おんな城主直虎・第5話のあらすじとネタバレ!

おとわが出家して次郎法師と名乗ってから9年。

周りの人々から次郎様と呼ばれるよになり、年齢は19歳になっていた。

 

第5話から青年期が描かれ、次郎も柴咲コウさんが演じるようになる。

 

スポンサードリンク

5話の簡易あらすじ

  1. 今川義元が武田信玄と同盟を結び三河平定に乗り出す。
  2. 小野政次(鶴丸)に結婚の話が持ち上がり。子供は井伊家の跡を継ぐことに。
  3. 井伊家を悩ませてきた小野政直が息を引き取る。
  4. 亀之丞が10年ぶりに帰還し、次郎との結婚を希望する。

 

井伊の後継は政次の子?

龍潭寺の庭で薪を割っている次郎の元に元服して小野政次と名を改めた鶴丸がやってくる。

政次は井伊家の重臣である奥山朝利の娘をを嫁にもらい、生まれた子供を井伊家に養子に出して当主にするという話があることを告げる。

 

これに対して次郎は小野家と井伊家のわだかまりも溶けていいのではないかと理解を示すが、政次は亀之丞のことが気になっていた。

 

その頃、井伊家では政次と朝利の娘の結婚についての評定が開かれていたが、直平も朝利も政直の話を受け入れることができない。

政直が去った後、直平は『亀之丞を見捨てるのかと』直盛に迫るが、『自分の孫が家督を継ぐことになれば井伊によろしくないことははねつけようし、それが政直の力をうまく使う手であると思う』と考えを述べる。

 

しかし、直平は『わしは認めぬからな。』と言って部屋を出て行ってしまう。

屋敷に戻った政直は政次と弟の玄蕃に縁談の話は近いうちにまとまると話すが、突然、胸を抑えて苦しみだす。

 

次郎の元には駿府の瀬名から手紙が届き、氏真の元に北条の姫が嫁いできて、今川・武田・北条の三国同盟が完成することを知らされる。

 

政直の死と政次への言葉

政直が倒れたことを知った直平が次郎の元へ『政直がポックリいくように祈念してくれ。』とやってくる。

曽祖父の行動に呆れた次郎は、そもそも井伊家の家臣に小野家を加えたのは直平のはずなのに、どうして直平が政直を嫌っているのか、その理由を直盛に聞きにいくことにした。

 

直盛は、事の発端は直平の娘の佐名が今川の人質になったことにあり、直平が大切にしてきた愛娘の佐名を今川が名指ししてきたのは政直が進言したからだと説明する。

すると次郎は、政直にも言い分があるはずとして、今度は政直の元へ向かう。

 

『佐名を人質にするように今川に進言したのはそなたですか?』という問いに対して、政直は『直平が今川を裏切ろうとしたことがあり、その時の義元の怒りを収めるためには、美しい佐名を差し出すのが一番だと思った』と答える。

 

そして、『女子一人を差し出すだけで太守様のお怒りが解けるなら、いいにとってこれ程上手い手打ちはない。誰も信じてくれぬであろうがそれがしはいいのためを思って・・』と続ける。

政直の言葉を次郎が理解すると、『政次は断じてそれがしのような今川の犬にはなりませんので、皆様にもそうお伝えください。』と言って頭をさげる。

 

しかし、次郎が帰ると『上手くいったか』とほくそ笑む政直。

父の態度が偽りであったことに呆れる政次に

 

『お前はわしを卑しいやつじゃと思うておるのじゃろう。なりふり構わぬ嘘つきの裏切り者、己はこうならぬとずっとわしを蔑んでおる。』

『じゃがな、言うておく、お前は必ずわしと同じ道をたどるぞ。」

 

そう言い残すと、間もなくして息をひきとった。

 

スポンサードリンク

 

亀之丞の帰還

駿府で今川氏真と北条の姫との婚儀が終わると武田・今川・北条の三国同盟が成立。

武田が南信州に攻め入ると直平は亀之丞を呼び戻す筋書きを立てる。

 

今川と北条が手を組んだ今であれば、直満の謀反計画も改めて咎められることもないだろうという算段だ。

直盛は政次に亀之丞を呼び戻すことを伝え、婚姻や養子の話も反故にすると話す。

 

政次は龍潭寺に行き次郎と会い、亀之丞が帰ってくる喜びを素直に表現できない次郎をからかう。

 

秋になって井伊に帰ってきた亀之丞を直盛や直平、千賀たちが迎える。

政次もその場にいるが、次郎は俗世への未練を振り払うために滝行を行なっていた。

 

滝行を終えて帰った次郎が境内で足を洗っていると、そこに亀之丞が現れる。

自分はおとわに会うために帰ってきたのであって、戻ってこれたのはおとわのおかげだという亀之丞に対して、次郎は『まことに感謝してくださっておるのなら、これからは父の養子となり、妻を娶って井伊のみんなを喜ばせてほしい。』と話す。

 

これに対して亀之丞は、『おとわは俺の妻になるのだろう?俺はおとわと一緒になるつもりじゃ。』と返す。

 

続き→おんな城主直虎 第6話のあらすじ。

 

参考:おんな城主直虎完全ガイドブック

Sponsored Link

【スマホでご覧の方は下記に人気記事ランキングが表示されます!】






コメントを残す

このページの先頭へ