佐助が出浦昌相に習った忍術・火遁の術と空蝉の術とは?

真田丸に登場する佐助が素破の頭領である出浦昌相の下で忍術を習うシーンがあります。

 

今回はその忍術についてです。

 

スポンサードリンク

佐助=猿飛佐助?

 

真田丸に登場する佐助はお笑い芸人の藤井隆さんが演じる人物。

 

真田昌幸や信幸が声をかけると風のように現れ、任務を聞けば風のように消えていくという姿が印象的ですよね。

 

この佐助は特殊な体術を駆使して戦う事や、諜報活動を主にしていることから、真田十勇士として有名な猿飛佐助がモデルになっていると思われます。

 

猿飛佐助は江戸時代の講談の中に登場する架空の人物という説が有力ですが、真田信繁を語る時に猿飛佐助は外せない人物。

 

そのために監督の三谷幸喜さんが真田丸の中に登場させたのだと思われます。

 

今回の真田丸は、基本的な部分に関してはかなり史実に忠実に描かれています。

 

そのため、この先も猿飛佐助という名前が使われるかどうかは分かりませんが、『佐助=猿飛佐助』と考えても間違いなさそうです。

 

もしかするとこの先、信繁から『猿飛佐助』と命名されるシーンが出てくるのかもしれませんね。

 

忍者と忍術

武士というのは、もともと貴族が所有していた土地を他者の侵略から守るために生まれた身分です。

 

やがて武士団が作られ戦いが繰り広げられる訳ですが、その戦いに敗れた武士が山奥深くに逃げ込み、強者に対抗するために自然の中で様々な術を体得していったのが忍術の始まりだと言われています。

 

戦国時代になると、戦国大名は自分の領国を守るために敵対する大名の動静を事前に知る必要がでてくるのですが、この時に重用されたのが特殊な技をもつ忍者(忍び)と呼ばれる人たちでした。

 

真田の領地がある長野県にも戸隠村という有名な忍びの里があります。

 

猿飛佐助が実在したかどうかは分かりませんが、真田昌幸や信繁もこうした特殊な術を会得していた忍者を配下にして徳川軍をおおいに苦しめたのではないかと考えられます。

 

火遁の術と空蝉の術

真田丸のストーリーが進んでいくと、佐助が出浦昌相に火遁(かとん)の術と空蝉(うつせみ)の術を習うシーンが出てきます。

 

関連記事⇒出浦昌相_真田昌幸と信之に信頼された忍び(素破)の頭領!!

 

出浦昌相も素破(すっぱ)と呼ばれる忍びを束ねる頭領の様な人物なので、佐助が出浦昌相に弟子入りするという訳です。

 

ここで気になるのが火遁の術と空蝉の術とはどういったものなのかということ・・?

 

調べてみると、火遁の術は忍者が敵から自身の身を守るための忍術であるようです。

 

まず「遁(とん)」とは逃れるという意味。

 

それに「火」という文字がくっつくわけですから、火薬などを使って煙を発生させ、相手を煙に巻いて逃げるという術になります。

 

時代劇に忍びが登場すると必ずと言っていいほどこの火遁の術を使ってますよね(笑)。

 

一方、空蝉(うつせみ)の術とはせみの抜け殻を意味し、自分の衣服を斬らせて敵を欺き、素早く他の場所に移動するという術になります。

 

スポンサードリンク

 

感想

忍術や忍法というと火柱を立てたり、水の上を歩いたりというイメージがあります。

 

しかし、実際はもっと地味で現実的なものだったようです。

 

真田信繁の活躍を描いた軍記物では、猿飛佐助、三好清海入道など真田十勇士が縦横無尽に戦いを繰り広げていきます。

 

 

それだけに十勇士のような超人的な能力を持った家臣がいれば、真田信繁は戦に負けることなく徳川家康を打ち取れたのではないかという疑問も常にありました。

 

しかし今回の真田丸では、非情に人間味のある佐助が描かれ、忍者も人間であり超人的なスーパーヒーローではなかったということに気づかされます。

 

いわゆる忍者や忍術というのは講談の中でかなり脚色されたものであるようですね。

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ