松下村塾の元祖玉木文之進のスパルタ教育に耐えた吉田松陰!!

幕末ファンさんに投稿して頂いた記事。

 

最後を飾るのは吉田松陰という人物の基礎を作った玉木文之進。

 

苛烈な性格とスパルタ教育で知られる松陰の叔父さんです。

 

スポンサードリンク

 

bakumatufan

 

松下村塾の元祖

玉木文之進は、吉田松陰の父親の弟にあたり、実の叔父でした。

 

ところで杉家のなかで、次男の吉田松陰のみ吉田姓なのは何故なのでしょう?

 

杉家はもともと吉田家の分家で、松陰の叔父の大介が吉田家を継いでいました。

 

そして、松陰は幼少のころに、叔父大介の養子になっていました。

 

ところが、養父大介が松陰の5歳のとき病死してしまったために、松陰は幼くして吉田家の当主となり、杉家で育てられたというのがその理由です。

 

松下村塾入口と控えの間

 

玉木文之進は長州藩士でしたが、無役でいつも自宅にいました。

 

時間が有り余っていたため、天保13年(1842年)「松下村塾」という家塾をひらきました。

 

吉田松陰が12歳のときです。

 

スパルタ教育!?

玉木文之進は、数年後、長州藩の役職に就いたためにいったん松下村塾を閉じましたが、吉田松陰が藩の命令で25歳のとき自宅での禁固命令を受けたとき、この松下村塾を再開させました。

 

松下村塾とは、玉木文之進が始め、吉田松陰が受け継いだものだったのです。

 

吉田松陰は、叔父である玉木文之進が松下村塾をひらく前から、玉木文之進から個人教授を受けていました。

 

玉木文之進は、まじめで厳格な人物でしたが、ときどき魔王のように荒れたそうです。

 

松陰に対して、飛び上がるなり松陰を殴り倒すことがしばしばあり、たいていの場合、松陰には何のことか理由がわからなかったそうです。

 

松陰が殴られたあと起き上がると、玉木文之進は根掘り葉掘りその理由を説明したそうですが、些細な理由ばかりだったそうです。

 

書物の開き方がぞんざいであったとか、書物を持つとき、肘が緩んでいたとか、そういった形式的な理由が多かったそうです。

 

「形は心である」と、玉木文之進はよく言っていたそうです。

 

形式から精神に入るという教育思想の持ち主だったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

玉木文之進の性格

さらに過激な逸話があります。

 

ある年の夏。暑い日に松陰は大きな百姓笠をかぶっていましたが、暑さで顔じゅうが汗で濡れ、顔にハエがたかってたまらなくかゆかった。

 

松陰は、たまらず手で顔を掻いたらしいのですが、これが玉木文之進の逆鱗に触れました。

 

「それでも侍の子か!」

 

と声をあげるなり、松陰を激しく折檻したそうです。

 

syoukasonnjuku

 

吉田松陰は、後年、玉木文之進の苛烈な教育態度について「よくあのとき死ななかったものだ」と述懐したそうです。

 

玉木文之進は、乃木家から乃木希典の弟である正誼を養子に迎えましたが、その正誼が、明治9年前原一誠の反乱に参画し、非業にたおれました。

 

これについて、玉木文之進は「こういう反乱の徒を出したのは、わが教育の罪である」と言い残し、明治9年11月6日、先祖の墓のある山にのぼり自害して生涯を終えたのです。

 

関連記事⇒玉木文之進の壮絶な最期!!介錯を務めた意外な人物!!

関連記事⇒前原一誠の最期と萩の乱が玉木文之進に与えた波紋!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





2 Responses to “松下村塾の元祖玉木文之進のスパルタ教育に耐えた吉田松陰!!”

  1. ミント より:

    初めまして
    吉田松陰が叔父から受けたのは
    教育じゃなく、虐待ですね。
    吉田松陰の人格が歪まなかったのは
    α波の脳とか
    脳の構造が違っていたからとか
    そんな本も出てるらしいです。

    • takayuki001 より:

      ミントさん

      コメントありがとうございます。
      確かに虐待と言われても仕方ないかもしれませんね。

      現代でやってしまうと総バッシングでしょうね(笑)

      そんな中で、吉田松陰が時代に名を残す人物となったのに、脳の構造が関係していたというのは非常に興味深いですね。
      おもしろい情報をありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ