真田丸で茶々と恋仲にある立花権三(吉田ボイス)に秀吉激怒!?

真田丸の15話に登場する立花権三(たちばなごんざ)。

 

立花権三は馬廻り衆(うままわりしゅう)として豊臣秀吉に仕えた人物です。

 

馬廻り衆とは、常に秀吉の側にいて伝令や警護の任を務める優秀なエリート集団の事。

 

真田丸では、立花権三は平野長泰らと共にこの馬廻り衆に任じられています。

 

スポンサードリンク

立花権三は実在する?

実は僕も立花権三という人物の名前は聞いたことがなく、実在する人物なのかどうかも分かりませんでした。

 

 

歴史好きの三谷幸喜さんのことなので、実在の人物を選んでいるとは思いますが、もしかすると真田丸のオリジナルキャラなのかもしれませんね?

 

なにせ、登場シーンは真田丸の中では小休止パート。

 

ただ、立花権三は歴史的には無名な人物でありながら、真田丸では短期的にですがスポットが当たるキャラになっています。

 

それはなんと、竹内結子さん演じる茶々と恋仲にあるようなんですね。

 

もちろん、秀吉がそんな2人の様子を見逃すはずもなく、茶々を自分のものにしようと思っている秀吉は立花権三に対して冷た~い視線をおくります。

 

今のところ茶々は天真爛漫で、色々な男性と仲良くなる小悪魔ぶりを発揮しています。

 

立花権三も茶々と仲良くなってしまったがために、出世コースを外れることになるのかもしれませんね。

 

おそらく、このパートでは秀吉の強欲さや残忍性を表現したいはずなので、立花権三と茶々が親密になることで、秀吉の嫉妬心が爆発するといった流れではないではないかと思います。

 

関連記事⇒豊臣秀吉の指は6本あった!!天下人の性格と意外な死因!!

 

まあ、そうなってくると立花権三は実在の人物ではない可能性が高いのかな?

 

スポンサードリンク

 

吉田ボイス

今回、真田丸で立花権三を演じるのは吉田ボイスさん。

 

舞台俳優としても活動されている声優さんです。

 

ボイスという名前は三谷幸喜さんが名付けたようなので、そういった関係が今回の真田丸の出演に繋がったようです。

 

もちろん、大河ドラマへの出演は今回が初めて。

 

このキャスティングも三谷幸喜さんの特徴ですよね。

 

三谷さんはこれまでにも、少し頼りない信繁の義理の兄・小山田茂誠を演じた高木渉さんや、頼れる真田昌幸の弟・信尹を演じている栗原英雄さんといった、あまりテレビ出演していなかった人をキャスティングして、人気のキャラクターに仕立て上げてています。

 

そう考えると、この立花権三にも、小山田茂誠のように、かなり注目が集るよ脚本が用意されているのではないかと思います。

 

小山田信誠の登場時には、Yahoo急上昇ワードに高木渉さんの名前が登場していましたが、今回も『立花権三』や『吉田ボイス』といったキーワードが大きな注目を集めるんじゃないかと予想しています。

 

今のところ、平岳大(武田勝頼)や栗原英雄さんと言った、真田丸を見て好きになった俳優さんが沢山いるので、今回の吉田ボイスさんにも期待してしまいます。

 

真田丸が飛躍のきっかけになればいいですね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ