吉田松陰の恋人?高須久子との野山獄での関係!!

今回は幕末の歴史、特に松下村塾の塾生に関わる人物が大好きな『いしだもん』さんの投稿記事です。

いしだもんさんも、萩や下関の幕末関連史跡を度々訪れる筋金入りの幕末ファン。

 

今回は吉田松陰の恋人?と言われる高須久子について記事を投稿していただきました。

 

スポンサードリンク

 松陰の恋人?

晋作や玄瑞のように正妻の他に愛人を持つ者も多い中、松陰は生涯独身で愛人の存在も確認されていません。

清廉潔白という言葉がよく合う松陰ですが、実はひとり親しい女性がいました。

では、松陰唯一のロマンスはどのようなものだったのでしょうか。

 

野山獄での生活

海外密航を企て失敗した松陰は「野山獄」に投獄されます。

萩では牢が区別されており、士分の身分が入る上牢を「野山獄」、庶民などが入る下牢を「岩倉獄」としていました。

松陰の獄中生活は1年2カ月に及び、この間、618冊もの本を読み、密航事件を振り返った「幽囚録」や「回顧録」も記しています。

 

後年、晋作もこの獄に繋がれた際に、「先生を遠く慕うて漸く野山獄」と歌を詠んでいます。

先生というのはもちろん松陰のことです。どんな気持ちで獄中生活を送っていたのか、思い馳せていたのではないでしょうか。

 

高須久子

当時収監されていたのは11人でした。

そのほとんどが様々な理由で世間にいることができず「借牢」という形で軟禁されていました。

期間も決められていないため、気力ない日々を送っていたことでしょう。

 

スポンサードリンク

 

その中にいたのが、唯一の女性である高須久子でした。

久子は武家の未亡人でした。

夫亡き後の寂しさを埋めるため三味線や琴に興じ、芸仲間を屋敷に招き入れ稽古に精を出すほどでした。

 

その芸仲間が男性だったことでよからぬ疑いをかけられ、世間体を気にした家族によって入牢させられたのでした。

 

松陰の講義が評判に

獄中で松陰は囚人たちに、「孟子」の講義を始めます。

しだいに評判となり、部屋に入りきれない者は廊下から立ち聞きするほどでした。

 

そしていつしか看守までもがそれに参加します。

逆に松陰も、唄が得意な囚人から教えを請うなど、野山獄は教室と化していきます。

松陰の熱心な姿勢と人柄は、人々を引きつけ、獄全体の雰囲気をも変えていったことでしょう。

 

そして久子もまた、松陰に引きつけられたひとりだったのではないでしょうか。

 

松陰の気持ちはいかに・・・?

松陰は安政の大獄で捕えられ江戸に送られる際、途中箱根で詠んだ歌があります。(現在、箱根神社にある石碑に刻まれています。)

「箱根山 越すとき汗の 出でやせん 君を思ひて ふき清めてん」

 

久子は松陰が出獄する際手ぬぐいを贈っており、それに対するお礼の歌と言われています。

松陰も久子に対して特別な感情を持っていたように思えますね。

 

久子は明治になって野山獄が廃止されたことで出獄します。

松陰などの命を糧に出来上がった明治時代は、久子の目にどう映ったのでしょうか。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





2 Responses to “吉田松陰の恋人?高須久子との野山獄での関係!!”

  1. 沼田 正悦 より:

    40数年前、私がまだ、10代であった頃、同世代の人から、松陰の話を教えていただき、食事はもちろんトイレに行くことさえはばかられたことを思い出します。特に野山獄における松陰の姿はいろいろの意味でものを考える原点と思っています。「至誠」という言葉は、今は死語に近いと思いますが、だからこそ救い出していかないとならないと思つています。人の善を信じ必ず人の持っているすぐれたところを見つけ出すこと。信頼とはその触覚に触れてはじまるものかもしれないです。

    • takayuki001 より:

      沼田様

      コメントありがとうございます。

      私の場合、『至誠』という言葉の本当の意味を理解し、行動に移すまではまだまだ時間がかかりそうです。

      しかし、人の信頼という尊いものを得るためにも、常に『至誠』という言葉を心に留めておきたいと思っています。

      これからも色々とご教授ください。

コメントを残す

このページの先頭へ