真田丸で高木渉が演じる小山田茂誠と松の行方!!

真田丸の第一話でとても印象に残る人物だった小山田茂誠。

 

信繁の姉・松の夫で信繁にとっては義理の兄になる人物です。

 

主君である小山田信茂が武田勝頼を裏切った際に、岩殿城へ向かう勝頼一行を足止めし、苦悶の表情を浮かべながらも引き返すように促す演技は胸を打つものがありました。

 

スポンサードリンク

高木渉

この時の身を切るような思いで勝頼を見つめる小山田茂誠の姿が印象的なのですが、演じている俳優さんが誰なのかは存じ上げませんでした。

 

そこで調べてみたところ、誰もがその声を聞いたこのとある大人気の声優さんだったという事を知ってビックリしました。

 

真田丸で小山田茂誠を演じているのは高木渉さん。

 

アニメ『名探偵コナン』の元太や高木刑事、『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男の声を担当している声優さんなんですね。

 

しかもデビュー作が私が子供の頃に見ていた『ミスター味っ子』・・・。

 

超ベテランさんでした。

 

小山田茂誠の真田丸内でのキャラは松とラブラブで戦国武将としてはちょっと迫力に欠けるイメージ。

 

権謀術数に長けた真田昌幸とは正反対の癒し系キャラです。

 

ここからはちょっとネタバレになってしまいますが、主君の小山田信茂は武田を裏切り織田につくも、織田信忠から武田家への不忠を咎められ粛清されます。

 

関連記事⇒武田勝頼を裏切り天目山に追込んだ小山田信茂の最期!!

 

行き場を無くした茂誠は何とか落ち延びて真田の郷に逃げ込み、松や信繁たちに匿われながら生き延びていく事になります。

 

スポンサードリンク

 

記憶喪失の松

武田家を裏切った茂誠をいつまでも匿っておくことはできないと考えた信繁は、松に織田信長の人質となりその一行に茂誠も紛れ込ませるという策を思いつきます。

 

関連記事⇒真田丸第6話『迷走』のあらすじ(ネタバレあり)!!

 

これに賛同して織田家への人質となる松。

 

しかし、織田信長が本能寺の変で倒れた後、安土城から脱出する途中に崖から琵琶湖に転落し、行方不明になってしまいます。

 

あまりの衝撃にその場を動けなくなる茂誠。

 

この後、松は記憶喪失になって発見される事となりますが、それは松が行方不明になってからしばらく経ってからの話です。

 

これは史実ではなく真田丸の中での完全な創作ですが、この2人の今後の展開も気になるところではありますね。

 

小山田誠茂は武将としては全くの無名で名将と呼ばれる人物ではありません。

 

なので、真田丸の中で比較的自由にキャラを作って使えます。

 

三谷幸喜さんはこの小山田誠茂を物語の重要な脇役にしようと考えているみたいですね。

 

小山田茂誠が再び松の前に姿を現すのは北条氏が滅びてからの話。

 

茂誠は小山田氏の縁で北条氏政の家臣となり小田原城にいました。

 

そこで秀吉の使者として訪れた信繁と再会し、松が生きている事を聞かされます。

 

小山田誠茂は真田信繁が最期を迎える大坂夏の陣まで関わりを持つ人物。

 

高木渉さんの名演が評判になっていることもあり、真田丸でいっきに知名度を上げる武将になりそうです。

 

関連記事⇒真田信繁が姉・松と小山田茂誠(しげまさ)に出した最後の手紙!!

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





コメントを残す

このページの先頭へ