大坂城五人衆が集結!真田丸42話『味方』のあらすじ(ネタバレあり)!

真田丸42話『味方』は大坂城に集まった浪人衆をどうやって1つにまとめるかがテーマ。

秀頼は幸村に総大将になって欲しいと頼みますが、後藤又兵衛や毛利勝永が反対したため、幸村は総大将になることを自体します。

 

幸村はある提案で浪人衆をまとめることに成功しますが、それと同時に高梨内記や佐助の他に、もう1人腹心がほしいと考え、上田にいる堀田作兵衛を呼び寄せることにします。

 

スポンサードリンク

真田丸42話『味方』のあらすじ

大阪城に入り14年ぶりに茶々と対面した幸村。

『必ずまた会えると思っていました』という茶々の横には、織田信長の叔父である織田有楽斎がいた。

 

有楽斎は『真田殿が来てくだされば我らの勝利は間違いない』と高笑いをするが、幸村が茶々の前から退席すると、『使い方次第といったところ・・』と態度を豹変させる。

 

一方、牢人衆の間では大阪城内での部屋割りが問題となっていた。

秀頼の呼びかけに予想を超える牢人が集まり、大坂城の部屋数が足りなくなっていた。

 

元大名であった毛利勝永は1人部屋であるのに対して、後藤又兵衛は相部屋となったことに不満をつのらせていた。

幸村は家族のために幾つかの部屋を用意されていたが、一部屋を返上し、長宗我部盛親と同室になる。

 

一方、幸村が大阪城に入城したことを知った家康は予定を早めて大阪城に出陣。

本来なら総大将の徳川秀忠が駿府に到着するのを待ってから出陣するという手はずだったのに、家康が独断で行動したことに怒る秀忠。

 

関が原の二の舞いになる訳にはいかない秀忠は、『今度は戦場で父にわしを認めさせる』と本多正信に告げ、5万の大軍を率いて出陣する。

この中には真田信之の代わりに出陣した真田信吉と信政の姿があり、それぞれの後見役である小山田茂誠矢沢三十郎がいた。

 

江戸にいた信之のもとには佐助が幸村からの書状を届けていた。

その書状で幸村が大坂方として参戦していることを知った信之は、大坂方が幸村の統率力によってまとまりを見せるのではないかと危機感を抱いていた。

 

そして、書状の名前を見て幸村と解明していることに気づき、『わしが捨てた字を拾いおった。やつは本気じゃ・・・。』とつぶやく。

 

腹心・堀田作兵衛を迎える

信之に書状を届けた佐助は幸村と梅の子供・すえの親代わりである堀田作兵衛の元を訪れていた。

幸村が作兵衛を腹心として大坂城に迎え入れたいと思っている事を知った作兵衛は喜び、すえと石合十蔵に急いで仮祝言を挙げさせる。

 

大阪に行く前にすえの花嫁姿を一目見ておきたいという気持ちと、幸村とともに徳川と戦う事を告げた作兵衛は末の花嫁姿を見て男泣きする。

 

しかし、大阪に旅立とうとする作兵衛の前に現れたのは信之だった。

徳川についている信之からすると、作兵衛が大阪に行くことを見過ごすわけにはいかない。

 

信之は刀を抜いて作兵衛を斬ろうとするが、その時に上半身をしびれが襲い刀を落とす。

それを温情だと思った作兵衛は深々と頭を下げ佐助や与八と共に大阪へ向かった。

 

スポンサードリンク

 

大坂城内の軍議

大坂城では秀頼から呼び出された幸村が秀頼の妻である千姫と対面していた。

その席で豊臣の総大将となってほしいと打診される幸村。

 

これを辞退しようとする幸村だが、『味方のほとんどは牢人たち、大将は幸村以外にはいない』と大野治長が説得を試みる。

 

関連記事→大野治長が豊臣秀頼の本当の父親?茶々(淀殿)の関係とは?

 

早速、大広間で軍議が開かれ、大野治長が『殿は総大将に幸村をお望みである』と告げる。

 

参加者は

  • 真田幸村
  • 後藤又兵衛
  • 明石全登
  • 長宗我部盛親
  • 毛利勝永

の大坂五人衆と、木村重成塙団右衛門、大野治房らの姿があった。

 

その中で『不承知』と異議を唱えたのは後藤又兵衛。

幸村が『対局をみることができるものが上に立つべきだ』と反論するも、『それが何でお前なのだ』と、又兵衛は取り合わない。

 

意見がまとまらない中で幸村は『いかがなさいますか?』と大野治長に問うも、治長は決断力に乏しくその場で判断することができない。

 

そこで幸村は兵を5つに分け、それぞれに5人の大将を置くことを提案。

その上に総大将として秀頼が立つことをすすめる。

 

この考えに秀頼をはじめ、後藤又兵衛、毛利勝永も同意し、5人の大将は大坂五人衆に決定した。

 

関連記事→大坂の陣で真田幸村と共に戦った大坂城五人衆の逸話!!

 

軍議の場にいた高梨内記は先が思いやられるとこぼすが、幸村は『牢人衆は今の境遇から這い上がろうとしてここに集っている。徳川の兵とはそこが違う。』と勝算を見出していた。

 

続き⇒43話『軍議』のあらすじ

(参考:大河ドラマストーリー)

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ