真田丸27話のあらすじ(ネタバレ注意)!!

真田丸27話のあらすじです。

 

27話は秀吉に対して不信感を募らせ、ダークサイドに落ちていく関白・豊臣秀次の苦悩が描かれます。

 

スポンサードリンク

27話のあらすじ(ネタバレ注意)

豊臣秀吉と茶々の間に秀頼が生まれたことで、関白となっていた秀次は疑心暗鬼になり、段々と孤立を深めていきます。

 

この時、信繁は秀吉から命じられて秀次に仕えるようになっていました。

 

秀吉は子供に拾(ひろい)という名前を付け、日本を5つに分割し、その中の九州を先に拾に授けてほしいと秀次に告げます。

 

これに対して秀次は自分が秀吉に信頼されていないのだと疑心暗鬼になり、取り乱すようになっていきます。

 

そしてその夜、昌幸の元には弟の信尹が訪ねてきていました。

 

信尹は戦乱の世が終わり、自分の出番は無くなったと感じ、見聞を広めるために諸国を巡る旅に出ることを決めます。

 

後日、きりは秀次の娘・たかから『父は心が弱く、自分がどう思っているかより、人からどう思われるかが大事な人。父の側室になることはすすめない』と言われます。

 

そんな中、秀吉は秀次の1歳の娘と拾を結婚させることを決めていました。

 

この秀吉の勝手な行動に対して、秀次はますます不信感を抱き、ノイローゼ気味になっていました。

 

そんな秀次を見かねた秀俊の提案で、秀次は能の名人である宇喜多秀家から能を習い、秀吉に披露することになります。

 

そんな矢先に秀俊が小早川隆景の元に養子に出され、次は自分が排除されるのではないかと気が気ではない秀次。

 

そんな秀次に対して、宇喜多秀家は秀吉の言動に一喜一憂せず、必死に秀吉のために尽くせばいいと説き、秀次もこの言葉に勇気付けられます。

 

時が過ぎて吉野で開かれた酒宴で能『源氏供養』を披露する秀次。

 

しかし、関白には他にやることがあると激怒してしまいます。

 

すっかりと落込む秀次に対して、『自分のままで堂々としていればいい』と励ましたのは寧でした。

 

スポンサードリンク

 

夜になって宴が始まると朝鮮出兵から帰った三成が合流。

 

その席で秀吉は信繁に官位を与えたいと言い出します。

 

兄より先に自分が官位をもらう訳には行かないと思った信繁はこれを辞退。

 

すると、秀吉は兄弟揃って官位がもらえるように策を弄しているのかと激怒します。

 

信繁は大いに戸惑いますが、ここで秀次が、官位を与えるかどうかを決めるのは関白である自分だと主張します。

 

秀吉は秀次の意外な発言に驚き、秀次のことを見直します。

 

この結果、真田信幸は従五位下・伊豆守(いずのかみ)、信繁は従五位下・佐衛門佐(さえもんのすけ)に叙任されます。

 

しかしこの席上で秀吉が信繁の情けで信幸にも官位を与えたとしゃべってしまい、このことに対して信幸は激怒してしまいます。

 

この後、昌幸は秀吉から伏見城の普請を命じられますが、仕事を全て信繁に押し付けてしまいます。

 

信繁の元で伏見城の図面を見た秀次は、伏見城は秀吉が政務をとるための城で、自分は不要なのではないかとどんどん深みにはまっていきます。

 

そんな中、秀次の弟・秀保が17歳の若さで死去。

 

鶴松を3歳でなくしていた秀吉は拾が3歳となったこの年を不吉な年だとして、そんな年に亡くなった秀保を許さず、秀保の葬儀に参列を認めないという措置を取ります。

 

この秀吉の仕打ちに対して、秀次はますます不安を募らせていきます。

 

関連記事⇒豊臣秀次の最期と側室30人の悲劇!!真田信繁の関係とは?

 

政治家としては優しすぎる性格の秀次。

 

次回は秀次ファンには辛い結末が待っています。

 

室賀ロスに続いて、秀次ロスを嘆くファンも多そうですね。

 

続き⇒真田丸28話のあらすじ(ネタバレ注意)!!

(参考:真田丸 続完全読本)

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ