豊臣秀吉が目をかけた真田信繁(幸村)と茶々の本当の関係とは!?

真田昌幸が秀吉に服属することを決めてから、信繁は上杉景勝から今度は豊臣秀吉の人質として大坂城に留め置かれることとなります。

 

人質といえば何もすることなく軟禁という響きですが、真田は別に滅ぼされたわけでもなく豊臣に恨みを持たれていたわけでもありません。

 

信繁は女子供のようにただじっとしていたわけではないでしょう。

 

大坂編に入ってからの『真田丸』は、史料からはあまり判然としない信繁にとっての秀吉時代を描いていますが、秀吉が信繁に対してどのように扱っていたのか。

 

後に大坂の陣で共に徳川と戦うこととなる茶々とはどのような出会いがあったのか。

 

『真田丸』ではその殆どが創作でしょうが、彼らの間には実際どのような関係があったのでしょうか?

 

今回は、そこを斬り込んでみましょう。

 

スポンサードリンク

信繁は秀吉に可愛がられていた?

昌幸が秀吉に服従したことで、信繁は人質として大坂に入りました。

 

大坂での信繁については僅かな記載しか残されておりません。

 

彼は大名家の次男、それに真田はいかに強いといっても所詮は地方豪族レベルなので信繁について真剣に記録を残そうとした人がいる方が不思議でしょう。

 

しかし、彼はこの間に秀吉恩顧の大谷吉継の娘を妻として迎えることとなりました。

 

こんな時代、この娘と信繁は下手をすれば結婚まで会ったことすらないかもしれないような政略結婚でしょうが、ともあれ信繁は豊臣と徳川、双方との関係を良くしようと思った昌幸の策をその身で経験することとなりました。

 

信繁は小田原征伐にも参加し、昌幸とは別に三成の指揮下に入って『のぼうの城』で有名な忍城攻めに参加したと言われています。

 

近年の研究では、信繁は秀吉の馬廻衆に入っており独立した知行を与えられていたということが分かりました。

 

Sanada_Yukimura

 

ここから、信繁が無力で純粋な人質というよりは為政者の側近として仕える官僚予備軍のような存在だったのではないかと考えられます。

 

ちょうど、若い頃に清正正則にやっていたことを今度はより組織化して諸大名の世継ぎに人質の意味も兼ねて役職を与えたのではないでしょうか?

 

これは人心掌握という意味でも無闇に人質を殺さず飼いならすという方法に移ったということでしょう。

 

信繁は秀吉の天下統一事業の真っ只中にいたのです。

 

しかしそれは必ずしも可愛がっていたとか温情的な意味だけで動いていたわけではないでしょう。

 

人質時代に信繁と茶々との面識はあったのか?

茶々といえば秀吉の側室、普通なら臣下の目に触れるようなことはしない存在です。

 

馬廻衆だった信繁がどこまで奥向きのことを把握していたかは疑問が残りますが、秀吉の側近であるなら側室とも面識があっておかしくはないだろう。

 

そういう解釈でドラマは描かれています。

 

しかし、天下人の側室がそうそう簡単に衆人の前に姿を現すかといえば、堪えはNoでしょう。

 

馬廻衆がどのような勤務形態でどのように暮らしていたかは残念ながらよくわかりませんが、私は側近といっても彼らが終日秀吉の側にいたとは考えにくいと思います。

 

小姓ならまだしも、信繁は馬廻衆でしかも妻帯者。

 

一応は立派な家長です。

 

おそらく大阪にちゃんと居住地を与えらえてそこから通っていたのだと考えます。

 

それにさすがに側近が奥向きのところまで付いていくとは考えにくいので、結論から言うと茶々と信繁が面識を持っていたかというと「顔を知っている程度ではあったが、具体的にどんな性格でどれくらいの交流があったかを語れるほどではなかった。」というのが正しい所でしょう。

 

茶々といえば、古くから豊臣悪の方針から大野治長や石田三成といった複数の人物と繋がりがあったとする俗説が思い起こされますが、とても信繁とそのような関係に陥るとは考えにくいです。

 

関連記事⇒大野治長が豊臣秀頼の本当の父親?茶々(淀殿)の関係とは?

 

きっと、信繁と茶々の関係は少なくとも人質時代においてはそれほど深いものではなかったでしょう。

 

大坂の陣で茶々は信繁を信頼していたのか?

時は流れて、大坂の陣になると茶々は徳川に対抗するために徳川によって追放された浪人を集めて対抗する構えを見せます。

 

そこに、かつて大坂城にいたことがある信繁の姿もありました。

 

関連記事⇒大坂の陣で真田幸村と共に戦った大坂城五人衆の逸話!!

 

茶々は信繁に黄金200枚、銀30貫を贈って大坂城に来るように仕向けたのです。

 

Yodo-dono_cropped

 

信繁にとっては家康は戦いたくて仕方が無かった相手、信繁はすぐさま上田に帰っていた父の旧臣を九度山に呼び寄せて大阪に向かいました。

 

大坂の陣が始まる時点での信繁の評判として知られていることは、家康が真田が九度山から脱出して大坂に入った事を聞き「して、あそこにいるのは父か子か?」ということを確認しました。

 

しかしすぐに「そういえば親父はもう死んでたな。」と言って安心したという話があります。

 

信繁は確認できるだけでまだ数回の戦しか経験していません。

 

最新の上田城防衛戦に関しても、昌幸と同伴していたイメージの方が強かったみたいで信繁といってもそれほど知名度が高いわけではありませんでした。

 

いざ冬の陣が始まった時、大坂城の家老達は堅牢でなる大坂城に籠り徳川軍の疲弊を待つ作戦を提案しました。

 

対して信繁ら浪人衆は籠城よりも打って出て京都を支配下に置き先手を取る方法を提案しました。

 

待っていてはすぐに包囲されることを見抜いていたからこその作戦でしたが、家老や茶々は少なくとも自分よりは経験豊富な彼らの意見を聞かずに籠城を決め込みました。

 

この時点では茶々が信繁を信頼していたとは言い難いでしょう。

 

作戦を反故にされた信繁は、仕方なく大坂城の最弱部とされる三の丸南側、玉造口外に真田丸と呼ばれる出丸を築き防衛に専念することとなります。

 

真田丸という目立つ拠点を置くことによって徳川軍の注目は信繁に集まることとなり、冬の陣では徳川軍は大坂城を落とすことができませんでした。

 

真田信繁は、ここでようやく名を天下に知らしめることとなるのです。

 

しかし、肝心の豊臣軍では信繁があまりに徳川軍に近い所にいたことから信繁が寝返る準備なのではないかと疑っていたというのです。

 

ここから、茶々は決して信繁を決して信頼していたわけではなかったということが見えてきます。

 

しかし明くる年に家康が再び大坂攻めを決定すると、家康は戦を辞める条件として「大坂を騒がしている浪人の追放」もしくは「豊臣家の転封」を提示しました。

 

勿論、どちらを選ぼうが豊臣家に生き残る道はありません。

 

茶々はこれには騙されたと感じて「和議など読めるわけがない、今後は拒否させていただく」との意見を表明しました。

 

すると、いよいよ徳川軍は大坂に集結し豊臣を滅ぼす気満々でやってきました。和議の際に追放された浪人もいたので、冬の陣の頃と比べても戦力ががっくり落ちていた豊臣軍ですが、今度は籠城などという悠長なことを言えず、信繁の提案した野戦による突撃を承認せざるを得ませんでした。こうして、信繁の突撃が行われることになるのです。

 

結果として、夏の陣の時には信繁を頼らざるを得ない状況だったというのが本音でしょう。

 

豊臣軍は実戦経験のない幕僚ばかりが指揮を執っていたので、優秀な武将とはいえ浪人に指示を仰ぐことを快く思わなかったのかもしれません。

 

その意味で、茶々が信繁を手放しで信頼していたかといえばNoだと思います。

 

関連記事⇒家康に切腹を覚悟させた真田信繁の大坂夏の陣での最期の様子!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ドラマでは本来身分の違いや境遇の違いで会うことのないはずの人達が会話を交わすことで演出効果を高めています。

 

しかし、信繁と茶々はどうあっても本来ならそれほど面識もなく会うこと自体がある種の奇跡だったのかもしれません。

 

昨今ではゲームなどで本来ないはずの人の組み合わせがいとも簡単に実現されますが、現代の政治家や国主が皆が皆面識があるわけではないのと同じように、歴史上の人物も本当の所はどれだけの人と面識があったのでしょうか?

 

だからこそ、文書によって繰り広げられる微妙な外交が当時の時代において重要だったことが少し覗けますね。

 

とはいえ、ドラマでの彼らがこれからどのような展開を作り上げていくのかは楽しみです。

 

(文・いちたか風郎)

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ