿の筆とは少し違いますような』

 

寿桂尼が手を鳴らすと、「手にやけどの跡」がある男が入ってくる。

その瞬間、政次の脳裏に亡父の言葉が蘇る。

 

――お前は必ず、わしと同じ道をたどる。

 

スポンサードリンク

 

今川家の罠、直親の窮地

『今川の仕掛けた罠……?』

『おそらく井伊は試されたのじゃ。裏切る前にその芽は摘んでおこうとな』

 

直親は松平家に助けを求めようと考える。

直親が書いた直訴状を携え、南渓、常慶、次郎は三河の岡崎城へ急行した。だが――。

 

『合力することはできぬと……今、兵を出す余力は松平にはござらぬとのことにございます』

次郎は怒り、瀬名にも懇願したが瀬名も自分では役に立たないと断った。

 

なすすべもなく、次郎たちは井伊谷へ帰る。

直親は申し開きに来るようにという今川家の下知に従い、駿府へ行くことを決意していた。

 

誰もが十八年前、駿府に呼ばれ誅殺された直親の父・直満の事を思い出していた。

同じことが起きようとしている。

 

自室に戻った直親は、虎松を抱くと、虎松が生まれてから寺の枯れ井戸に水が湧き出たことをしのに話す。

『この子はきっと、ご初代様の生まれ変わりだと思うのだ。井伊をよみがえらせる……お前が生んだのは、そういう「ただならぬ子」だと思うのだ。虎松を頼むぞ』

 

しのはその場に泣き崩れた。

 

落胆した次郎が龍潭寺にもどると、直親が待っていた。

直親は次郎にわび、経を唱えてくれるよう頼むが次郎は断る。

 

寺の鐘の音が響き渡ると、直親は次郎を力強く抱き寄せる。

『戻ったら、一緒になってくれ』

 

次郎は去りゆく直親の背に向かって叫ぶ。

『待っておるからな、亀!何をしても……どんな卑怯な手を使っても、戻ってくるのじゃ!』

 

続き→おんな城主直虎12話のあらすじ

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ