真田昌幸の母・とりの真田丸で設定と木曽義昌との関係!!

真田丸に登場する真田昌幸の母親・とり。

 

真田丸では遠慮のない発言で周りの空気を一変させる、肝っ玉おばば様として真田家の女性をまとめています。

 

このとりに関する記録はほとんど残っていないのですが、真田丸で設定されたキャラクター像を中心に紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

昌幸の母・とりとは?

とりは武田信玄の下で活躍した真田幸隆の妻。

 

関連記事⇒真田昌幸の父・幸隆が武田信玄の下で挙げた功績!!

 

幸隆が武田信玄に重用されていたため、とり自身も信玄と面識があり、信玄がその人柄を認めていたとも言われています。

 

幸隆との夫婦仲も良かったようで、長篠の戦で命を落とす長男・信綱と次男・昌輝、そして昌幸信伊を生んでいます。

 

真田丸での設定

真田丸でのとりは胆の座った女性でありながら、我が子である昌幸をとても信頼している優しいお母さん。

 

織田信長が本能寺の変で倒れ、真田家が次々と主君を変えなければいけない状況になった時も、とりは嫌な顔をすることなく人質となる事を了承します。

 

幸隆と共に厳しい戦国の世を生き抜いてきたとりだからこそ、人質となることを頼む昌幸の気持ちが良く分かったのだと思います。

 

私のイメージではとりは本当に賢く、大局を見て行動のできる女性。

 

公家のお姫様であった昌幸の妻・薫とは対照的で、『The戦国武将の妻』といった感じです。

 

滝川一益や木曽義昌、徳川家康など、人質として各地を転々とする中でも常に気丈な態度で過ごすとりには、犯しがたい風格のようなものがあったのではないかと思います。

 

木曽義昌を叱る

その中でも特にとりの見せ場なのが木曽義昌との対面シーンです。

 

滝川一益の人質となったとりの救出に失敗した信繁は、とりと共に武田を裏切り織田についた木曽義昌の元に送られます。

 

信繁たちの前で横柄な態度を取る木曽義昌に対して『宗太郎(幼名?)久しぶりです。』と呼びかけるとり。

 

そして、義昌が初めて信玄の前に出た時に恐怖のあまりにお漏らしをしたことを暴露し、『大恩ある武田を裏切りよって』と人質の身でありながら義昌に平手打ち・・・。

 

さらには義昌を平身低頭させ、有無を言わさず信繁を開放するように話をまとめてしまいます。

 

それもそのはず、とりの夫である真田幸隆(昌幸の父)は武田信玄の重臣。

 

関連記事⇒織田信長も恐れた武田信玄が残した名言!!

 

そのため武田信玄とも面識があり、武田家の中ではかなり顔の利く存在になっていました。

 

つまり真田丸では、義昌が子供のころから面倒をみていたという設定なんですね。

 

現代に置き換えると、義昌は大きな恩がある、元の会社の重役の奥さんの前で横柄な態度を取っていたという事になります。

 

それはビビっちゃいますよね(笑)

 

この話は完全に真田丸内でのでっていだと思いますが、実際に真田昌幸の母親であれば、これくらい豪快な人だったのかもしれません。

 

あと、真田丸内のとりの設定として、

 

その場の空気を一瞬で変える一言を放つ。

信繁のいう事は聞こえるが、信幸のいう事は聞かない。

 

というものがあるようです。

 

真田丸ではとりの最期がどのように描かれるのかは分かりませんが、信綱や昌輝、そして昌幸と信伊という優秀な真田家の男児を生んだとりは、恭雲院という戒名で、真田家の菩提寺である長谷寺に眠っています。

 

スポンサードリンク

 

Sponsored Link


★この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  


【~スマホ表示でご覧の方は画面一番下に人気記事ランキングが表示されます~】





2 Responses to “真田昌幸の母・とりの真田丸で設定と木曽義昌との関係!!”

  1. kimura kaori より:

    真田昌幸の弟はいつのまに家康にとらわれていたのですか。

コメントを残す

このページの先頭へ