小野政次(鶴丸)の裏切りの理由と直虎との確執!

今回は『おんな城主直虎』で高橋一生さんが演している小野政次という人物について迫ります。

 

高橋一生さんといえば、軍師官兵衛で演じていた井上九郎右衛門。

『めちゃくちゃ渋くてかっこよかったですよね〜。』

 

僕は軍師官兵衛を見て高橋さんのファンになったのですが、『おんな城主直虎』で演じる小野政次も、あまり感情を表に出さないという点では井上九郎右衛門と同じタイプ。

頭が良く、策士であるという点も一緒です。

 

ただ1つだけ違うのは、井伊家を乗っ取ろうとした野心家であるということ。

 

では何故、政次は井伊家を乗っ取りを考えるようになったのか?

そこには父親から受け継いだ井伊家の中での立場が大きく関係していました。

 

スポンサードリンク

1分でわかる小野政次という人物

小野政次は幼名を鶴丸と言い、大河ドラマの中では井伊直虎(おとわ)や直親(亀之丞)の幼馴染として育ちます。

父親の小野政直が井伊家の筆頭家老だったため、政次も後を継いで井伊家の筆頭家老となります。

 

筆頭家老というのは家臣の中で一番の重職。

つまり、井伊家の当主となる直虎や直親の右腕となる存在です。

 

当時の井伊家は大国の今川家に頭が上がらない立場だったのですが、その今川家との交渉役をしていたのが政次。

そのため、今川寄りの立場と考え方になり、次第に直虎や直親との間に溝ができていきます。

 

『自分は自分のやり方で井伊家を守る』

もしかすると政次の中にもそんな気持ちがあったのかもしれませんが、結果として直虎との対立を招いただけでした。

 

井伊直親が今川家を見限り、徳川家康に接近していることを今川氏真に密告したり、農民の借金を帳消しにする徳政令を行うように画策するなど、政次のやり方はかなりタチの悪いもの。

 

今川氏真への密告は直親の死を招き、徳政令の画策は直虎の地頭職が解任へと繋がります。

 

政次は直虎に代わって井伊谷を支配することになりますが、ほどなくして今川義元の死をきっかけにして武田信玄と徳川家康が今川領に侵攻。

 

その中で井伊谷は徳川家康の手に落ち、小野政次は井伊直親を今川に売った(讒言した)という理由で徳川家康によって処刑されます。

 

スポンサードリンク




 

政次の裏切りの理由

政次が直虎や直親を裏切り、今川家に通じたのは何故なのか?

もちろん、政次自身に自分が井伊谷の領主になりたいという野心があったのも事実だと思います。

 

ただ、政次が井伊家を裏切る原因の1つには、父親の小野政直も大きく関係していると思われます。

 

政直は井伊家の筆頭家老でありながら今川寄りの政策を重視、直虎と直親が許嫁となると、直親の父親である直満に謀反の疑いがあると今川義元に讒言し、直満を誅殺させています。

 

これは政次が今川氏真に『井伊直親に謀反の疑いあり』と讒言して誅殺させたのと同じ手口。

 

『おんな城主直虎』の中で吹越満さん演じる小野政直は、政次に対して『なりふり構わぬ嘘つきの裏切り者、己はこうならぬとわしを蔑んでおる。じゃがな、いうておく、お前は必ずわしと同じ道をたどることになるぞ。』と言い残します。

 

この言葉が表すように、井伊の家臣でありながら今川のために動いていた小野家としては、取れる手段というのが限られていたのかもしれません。

政次は政直の言葉通り、父親と同じ道を辿ってしまうことになります。

 

なので、政次の裏切りには、父親から受け継いだ今川寄りの筆頭家老という立場が大きく影響していると思います。

 

政次の最期

直虎が地頭職を解任されて井伊谷の支配者となった小野政次。

この後、徳川家康が井伊谷を攻め落とすのですが、その際に政次は城を脱出して山中に逃亡します。

 

しかし、追っ手に捕らえられると、井伊直親を裏切ったという罪で家康は政次を処刑してしまいます。

政次が井伊谷を支配したのは1か月程度のほんの僅かな期間でした。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】







One Response to “小野政次(鶴丸)の裏切りの理由と直虎との確執!”

  1. はこ より:

    まとめありがたく拝見しました。
    そういう関係に終わって行くのは切ないですね。
    女性プロデューサーに不安を覚えつつ、今年の大河も楽しみにしています。

コメントを残す

このページの先頭へ