おんな城主直虎・第3話『おとわの危機一髪』のあらすじ(ネタバレ注意)!

直盛と政直が部屋に駆けつけるとおとわが頭から血を流して倒れていた。

おとわは自分で頭を丸めようとして失敗した様子。

 

『出家すれば誰の嫁にならずとも済む』と言うおとわに対して、政直は鶴丸との結婚をおとわは承知していないのか?と詰め寄る。

 

スポンサードリンク

3話の簡易あらすじ

  1. 鶴丸との夫婦約束に従わないおとわは駿府への人質となる。
  2. 怒った井伊直平が鶴丸をまさかの誘拐&監禁。
  3. おとわと龍王丸(今川氏真)が子供ながらにガチンコ勝負。
  4. 何とか勝利したおとわは出家を条件に人質から解放される。

 

おとわが今川義元の人質になる?

『これは井伊の意思ではない。』と弁解する直盛。

おとわは政直に対して『鶴はそなたのしたことで辛い思いをしておる、鶴はそなたのしたことを恥じておった。』と言い放つ。

その言葉を聞いた政直は『これでは夫婦約束は無理ですな・・・』と言って部屋を後にする。

 

数日してから政直の報告を聞いた今川義元から『おとわを忠義の証として今川の人質とし、これに背けば成敗もやむなし』と言う新たな命令が届く。

 

『こうなれば今川と一戦を交えるのみ』と激昂する直平。

直平は娘の佐名を今川に人質として出しているので、おとわも娘と同じように辛い思いをさせることだけは絶対に許せなかった。

 

悩んだ直盛が南渓和尚に相談すると、『今川が怒っているのは井伊が言うことを聞かぬからで、おとわの出家に対してではない。おとわが出家をすれば跡継ぎがいなくなり、次の当主選びは今川の思うままと思わせればいいのではないか?』と助言する。

 

いいが今川に乗っ取られてしまうのではないかという懸念がある直盛だが、ほとぼりが冷めたら還俗させて井伊家を継ぐために婿を取らせればいいという言葉もあり、表向きは命令に従うふりをすることに決める。

 

直平の娘・佐名との出会い

人質として駿府に向かうおとわは人質として今川家臣に嫁に行っている佐名(直平の娘)に会うことにした。

南渓も今川義元の軍師である太原雪斎におとわの出家を認めてもらえるように根回しをする算段。

 

おとわは訪れた屋敷で、佐名の娘・瀬名に出会う。

瀬名は龍王丸の妻になるために蹴鞠を練習していた。

 

そこへ佐名が現れるが、佐名はおとわに対して素っ気ない態度を取り、すぐにその場を立ち去る。

佐名は今川に人質に出されたことを恨んでいて、井伊家に協力しようという気はないようだった。

 

おとわが屋敷の裏口で待っていると南渓がやってきて、佐名に渡して欲しいと寿桂尼宛の手紙を託してきた。

 

寿桂尼は女大名と呼ばれ、今川義元を補佐する実力者。

おとわは何故、直接南渓が佐名に渡さないのか不思議に思いながらも佐名に手紙の取次を頼む。

 

手紙を受け取った佐名は『ようわれにかようなことを頼めたものじゃ。生臭に恥を知れと申し伝えよ。』と激怒して、手紙を2つに破って返してきた。

 

敗れた手紙を見た南渓は佐名の性格を熟知しているようで、きっと思い直して寿桂尼に取り次いでくれると手応えをつかんでいた。

 

スポンサードリンク




 

寿桂尼と太原雪斎

その頃、井伊直平の屋敷では直平が鶴丸を誘拐して屋敷に監禁してするという事件が起こっていた。

一方、南渓も思うようにことが運ばないため、直接今川義元におとわの出家を認めてもらおうと今川館を訪れていた。

 

その取次ぎに現れたのは小野政直。

この時、政直の耳にも直平が鶴丸を誘拐したことが耳に入る。

慌てた政直は直平の行いを義元に直訴しようとするも義元は能の稽古中だった。

 

おとわ達の元には寿桂尼が現れ、蹴鞠でも見ぬかと声をかける。

 

庭先にいたのは龍王丸。

寿桂尼から『龍王丸に勝ったら何でも褒美がもらえる』と聞いたおとわは対戦を申し出る。

 

勝負は龍王丸の圧勝。

どう考えてもおとわが龍王丸に勝てるわけがなかったが、何度も何度も挑戦し、龍王丸の油断もあって、ついにおとわが勝ってしまう。

 

龍王丸に勝ったことで褒美を懇願するおとわ。

そこに義元が現れる。

 

義元に褒美を頂きたいと告げつおとわ。

龍王丸が『こんなのは勝ちとは申しません。こいつは卑怯者にござる』と食い下がる。

 

『井伊に返して頂きたい』というおとわに、その場に来ていた政直が『姫、何を無体な望みを。』と割って入る。

しかし、寿桂尼と太原雪斎は『良い戦いをしたものには褒美を取らすのが部門の習い。』と言って、おとわを擁護する。

 

これに対して義元はおとわの申し出を了承し、『おとわの出家を持って本領を安堵する』という許しを出す。

 

寿桂尼と太原雪斎の協力には佐名と南渓の尽力があった。

 

続き→おんな城主直虎第4話あらすじ

 

参考:おんな城主直虎完全ガイドブック

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ