石垣原の戦い!!井上九郎右衛門と吉弘統幸(的場浩司)の一騎打ち!!

軍師官兵衛の話題は一旦終了するとお伝えしたのですが、終盤に近づくにつれて盛り上がりを見せているので番外編です。

 

今回、注目したのは高橋一生さん演じる井上九郎右衛門。

 

正直にいって黒田家の中で1番オーラをまとっているキャラクターだと思います。

 

ドラマの中では、仁徳の栗山善助(濱田岳)、武力の母里太兵衛(速水もこみち)、智略の井上九郎右衛門として官兵衛の軍師的な立場として描かれる事の多い、九郎右衛門。

 

今回は井上九郎右衛門が一騎打ちで名を馳せた石垣原の戦いに注目してみたいと思います。

スポンサードリンク

井上九郎右衛門とは

軍師官兵衛では井上九郎右衛門の名前で活躍が目覚ましい井上之房(ゆきふさ)。

 

中国大返しでは、先回りをして休憩所や馬の用意をしていましたし、使者として出向くなど皆さんも九郎右衛門の活躍をよく知っていると思います。

 

このサイトでも早くから高橋一生さん演じる井上九郎右衛門に注目していましたが、この井上九郎右衛門とはどんな人物だったのでしょうか?

 

井上九郎右衛門は黒田二十四騎、黒田八虎に名を連ね、官兵衛の父である職隆の代より黒田家に仕えていました。

 

基本的には善助に次ぐ二番家老として知られていますが、黒田八虎では筆頭を栗山善助ではなく、井上九郎右衛門としています。

 

 

礼儀正しく、武勇にも優れていた武将で、母里太兵衛とは対照的におとなしい将でしたが、主君を諌めるためには強い態度にもなるという家臣の鏡のような将でした。

 

官兵衛が荒木村重に有岡城に幽閉された時も、有岡城に忍び込み官兵衛を助け続けた姿はとてもかっこよかったですね。

 

以前にも触れたことがありますが、やっぱり高橋一生さんは独特の雰囲気を持った役者さんです。

 

智略の将

九郎右衛門はその後も、小田原征伐、朝鮮出兵と官兵衛を支え続けます。

 

九郎右衛門は基本的には官兵衛と同じく、自ら刀をとって戦うというよりは、采配を振るっての軍功が多かったとされています。

 

しかしそれは、槍働きが不得手という意味ではなく、九州での関ヶ原と呼ばれる戦いである石垣原の戦いでは、「無双の槍使い」と呼ばれた吉弘統幸を一騎打ちで倒すという大きな功績をあげます。

 

inouekurouemon

 

吉弘統幸は、秀吉から朱柄の槍を持つことを許されるほど、武勇の誉れ高い武将だったので、九郎右衛門の働きがとても重要だったことがわかります。

 

また、これにはもうひとつのエピソードもあって、吉弘統幸の主君である大友家が島津家に破れ、立花宗茂に仕官する間、統幸は九郎右衛門のところに身を寄せていました。

 

そのため、石垣原の戦いですでに重傷を負っていた統幸は友人であり恩人である九郎右衛門に手柄を取らせるべく、討たれたとも言われています。

 

どちらにしても九郎右衛門の人となりが見えてくるエピソードだと思いませんか?

 

今回、吉弘統幸は的場浩司さんが演じます。

 

的場さんは大河ドラマ『毛利元就』でも架空の人物である次郎として出演し、陣内孝則さん演じる陶晴賢と一騎打ちをおこなっています。

 

その印象が強いのか、的場浩司さんは勇猛な武将というか、甲冑や陣羽織姿が良く似合うイメージです。

 

台詞がなくても存在感だけで雰囲気を作り出せる2人の俳優さんの一騎打ちは見ごたえがありそうですね。

 

菊のその後

少し話が変りますが、黒田長政と糸姫との間にできた女の子・菊。

 

前回は糸姫と菊の涙の別れがありました。

 

ドラマ内では糸姫が病んでしまって、長政もしかたなく離縁したというようなきれいな流れになっていましたが、実際はもっと政治的な思惑があったはず。

 

糸姫が離縁された後、蜂須賀家と絶交関係になってしまったことからもそれは明らかです。

関連記事⇒黒田長政の糸姫離縁と蜂須賀家との絶交!!

 

ここで気になるのが娘の菊名のですが、実はこの菊は井上九郎右衛門の息子・庸名(つねな)の正室となっています。

 

このことからも、九郎右衛門、そして井上家が黒田家の中で大きな信頼を得ていた事が分かります。

 

今後の見どころ

その後も九郎右衛門は官兵衛に従って徳川家康とも面会し、長政の使いとしても江戸に上るなど、大いに働き、家康の息子である秀忠から栗毛の馬を与えられています。

 

その縁で、九郎右衛門の息子である庸名(つねな)は6000石の旗本となっています。

 

晩年、隠居した九郎右衛門は名前を道伯と号し、1634年に病死。

 

墓所は福岡県岡垣町の龍昌寺にあります。

 

高橋一生さんが演じる九郎右衛門は、非常に理知的でかっこいいです。

 

ただ、九郎右衛門・高橋一生ファンとして、注目していただきたいのは、やはり石垣原の戦いです。

 

是非とも豪快な一騎打ちをする九郎右衛門を見てみたいものです。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ