おんな城主直虎・第4話『女子にこそあれ次郎法師』のあらすじ!

おとわの出家で井伊の本領が安堵されることが決まると、おとわはすぐに今川館から井伊谷に帰還する。

しかし、出家したおとわを待ち受けていたのはなれないお寺での修行の日々。

 

女の子でありながら、井伊家の当主が代々名乗って来た次郎法師という名前を引き継いだおとわだが、その先行きは少々不安なようにも見える。

 

スポンサードリンク

4話の簡易あらすじ

  1. 鶴丸が井伊直平の元から解放される。
  2. 直平がダークサイドに落ち、政直を暗殺する謀略を解禁する。
  3. おとわが出家して次郎法師と名乗るも、竜宮小僧になれずすぐに挫折。
  4. 刺客に襲われた政直を直盛が助け、直満の所領の半分を返還するように迫る。

 

次郎法師の誕生

今川から戻って来たおとわは直盛の屋敷で鶴丸と再会する。

鶴丸は直平に誘拐されていたが、おとわが帰還することで無事に解放されていた。

 

『出家をしてしまうと亀とは夫婦になれない。』と告げる鶴丸。

それを聞いておとわは『出家したくない』と駄々をこね始める。

 

関連記事→小野政次(鶴丸)の裏切りの理由と直虎との確執!

 

涙ながらに訴えるおとわの手を握り、『己の身をていして井伊を救うなぞ誰にでもできることではない。そなたのような立派な娘は他にはおりませぬ。』と千賀がおだてると、おとわは顔をほころばせて出家することを了承する。

 

一方、駿府から帰って来た小野政直に対して、鶴丸は井伊の目の敵にされるようなことはやめるようにと忠告するが、『父も井伊の方々にあらぬ疑いばかりかけられて困っている・・』と取り合わない。

 

数日後、おとわの得度式(出家の儀式)が行われ南渓から次郎法師という名前を与えられる。

次郎というのは井伊家の当主が代々名乗って来た名前で、おとわの父親で現当主の井伊直盛もかつては次郎と名乗っていた。

 

その次郎という名前に出家した証である『法師』をつけて次郎法師。

おとわは立派な次郎法師になると誓う。

 

次郎法師の挫折

翌日、おとわが龍潭寺にやってくると、兄弟子となる傑山と昊天が門の前でおとわを迎えた。

しかし、傑山が門を入ろうとするおとわを抱きかかえて門の外へ放り投げる。

 

『ここで入門を許されなければお寺には入れない』と昊天が告げる。

やっとの事で寺に入ったおとわだが、慣れない農作業や質素な食事、南渓の禅問答に嫌気がさして、龍潭寺を抜け出して井伊の屋敷に戻ってしまう。

 

しかし、たけが用意してくれたご飯を食べているところを千賀に見つかり言い争いに。

『戻ってこられては困る。』という千賀に対して『かような家、こちらから出て行ってやる。』と反発したおとわは、再び龍潭寺に戻る。

 

南渓はおとわを井伊家を継ぐものとして厳しく育てることを決めていた。

 

一方、井伊直盛の屋敷では小野政直が今川義元からの新たな下知を伝えていた。

それは亡くなった井伊直満の領地を政直が治めるというもの。

 

もちろん、この下知は直盛たちからすれば到底納得できるものではない。

政直が去った後、直平がやって来て、政直の手の者に襲われて洞窟で亡くなっていた北条の使者の息子に会ったと伝える。

直平は父親を殺害した犯人が政直だということを教えれば、政直は放っておいても襲撃されるとほくそ笑む。

 

関連記事→井伊直虎の曽祖父・直平の壮絶すぎる人生の最期とは?

 

スポンサードリンク




 

小野政直が襲撃される

農作業に従事するも、お腹が空いて力が出ないおとわは南渓から托鉢をすすめられる。

昊天が『何の作法も教えずに送り出したのですか?』と心配した通り、おとわは誰にも相手にされず龍潭寺へ引き返す。

 

その途中、畑になっていたカブを盗み井戸端で食べていると、そこに鶴丸が現れる。

鶴丸は修行に対して弱音を吐くおとわを、『亀の妻にならなくても僧として亀の竜宮小僧になればいいと諭す。

 

鶴丸に励まされたおとわは、南渓に『亀の竜宮小僧になる』と宣言し、町に戻って人々の助けになる行動を取り始める。

すると、人々がおとわの鉢に食べ物を入れてくれるようになった。

 

その夜、政直が屋敷の前で見知らぬ侍に襲撃される。

そこへ助けに入ったのがいい直盛と傑山。

 

直盛は『直光の書状を奪いお主の父を殺したのは駿河の間者。政直は何もしていない。』と言い放つと、侍は『このような卑怯者をかばうとは武勇で聞こえた井伊も地に落ちたものじゃ。』と言い残して去る。

 

そして直盛は、政直に対して直満の所領の半分は諦めるように言い渡す。

 

続き→おんな城主直虎 第5話あらすじ

 

参考:おんな城主直虎完全ガイドブック

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ