猪俣邦憲の謀略と鈴木重則(主水)の最期!!名胡桃城を巡る真田の戦い!!

豊臣秀吉の天下統一最後の仕上げとなった小田原征伐。

 

秀吉がこの北条氏の討伐を決断した背景には、真田と北条の領土問題が深く関わっていました。

 

この頃既に真田昌幸は豊臣政権に加わっていましたが、北条は未だ独立勢力として関東に鎮座していました。

 

その北条が滅亡に陥ったきっかけ、それが名胡桃城(なぐるみじょう)奪取事件です。

 

一体、真田と北条の間に何が起こったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

沼田問題に対するが秀吉の裁定

名胡桃城は現在の群馬県にある小さな山城です。

 

室町時代に沼田氏によって建てられた城だと言われていますが、確実な記録では武田勝頼の命令で真田昌幸が北条の攻撃に対抗するために前線基地として建てたと言われています。

 

ちなみに、沼田氏は昌幸によって滅ぼされています。

 

1582年(天正10年)、武田勝頼が織田信長によって滅ぼされると甲斐や信濃といった旧武田領は織田の領地となります。

 

関連記事⇒武田勝頼の天目山での最期と凡将という評価!!

 

しかしそれから数カ月後、本能寺の変によって信長が死ぬと、旧武田領は完全に織田の支配下に入りきっていなかったことから支配が空白化し、次の支配権を巡って領土争いが始まります。

 

これを当時の年号を取って天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)といいます。

 

関連記事⇒天正壬午の乱で発動された真田昌幸の裏切り生き残り術!!

 

この乱は直接的には徳川家康北条氏政の争いになりますが、勝頼滅亡前に独立していた真田昌幸や上杉景勝も領土問題に介入するようになります。

 

その後、徳川と真田が和睦を結んだ際、家康は沼田を真田の領地として認めるという約束をします。

 

しかし、次に北条と和睦した際に、家康は沼田の領地を北条に譲り渡すという条件を承諾してしまいます。

 

北条家と敵対関係にあった真田昌幸は、名胡桃城(なぐるみじょう)を北条の攻撃を防ぐ拠点として活用していましたが、この領地問題は遺恨を残したまま天下をほぼ手中に収めていた豊臣秀吉の裁定をあおぐことになります。

 

Toyotomi_hideyoshi

 

1589年(天正17年)、秀吉は沼田は北条領とするという裁定を下します。

 

しかし、真田昌幸はこれに対し「先祖代々の土地を手渡すわけにはいかない。」と主張し受け渡しを拒否。

 

そこで秀吉は津田盛月と富田一白を派遣して土地を検分させた結果、沼田を含む沼田利根の3分の2は北条領、利根川を境として名胡桃を含む残り3分の1は真田領とすることを決めました。

 

そして、名胡桃城には、昌幸の家臣である鈴木主水が城代となり城を守ることになりました。

 

関連記事⇒豊臣秀吉の指は6本あった!!天下人の性格と意外な死因!!

 

猪俣邦憲の謀略

これからの名胡桃城奪取事件を述べる前に、まずはこの事件の容疑者と真偽のほどについてお話ししておきましょう。

 

猪俣邦憲は北条氏政の弟である氏邦に仕えたとされる人物です。

 

猪俣氏は元々北条氏に代々仕える富永氏の分家であり、猪俣氏もまた北条氏では重要な位置にいたと考えられます。

 

次に、これからお話しする事件の大半は『関八州古戦録』など江戸時代に編纂された軍記物が大半の根拠となっており全てが真実であるかどうかはわかりません。

 

それを理解して頂いたうえで話を進めていこうと思います。

 

秀吉の天下統一が進んでいく中でも、北条氏政に秀吉に従う気持ちはありませんでした。

 

oosakajou

 

そればかりか、秀吉に従う宿敵真田の城である名胡桃城の奪取に動き出します。

 

まず、猪俣邦憲は鈴木重則(主水)の家臣である中山九郎兵衛に書状を送って内応を促し、主水には昌幸からの呼び出しと称して偽の書状を送りました。

 

そして、昌幸から呼び出されたと思った重則が城を空けた隙に、猪俣邦憲は九郎兵衛の招きによって名胡桃城に入城します。

 

こうして、北条氏政は真田の領地を労せずして手に入れることに成功します。

 

鈴木重則(主水)の最期

一方、鈴木重則(主水)は上田に向かう途中、矢沢頼綱が守る岩櫃城に立ち寄りました。

 

重則は頼綱に「殿(昌幸)から呼び出しがあった。」と伝えますが、頼綱はその話を聞いていなかったため不思議に思いました。

 

「昌幸が鈴木重則を呼び出した事実はなく、偽りの情報である。」

 

この時、初めて主水は自分が騙されたことに気づきました。

 

急いで名胡桃城に戻った重則ですが時既に遅し。

 

名胡桃城は猪俣邦憲に乗っ取られており、北条氏政・氏直のものとなっていました。

 

あまりの不甲斐なさに落胆し、責任を感じた重則は、正覚寺というお寺に入り、立ったまま切腹しその罪を詫びたと言われています。

 

そして、この立ったままの切腹という逸話によって、鈴木重則は忠義の臣であると後世まで語り継がれています。

 

秀吉はこの事件を「北条が惣無事令(勝手に戦をしてはいけないという命令)に逆らった」として憤慨し、小田原征伐に踏み切ったと言われています。

 

私の見方

しかし、詳しく調べてみると、それ以前から北条は秀吉に対して臣従する姿勢を積極的に見せているような記録がよく見られました。

 

秀吉も特にそれを拒否している様子は見られません。

 

名胡桃城事件の後、北条側の弁明として「そもそも名胡桃城を奪ったくらいで私どもに何の実益がありましょうか。」というものがありました。

 

名胡桃城は重要拠点とはいえたかが支城です。

 

領土支配としての効力は薄いと言わざるを得ないでしょう。

 

惣無事令に反抗したとして討伐の対象となった大名は、他に伊達政宗や九戸政実がいました。

 

彼らはいずれも東北の大名でした。

 

つまり秀吉は、まだ豊臣の支配が行き届いておらず群雄割拠状態にあった東北に対し、自分の権力を誇示すると共に北条を滅ぼすために、名胡桃城問題を利用した、という構図が見えてくるのです。

 

聞きかじりの知識からくる邪推かもしれませんが、私はそんな気がしています。

 

鈴木主水の子供

名胡桃城は秀吉の天下統一によって役目を終えて間もなく廃城となります。

 

そして気になるのが無念の最期を遂げた鈴木重則の子供たちはどうなったのかという事。

 

実は、重則の息子である忠重は名胡桃城事件の際に北条に捕らえられますが、のちに北条から解放されると再び真田に仕えます。

 

関ケ原の後に一旦出奔しますが、再び昌幸の元に戻り次は信之に仕えます。

 

そして、長寿を全うした信之の死に際しての殉死するという最期を迎えています。

 

関連記事⇒『真田丸どうでしょう』大泉洋が演じる真田信幸の評価と最期!!

 

父親の義に厚い性格はしっかりと息子にも受け継がれていたようです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

実はこの事件の真相は、専門家にもそれほど深くは研究されてはいないようで、未だ良く分からない部分が多いです。

 

今回の記事では北条は無実で秀吉が画策したと言っているように聞こえるかもしれませんが、それすら1つの歴史の見方でしかありません。

 

ただ、真田と北条の間に名胡桃城をめぐる戦いがあり、その渦中に鈴木重則と猪俣邦憲という人物がいたことは間違いないでしょう。

 

古代中国には、食料を巡る子供の喧嘩がきっかけで国同士の戦争が起こったという記録があります。

 

こうした一見とても小さな事件がきっかけで大名の滅亡にまで事が重大化させるのが、天下人の政治力なのかもしれませんね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ