【悲報】福岡城の魅力が半減!!黒田官兵衛の築城術が埋もれる!!

2014年に放送された大河ドラマ『軍師官兵衛』は、視聴率こそそれほど高くありませんでしたが、しっかりした構成で歴史ファンを納得させる名作でした。

 

先日、軍師官兵衛の主人公である黒田官兵衛が築城した福岡城に行ってきたのですが、楽しみにしていた福岡城で何とも悲しい状況を目にすることになってしまいました。

 

今回はこの時の事を記事にしましたが、歴史ファンの人は福岡城のあまりの悲惨さに目も当てられないかもしれません(笑)。

 

スポンサードリンク

福岡城

福岡城は黒田官兵衛・長政親子が築城したお城。

 

現在は一部の櫓や門、石垣や掘が残るのみで天守閣などはありません。

 

それでも立派な石垣や小早川隆景が築城した名島城から移築したと伝えられる名島門などがあり、見所がとても多い城跡です。

 

私は福岡城を訪れるのは2度目なのですが、初めて訪れた時に天守台への入り口となる鉄御門跡に感動した記憶があります。

 

鉄御門跡というのは天守閣へ敵を進入させないために強固に守られた要の門。

 

門の幅はとても狭く、高い石垣に囲まれているので迫力満点です。

 

kuroganegomon

 

この鉄御門跡は福岡城の代表的な遺構で、パンフレットなどにもよく載っています。

 

そのためある程度のイメージはしていたのですが、実際に見てみると思ったよりも両端の石垣が高く、その防御力の高さに圧倒されたのを覚えています。

 

久しぶりにあの感動をと思い、福岡城に到着すると足早に鉄御門跡に向かったのですが、そこで驚愕の光景を目にすることになりました。

 

まさかの・・・

敵の進入を防ぐために強固に守りを固めてあるのが鉄御門。

 

その遺構というだけあって、敵を圧倒するような鋭さと迫力が魅力的でした。

 

そ、それが・・・・。

 

2016/02/08 11:32

 

『な、なんじゃ、これは~!!!!』

 

ホントに思わず声に出してしまいました・・・(笑)。

 

鉄御門跡に意味の分からない手すり付きの階段ができています。

 

あのエッジの効いた石垣の迫力と圧倒するような石垣の高さ、狭い通路が最大の魅力だった鉄御門跡が何ともマイルドになってしまっています。

 

写真では分かりづらいかもしれませんが、元々の石段をどかして、さらにコンクリートで補強して橋を作っているので、石垣の高さも感じられず、全く迫力というのがありません。

 

2016/02/08 11:32

 

『な、なんで遺構の形を変えてまでこんなことするの・・・?』

 

これ、ハッキリ言って初めて訪れた人は何の感動もないと思います。

 

kuroganegomon1

 

行政は何でこんな福岡城の魅力を自ら半減させるような事をするのか・・・?

 

看板には観光客の安全を確保するためといったような文言が書かれていたような気がしますが、これはちょっと違うんじゃないかなぁ・・・。

 

確かに安全も大事かもしれません。

 

でも、歴史好きからすると、ただ福岡城跡を訪れてスムーズに天守台跡に登って『ああ、見晴らしが良いね~。』で終わる話ではないんですよね。

 

いかに敵の進入を防ぐために思考を凝らして攻めにくい造りになっていたか?

 

そういった事を体験するために現地まで足を運ぶ人も多いハズです。

 

それなのにこうった橋を設置して歩きやすい道を作るという事は福岡城に訪れる人の驚きや発見を台無しにしてしまっているのと同じです。

 

確かに守りを固めるための要所ということで石段の幅なども歩きにくくなっていたと記憶しています。

 

でも、そういった場所を実際に歩いてみて当時の状況に思いを馳せるのも楽しみの1つ。

 

これでは大人気のお化け屋敷が怖すぎるからと言って照明を明るくしてしまうようなものです。

 

お化け屋敷は怖いほど良いんです。

 

城跡は歩きにくく攻めづらいと感じるから築城した官兵衛や長政の頭の良さに感動するんです。

 

今回福岡城を訪れて、せっかく残っている貴重な遺構の価値を半減させるような施策はいかがなものかと本気で思いました。

 

少なくともこの橋ができる前とできた後に訪れて私としては、橋なんてない方がよっぽど見ごたえがあったと思います。

 

むしろ初めて訪れてこんな感じだったら2回目に来ようとは思わなかったと思います。

 

この福岡城の状況だけは本当に残念でした。

 

この状況をビフォーアフターを知っている皆さんはどう思われているのでしょうか?

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ