井伊直平の娘・佐名の今川家での人質生活と瀬名との決別!

井伊家から今川義元のもとへ人質として出され、今川家臣に嫁いだ佐名。

井伊直平の娘でありながら、人質や政略結婚を経験しているために、井伊家に対しては複雑な思いを抱いている人物です。

 

今回は、この佐名の生涯と最期についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク

瀬名の母親・佐名とは?

佐名は井伊直平の娘で、井伊家の家系図によると南渓和尚の姉にあたる人物。

直平が今川との戦いに敗れて軍門に降った際に、人質として今川義元の側室になっています。

 

しかし、その後に今川家臣の関口に嫁ぎ、後に松平元康の正室となる瀬名(築山殿)を産んでいます。

 

一度は今川義元の側室になったものの再び家臣のもとに嫁がされるというのは、佐名にとっても悔しい出来事だったのではないでしょうか?

この辺りは立場の弱い井伊家の娘に生まれた悲劇といえるかもしれません。

 

ただ、おんな城主直虎の中でも描かれていますが、井伊家や南渓和尚に対してはいい印象を持ってはいないものの、何かあるたびに井伊家のために奔走しています。

 

直虎(おとわ)が今川の人質になりそうな時に、南渓和尚の頼みを聞いて寿桂尼に口添えをしたのも佐名でした。

そういった意味では、井伊家のためにしっかりと今川とのパイプ役を果たしていると言えますね。

 

松平元康の裏切り

佐名の子供である瀬名は松平元康(徳川家康)に嫁ぎ、後の徳川信康を生みます。

そして、瀬名が家康に嫁いだことで井伊家と徳川家の縁がつながり、井伊直政が徳川四天王の筆頭に登りつめるきっかけができたと言われています。

 

そう考えると、井伊家にとって瀬名はとても重要な役割を果たした人物だということが分かります。

ただ、瀬名が家康に嫁いだことは佐奈にとっては悲劇の始まりでした。

 

徳川家康は今川家の家臣でしたが、今川義元が桶狭間の戦いで亡くなってからは、織田信長と同盟を結び今川氏真に反旗を翻します。

 

佐名は今川家臣の関口氏の妻。

瀬名は徳川家康の妻。

 

つまり、親子で敵味方に分かれてしまうことになるんですね。

佐名はこのことを予見して、南渓和尚に今川館で人質となっている瀬名と竹千代を井伊家で匿ってほしいと願い出ますが、この申し出にはさすがの南渓和尚も返事に困っていました。

 

結局、徳川家康が今川を裏切って上ノ郷城を攻め、寿桂尼の孫である鵜殿長照(うどのながてる)を自害に追い込んだことで寿桂尼の怒りが爆発。

 

今川館に捕らわれていた瀬名と竹千代、亀姫は成敗されることが決まります。

 

スポンサードリンク

 

瀬名との別れと佐名の最期

直虎は何とか瀬名や竹千代を助けようと奔走しますが、解決には至らず、瀬名たちの自害の日がやってきます。

 

しかし、ギリギリのところで駆け込んできたのが徳川家康の家臣・石川数正。

石川数正は鵜殿長照(うどのながてる)の子供を捕らえているので、瀬名や竹千代と人質交換をしようと持ちかけます。

 

この数正の働きで瀬名と竹千代は窮地を脱出。

徳川家へ戻ることになりますが、ここで今川に残る佐名とは決別することになります。

 

徳川の領地である岡崎に行き、敵同士となる瀬名に「迷わず今川の領地を手に入れなさい」と告げる佐名。

 

これが今生の別れとなり、瀬名が岡崎に発ったあと、佐名と関口氏は娘婿である家康の謀反の責任をとるために自害させられています。

 

井伊家から今川の人質になり、今度は娘婿が今川を裏切ったことで最期を迎えることになった佐名。

まさに戦国の世に翻弄された女性といえるかもしれません。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ