破却される出城!真田丸47話『反撃』のあらすじ(ネタバレあり)!

一度和睦を結ぶと決めた秀頼を、茶々の力を借りて説得した幸村。

しかし、大坂城の天守閣に命中した砲弾によって茶々の気が変わり、徳川と和睦するという方向に事が動き出していきます。

 

スポンサードリンク

47話『反撃』のあらすじ

『話が違うではござらぬか!』

茶々を避けて砲撃するためという理由を信じで寝所を教えた片桐且元が取り乱す。

そして、自分の軽率さを攻めた且元はこれから半年後にこの世を去る。

 

天守への砲撃で和睦へと気持ちが傾いた茶々。

幸村は『大筒の脅しごときに屈してはなりませぬ。』と秀頼に進言するも、秀頼は『私にはどうする事もできぬ・・』と自信を無くしている様子。

『これからどうしたらいいか?』と尋ねると、治長が『まず和睦の案を双方が出し合い、落としどころを見つけていく事になります』と答える。

 

おそらく徳川は和睦と引き換えに大坂城から牢人を追放させるはず。

幸村は和議の条件が少しでも豊臣の有利になるようにと思案します。

 

秀頼に居室に向かった幸村は、牢人たちに見合った処遇を受けさせることが必要と説き、牢人たちにそれなりの扶持を与え、豊臣の家臣とする許しを徳川と取り付けるように進言します。

 

『なりませぬ。』と、これに反対したのが大蔵卿局。

『私としてはできる限り報いてやりたい』という秀頼に対して、『さすがは右大臣様。お心の広さよ。』と有楽斎が感服した後、家康は人質を求めるだろうから『おかみ様が江戸に下ることになるか、殿(秀頼)が大坂を離れることになるか』と付け加える。

 

秀頼は茶々を人質に出すことは承服できないが、自分が大坂を離れることで太平の世が訪れるなら喜んで城を出ると告げる。

 

そして、豊臣から徳川に、牢人を養うために領地がほしい事と、秀頼が大坂城を出るので四国の2つの国を領地にもらいたいという条件が出される。

『和睦する必要などありませぬ』という秀忠に対して、正信が『和睦と見せかけて敵を丸裸にしてしまう。それから総攻め。』と策を明かします。

 

家康は国替えの領地を関東の安房と上総として大坂城に書状を送る。

 

阿茶局と常高院(お初)の交渉

安房と上総は秀頼がなじみのない関東の土地。

幸村は『出来ぬ相談をあえてして、こちらの出方をうかがっているのでしょう。』と警戒する。

 

『それがしが徳川の陣に行ってまいります』という有楽斎。

幸村は有楽斎の裏切りを疑っているので、有楽斎が出れば向こうは交渉の使者として本多正信が出てくるので、女性の使者を立てることにします。

 

関連記事→織田有楽斎は裏切り者?真田丸で異彩を放つ信長の弟の正体!

 

そして、その使者として指名したのは常高院(お初)。

 

徳川方は阿茶局が交渉役となり、常高院には大蔵卿局ときりが同行することに。

幸村は『風向きが悪くなったら、その場をかき回せ。流れを変えるのだ。』と、きりに告げる。

 

そんな幸村を見て『そなたはしぶとい。打って出ると進言して退けられたら真田丸をつくり、和睦が決まればいかに有利に事を進めるかを考える』と秀頼が感心する。

それに対して幸村は『望みを捨てぬものだけに道は開けるのです』と返答する。

 

和睦交渉が始まると『おかみ様については人質としませんのでご安心ください。』と切り出す阿茶局。

『秀頼も今まで通り大坂城に残り、牢人たちにも処罰はない。あとはおいおいです』と微笑む。

 

話しの流れを変えるために足がつったと演技をするきり。

常高院は『牢人たちの手当てのために領地を増やしていただくという話が決まらなければ困る』と阿茶局に伝える。

 

しかし阿茶局は話を変え、『真田丸を取り壊し、ついでに堀も埋めてしまいましょう。そうすれば牢人たちも出ていくしかないと思いませぬか?』と大蔵卿局に問いかける。

これに牢人を疎ましく思っていた大蔵卿局が同意し、2人で和睦内容を決めてしまう。

 

スポンサードリンク

 

大坂城と真田丸の破却

和睦の条件が書面にして届けられると、幸村は豊臣に対して都合がよすぎる条件に違和感を覚える。

他にも何かあるかもしれないときりに確認すると、堀の埋め立てと真田丸の取り壊しが書面に記載されていない事が判明する。

 

秀頼の前に大蔵卿局を呼び出して問い詰めるも、『戦は終わり。あのようなものは無用の長物。豊臣家のためだ。』と言い張り、それが家康の狙いであることが分からない。

 

徳川の兵によって大坂城の堀が埋め立てられていく。

その様子を眺めていた家康は『これが城攻めよ』と秀忠に語りかける。

 

関連記事⇒真田丸とは?大坂城にあった難攻不落の出城の場所と仕組み!!

 

その頃、幸村は自分の無力さを痛感し、『もはやこの戦、勝ち目は無くなった。』と牢人たちに頭を下げる。

しかしその後、又兵衛らに早く新しい策を立ててくれと頼まれる幸村。

 

そこに秀頼がやってきて『望みを捨てぬ者にだけ道は開けるとそなたは言った。私はまだ捨ててはいない。』と決意を述べる。

これに幸村が頷き、又兵衛が鬨の声を上げた。

 

続き⇒48話『発火』のあらすじ

(参考:NHK大河ドラマストーリー)

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ