真田丸28話のあらすじ(ネタバレ注意)!!

真田丸の28話。

 

今回で頼りなくもその純粋さから、真田丸をみている人にファンも多い豊臣秀次が最期を迎えます。

 

疑心暗鬼になりどんどんダークサイドに落ちていく秀次。

 

28話は涙なしでは見られない回ですね。

 

スポンサードリンク

秀次の没落

拾の誕生によって追い詰められた秀次は関白の仕事を放棄し、大坂城の蔵に引きこもる。

 

そんな秀次の元へ通い、寄り添いながら勇気付けていたのはきりだった。

 

秀次失踪の報告を受けた信繁は秀吉の耳に入るまでに問題を解決しようと、伏見城にいる大谷吉継の元へ向かう。

 

伏見城では信幸が普請の指揮を取っていて、信繁は吉継が体調不良で屋敷に戻った事を聞かされる。

 

その頃、昌幸は普請の指揮を放棄して吉野太夫にはまり込んでいる様子。

 

吉継は朝鮮から帰還後に体調を崩していたものの、信繁から状況を聞くと事態収束のために聚楽第へ向かう。

 

信繁は大坂城に入り、きりと落ち合う事で秀次を発見するも、秀次は茶々が拾の事を『関白殿下~』と言って遊んでいる姿を見てさらに深く殻に閉じこもってしまう。

 

結局、信繁は秀次を今日にある真田家の屋敷に連れて帰る。

 

するとそこで、薫が自分の父親は公家の菊亭晴季だと言っていた事がうそだという事が発覚。

(菊亭晴季は秀次の義理の父になる)

 

薫が公家の娘ではない事を察した稲が徳川家康に文を書こうとすると、こうがこれを制止する。

 

稲はこうが信幸の前妻であることに気づいているが、こうはそんなことは関係なく真田家を守るためだと稲に伝える。

 

関連記事⇒真田信幸の妻・稲姫(小松姫)の性格と父本多忠勝!!

 

秀次と信幸

大谷吉継の計らいで秀次の仕事は全て延期されるも、秀吉にバレるのは時間の問題。

 

そんな中、信繁が大坂城の秀吉に呼び出される。

 

秀吉に会いに大坂城に行く前に、秀次の元に戻った信繁は秀次の娘のたかから預かった包みを秀次に渡します。

 

その中には聖母マリアが描かれたテンペラ画(西洋の絵画)が2枚入っていて、秀次はその内の1枚をきりに渡し、きりを側室に迎えるという件は白紙にすると伝えてほしいと信繁に託けます。

 

関連記事⇒豊臣秀次の娘たか(隆清院)を演じる女優はと信繁との関係!!

関連記事⇒真田丸のきりは実在の人物?真田信繁との子供の伏線!!

 

秀次のことで大坂城に呼ばれたと思っていた信繁に対して、秀吉は意外にも大谷吉継の娘・春との縁組を打診します。

 

返答は昌幸に相談してからにしたいという信繁。

 

しかしその直後、小早川秀俊(秀秋)が三成に秀次の失踪を伝えたため、秀吉の耳にも入ってしまいます。

 

怒る秀吉ですが、茶々た寧に説得され秀次と話し合う事を決めますが、その頃、秀次は信幸を伴って高野山の青巌寺に登っていました。

 

信幸は自分も昌幸と信繁に翻弄されていると告白すると、2人は腹を割って話し合い、その中で秀次は信幸に官位を授けたことは自分の関白としての実績の1つなので返上する事のないようにと念を押します。

 

そして、この秀次の一言で信幸の悩みが吹っ切れます。

 

関連記事⇒第二次上田合戦と真田信幸vs信繁の兄弟対決!!

 

スポンサードリンク

 

秀次の最期

秀吉は秀次を1ヶ月ほど謹慎させた後、連れ戻そうとして福島正則を使いに送ります。

 

しかし、正則が高野山に到着した朝、秀次は自害していました。

 

自分の思いを無駄にした秀次に対して秀吉は激怒し、妻や子供、側室など合わせて30人以上を三条河原で処刑します。

 

この時、秀次の娘・たかは聚楽第の一室に隠れていました。

 

信繁はたかを救うために、たかを側室に迎え入れることを条件に吉継の娘・春との結婚を承諾します。

 

そして、秀吉の気が変わらない内に、たかを呂宋助左衛門に預けます。

 

関連記事⇒豊臣秀次の最期と側室30人の悲劇!!真田信繁の関係とは?

関連記事⇒豊臣秀次の娘で信繁の妻となるたか(隆清院)を演じる女優は誰?

 

続き⇒真田丸29話のあらすじ(ネタバレ注意)!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ