おんな城主直虎・9話のあらすじとネタバレ!

今川義元の尾張侵攻に合流するために、井伊家の精鋭を率いて出陣した井伊直盛。

しかし、今川義元は織田信長の奇襲攻撃によって討ち取られてしまいます。

 

この敗戦により直盛も自害。

そして、衝撃が走る井伊家に新たな問題が浮上します。

 

スポンサードリンク

9話の簡易あらすじ

 

  1. 桶狭間の戦いで当主・直盛が戦死する
  2. 直親・しの夫妻の懐妊
  3. 奥山朝利が政次に恨みをおぼえ、亡き者にせんとする。

 

9話「桶狭間に死す」の詳細あらすじ(ネタバレ注意)

桶狭間の戦いでの敗戦

直盛たちの無事を祈っていた次郎はふと、頬に雨を感じた。

空は快晴であるのに。

 

『気のせいか……』

 

その直後に驚天動地の知らせが井伊谷を揺るがせる。

 

『お、尾張の桶狭間というところで、今川軍が大敗を喫したと!織田勢の奇襲をかけられ、義元公も討ち死にされたとのことです!』

 

井伊家は恐慌に陥る。

その日から、桶狭間で負傷した将兵たちが続々と井伊谷に戻ってきた。

 

次郎は昊天、傑山、留守を守っていた妻たちとともに、重傷者の手当てにあたった。

 

その中には、腿をざっくりと斬られた奥山朝利の姿もある。

朝利は、直親正室・しの、小野玄蕃に嫁いだなつ姉妹の父である。

 

『面目ない。かようなことになってしもうて』

『いえ、ようよう、お戻りくださいました。……あの、父上……、玄蕃様は……』

『見事な戦いぶりじゃった』

 

朝利はそれだけ言ってうつむく。

なつが顔を覆い、肩を震わせる。

 

次郎はその場を離れた政次を見た。

仲のいい弟を亡くした兄は、拳を握りしめ、じっと宙を見据えている。

 

『大変な戦だったのでございますね』

 

不安を押し隠し、次郎が朝利に声をかける。

 

『地獄のようじゃった。雨上がりに、急に攻めかかられ、敵も味方も分からぬようなありさまで』

『あの、殿はそのとき……?』

『情けないことにお姿を見失い……、どこかに落ち延びておられればよいのじゃが』

 

夕刻になり、直盛は首ひとつで、無言の帰還を果たした……。

 

関連記事→井伊直盛の武将としての資質と桶狭間での最期!

 

『殿を連れ帰ったのはおぬしか?』

 

政次の問いに、朝利の息子・孫一郎はうなずき、消え入りそうな声で経緯を語る。

劣勢が明らかとなり、なんとか戦場を脱したところで、直盛が孫一郎に言ったという。

 

『わしは腹を斬る。わしの首を掲げ、お前は織田の兵のふりをして戦場を抜けよ。そうすれば井伊の武者のひとりは助かるではないか』

 

敵の手にかかれば、この首でも手柄にされてしまう。

どうせ死ぬなら井伊の役に立ちたい、と……。

『殿らしい……ご最期で……』

 

誰かが絞り出した声は次郎には届かない。

 

父上が死んだ。

いなくなってしまわれた。

もう会えない、話もできない。

そんなことばかりが次郎の頭の中に繰り返し響いていた。

 

直盛と直虎の深い愛情

落命した井伊家の家臣は15名にのぼり、主従16名の葬儀は龍潭寺で執り行われた。

 

重苦しい空気の中、次郎は南渓の弟子として必死に経文を唱えた。

 

桶狭間で被った大打撃で、井伊家の力は一気に衰えた。

ここは家督を継ぐ直親と、家老の政次を軸にして井伊家の立て直しを図る、誰もがそう考えていた。

 

だが評定の場で、孫一郎が直盛から遺言を預かっていることがわかり、空気が一変してしまう。

『いまわの際に仰せられましたことには、このあとは井伊谷を、中野殿に任せるとのことで』

 

一同は驚いた。中野直由本人も当惑を隠せない。

『それがし、なにもうかがっておりませぬ!』

 

この時政次が冷静に進言する。

『遠江・三河一帯が大いに乱れるのは明らか。殿としては、唯一のご嫡男である直親様を、矢面に立たせたくなかったのではございませんでしょうか』

『……確かに、こののちは太守様の弔い合戦などもあるかもしれぬ』

 

さらに政次が語を継ぐ。

『ここは戦にお詳しい中野殿にお任せするのが最も理にかなうことかと』

直親も納得し、これを受け入れることになった。

 

この事態に、親戚衆筆頭の奥山朝利が焦りをおぼえる。

朝利は、家政が自分に任せられなかったことで不満を抱いた。

 

そして当主を失った混乱に乗じて、小野政次が井伊家を牛耳るのではないかと恐れた。

思いあぐねた朝利は小野家にいる自分の娘・なつと、小野玄蕃との間に生まれた孫・亥乃助を取り戻そうとくわだてる。

 

しかしこのたくらみはなつの拒絶にあい一旦頓挫する。

 

次郎は井伊の居館に戻ることを決める。

夫を失い打ちのめされているであろう母のそばについていてやりたかったからだ。

 

その願い出を南渓は快諾する。

南渓の方は今川義元の葬儀の手伝いに駿府へ出立するところだった。

 

『しかし、何が起こるか分からぬものじゃの。あの大今川が織田の小童(こわっぱ)に敗れるとは』

『井伊はこの先、どうなるのでございましょうか』

『なんでも起こり得るということを、目の当たりにしたばかりじゃしのう』

 

次郎が館に戻ると、母・千賀は文机に向かい、桶狭間で討ち死にした家臣らの家族に宛てた手紙を何通もしたためているところだった。

 

『私からの手紙など、大した慰めにもなりませぬが』

『いつも出されておられたのですか?』

『かように多いのは初めてですけどね。……お悔みや礼を言うのは、私しかおらぬではないですか』

 

母上とても、慰めがほしい身であろうに……。

乳母のたけに文を出す使いを頼んで次郎が部屋に戻ると、自分宛ての文があることに気づく。

 

『このたびはお父上を亡くされ、ご傷心いかばかりのものかと存じます。そなたの父上はお優しく、人の心を大切になさる方でした。』

『私心はなく、井伊のためとあらば、どこまでも身を削られる覚悟のある、そういう方にございました。井伊のために出家し、井伊のために還俗も諦めた。そなたはお父上に似ています。』

 

千賀は続けて直盛との思い出をつづっている。

 

次郎が働いているところを見かけ、また美しくなったと喜んでいたこと。

いつか穏やかに暮らせる時が来たら、真っ先に辻が花の着物を着せてやりたいと語っていたこと。

 

父と母のあふれんばかりの愛に、そして父にはもう会えないことを思い、次郎は涙があふれた。

 

『気丈なそなたのこと。わが身は墨染めと無理をしておられるようにお見受けします。この手紙が、つかの間、そなたをただの娘に戻せることを祈りつつ』

 

文を胸に抱き、次郎は声を殺してむせび泣く。

 

スポンサードリンク

 

小野政次が奥山朝利を・・・

未曾有の大混乱の中、井伊家に一筋の光明が差し込む。

直親・しの夫婦に懐妊の兆しが見えたのだ。

 

娘夫婦の報告を受けた朝利は狂喜する。

 

しのたちが立ち去ると、朝利は文を小野の屋敷に届けさせる。

それに応じ、政次が奥山家の屋敷に姿を見せる。

 

なつと亥乃助を引き取りたいとの朝利の申し出を政次は

『何度もお伝えしておりますように、なつ殿自身が小野にとどまりたいと申しておりまして』

 

『嫌がってもそなたが戻れと言えば済む話ではないか。それとも戻したくない理由があるのか?』

『亡き殿が結んでくださった、玄蕃となつ殿とのご縁にてございます』

 

丁重な口調で返す政次に、いらだちを隠せない朝利。

『亥之助がこちらに来てしまえば、そちが人質を取られた恰好になるからか?図星じゃろ』

 

すっと目を細め、政次は落ち着いた声で返す。

『さような事は毛筋ほども考えておりませなんだが、裏を返せば、そちらに戻せば、奥山殿は亥之助を小野から取った人質とお考えになると、いうことにございますか?』

 

『いや……それは……』

『新野様も、中野様も、かような大事のときに、奥山殿が己が家のことばかり考えておられると失望なされましょう』

『……いや、そういうわけでなくな。そうか、なつがそれほどまでにいたいと申すなら』

『お聞き入れいただき、かたじけのう存じます』

 

政次が退出しようとしたとき、避ける間もなく、白刃が政次の左腕を切り裂いた。

『殿がおらぬようになった、今が好機と思うておるのじゃろうが、そうはさせぬ……!』

 

刀を構えなおした朝利は政次めがけて突進していく。

しのが懐妊したという話を聞いて、喜び、寂しさ悔しさの感情に動かされている次郎の元に、血まみれの政次が飛び込んでくる。

 

『……政次、いかがしたのじゃ!何があった!』

『奥山殿を……斬ってしまった』

 

続き→おんな城主直虎 10話のあらす

 

[参考:大河ドラマストーリーブック]

 

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ