井伊直親の正室・しの!直虎に嫉妬し続ける直政の母親とは?

井伊直親の妻・しのは井伊家の家臣である奥山朝利の娘で、井伊家に戻ってきた直親の正室となり井伊直政を生みます。

 

しかし、しのは直親の幼馴染である直虎の存在が常に気になり、時には逆恨みとしか言いようがない感情を直虎にぶつけるといった性格。

 

おんな城主直虎には直虎の母の千賀(財前直見)やなつ(山口紗弥加)のように、しっかりとした武家の娘の考え方を持った女性が登場しますが、しのはそんな中でも異色なほどに感情的でヒステリックな女性です。

 

直虎に対して異常なまでの嫉妬心を抱くしのとはどんな人物だったのか?

歴史上の記録はほぼ残っていませんが、大河ドラマの中で貫地谷しほりさんが演じる憎まれ役の性格について迫ってみましょう。

 

スポンサードリンク

「しの」の性格とその生涯は?

しのは出家して直親の妻になれなくなった直虎に代わって直親の正室となる人物。

井伊家の家臣である奥山朝利の娘で、小野玄蕃に嫁いだなつの姉にあたります。

 

しかし、次期井伊家の当主である直親の正室となった後も、直親と直虎の絆の深さを目の当たりにして自信をなくしてしまうという何とも面倒な性格。

 

自尊感情が低く、「自分が不幸なのは(上手くいかないことがあるのは)全て直虎がいるからだ」という考え方をしてしまいます。

現代でもたまにこういう人を見かけますが、このタイプの人はとにかく逆恨みや嫉妬が凄いですよね・・・。

 

しのも例に漏れず、

 

  • 子供ができないのは直虎が呪いをかけているからor薬を盛っているからだろうがぁぁああ~。
  • 直虎に乱暴されたぁぁぁああ!子供が流れるかもぉぉぉおお~!
  • 直親が側室を持つというから家出して自害するわぁぁああ~。
  • 直親が今川に討たれたのは全部直虎が悪いんじゃぁあああ~!

 

と、直虎に対して気持ちくらいに逆恨みの感情を爆発させます(笑)。

 

もちろん、直虎は複雑な感情がありながらも直親やしののためにと思って行動している訳ですが、コレがしのにはなかなか理解してもらえません・・。

 

反対に、直親との関係が修復されて子供(後の井伊直政)を授かると、一気に表情が晴れやかになるなど、非常に感情の振れ幅が大きな性格。

大河ドラマには良妻賢母な女性が多く登場しますが、しののパートだけは昼ドラのような展開になっています。

 

スポンサードリンク

 

男性は自分の奥さんや彼女がこんな女性だったら、さすがに疲れますよね~。

ただ、しのはおんな城主直虎の中ではスパイス的な存在として、しっかりと物語に食い込んでドラマを盛り上げています。

 

しのに関するが記録が残っていないので実際にはどういった人物だったかは不明ですが、直親が亡き後には直虎のすすめによって再婚をしているので、寿桂尼や直虎のように男性に代わって政治をするといったような人物ではなかったようです。

 

しかし、直親と結婚するもすぐに直親は今川に討たれ、さらに父親である奥山朝利も小野政次に殺害されているので、しのも歴史に翻弄され続けた女性だと言えます。

 

直虎の時代の井伊家は本当にどん底の時代。

井伊直平直盛直親、直満、小野玄蕃、奥山朝利といった男性陣だけでなく、瀬名佐名などの非業の最期を見ると、小国の辛さがよく分かります。

 

ただ、しのが産んだ井伊直政が徳川四天王にまで登りつめ、井伊家を彦根の藩主にまで押し上げたことを考えると、しのが直親の正室となったことが、すべての始まりだったとも言えるかもしれません。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ