真田昌幸・信繁と信幸が分裂した犬伏の別れとは?

少なくとも『真田丸』の現時点では一致団結の真田家。

 

しかし、いざ関ケ原の戦いを迎えると真田家は昌幸・信繁が西軍、信幸が東軍に分かれることとなります。

 

これを『犬伏の別れ』と言います。これを機に真田は二つに分かれて敵同士として戦うこととなります。

 

昌幸・信繁と信幸が分かれることはあまりにも有名な話ですが、今回は犬伏の別れと真田分裂を巡る色々な情勢を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

犬伏の別れ

石田三成が徳川家康によって失脚を命じられると、豊臣家は一気に家康に牛耳られることとなります。

 

家康は自分に反抗する上杉景勝を討伐するために、会津へ上杉征伐の兵を発しました。

 

家康は諸大名に向けて自分に付くように命令を送ります。

 

それは真田昌幸、信幸、信繁にも届きました。この時、昌幸は上田城、信幸は沼田城にいました。秀吉の側近だった信繁は1人大坂にいましたが、この時は徳川軍の中にいて上杉征伐に向かっていました。

 

家康の命令に従い、昌幸、信幸も徳川軍に合流するような動きを見せています。

 

やがて昌幸、信幸、信繁が合流して3人は下野の宇都宮城を目指して進軍していました。

 

その途上、3人は宇都宮城の目前である犬伏に駐屯していました。

 

そこに、蟄居していたはずの三成が大坂城で毛利輝元らを擁立して挙兵するとの報せが届きました。

 

同時に、三成から西軍に付くようにとの密書も届きます。

 

こうなると、真田はどのような道を取るべきかと思案する必要がありました。

 

昌幸は元々家康とはとても不仲で、かつ互いを滅ぼそうとした経験があります。

 

Sanada_Masayuki2

 

昌幸個人としては家康など大嫌いですが今の徳川は以前のような一地方大名とは違い天下を蓋う存在、そう簡単に事は進みません。

 

信幸は家康の養女である小松姫を妻としており、信繁は三成の知己である大谷吉継の娘を妻としています。

 

見方によってはどちらに付く大義名分もあるのです。

 

しかし、信幸は既に徳川家の中でそれなりの地位を築き上げています。

 

信繁も同様に秀吉の側近として豊臣寄りの地位にありました。

 

互いが現状を放棄できない立場にあったのです。

 

三者の議論は数時間にも及びました。

 

途中、なかなか議論が決しないのを心配して河原隆正が屋敷を覗きに来ましたが、昌幸はこれに激怒し「開けるなといったはずだ!」と言って草履を投げつけました。

 

その後、結果として家康に付くことをどうしても納得できなかった昌幸は西軍に付くことを決めます。

 

一方、信幸はやはり徳川家での地位を無視できずに東軍、そして信繁は父と縁故に従い西軍に付きました。

 

どちらが勝っても真田が生き残るようにとの意味を込めた分裂でしたが、決して本意ではなかったのは間違いないでしょう。

 

東軍についた信幸は幾度も西軍についた父と弟、そして家康に対して文書を送っています。

 

「もし気が変わったならば東軍に付いてほしい」「私に免じて父と弟の命だけは助けてほしい」信幸の尽力の甲斐あって、結果として真田は両家共に続くことに成功するのです。

 

犬伏の別れから見る真田家の情勢

真田家は何も彼ら3人だけではありません。

 

他には信幸、信繁の弟である信勝、昌親もこの時に従軍していました。

 

下の弟2人は信幸、信繁からしたら異母弟でかなり年も離れています。

 

三成挙兵の報を届けたのは昌親だと言われています。

 

関ヶ原の後の情勢を見てみると、下の弟2人は信幸によって引き立てられ徳川家の家臣となっています。

 

彼らに関する史料はとても少ないのですが、少なくとも蟄居した信繁と交流があったような話はありません。

 

一方、信幸、信繁の母である山手殿は犬伏の別れ当時、三成によって大坂城に人質として留め置かれていました。

 

彼女だけでなく、多くの大名の妻が人質として大坂城に留め置かれていたのです。

 

これによって島津義弘など一部の大名は止む無く西軍に付くしかない状況に追い込まれていました。

 

それに、山手殿は実は三成の妻と姉妹であるとの説もあります。

 

まあ、山手殿の息子である信幸、信繁と同世代である三成と年齢が近い妹となると、姉妹といっても相当縁が薄いでしょうが、もしかしたら昌幸もそれを気にして西軍に付いたのかもと少し考えました。

 

それにしては後の家康の昌幸に対する冷遇っぷりは戦後処置の範疇を越えているため、やはり東軍に付いたところでそれほど厚遇されたとは言いにくいでしょう。

 

山手殿は昌幸の敗北後、信幸に引き取られて上田で余生を送ることとなります。

 

犬伏の別れ以来、何だか昌幸・信繁は一家揃って鼻つまみ者のような扱いを受けているようです。

 

しかし、本来なら首が飛んでいた昌幸、信繁の命を救ったのは他ならない信幸です。

 

Sanada_Nobuyuki

 

信繁は九度山で信幸の妻・小松姫に困窮している現状を嘆いて文を送っていることから、この三者は最後まで互いを見捨てず生きてきたということが読み取れます。

 

犬伏の別れも、また戦国乱世の悲劇の一つです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

こうしてみると、大名家とはいっても必ずしもお家に忠誠とは限らず、嫁ぎ先やら主君の家やらで色々調整しなくてはならない事情が多くあるのですね。

 

特に、真田の生まれでありながら徳川で地位を築いていた信幸の心中はとても察するに有り余るものがあります。

 

大名の家ともなると、養子縁組や政略結婚などであちこちの家の事情を抱えて生きていかなければなりません。

 

犬伏の別れはそんな大名家の難しいところを垣間見ることができる、少しほろ苦い事件ですね。

(文・いちたか風郎)

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ